« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月30日 (月)

クリーンインストール

今のPCを組んで以来ずーーっと使い続けてきた環境をまっさらにしてしまいました。

というのも、手放したデバイス、インストールしてもまともに動作しなかったデバイスの怨霊(?)が大量に残って悪さをしていたために「落ちる・重い・不安定」の三重苦が長いこと続いていたのです。

そりゃもう、EmulatorXのファイルコンバータがセーフモードでしか動作しない、とか、手放したIO-DATAの腐れキャプチャBOXが延々と表示され続ける(アンインストールが出来ない)とか・・・・。

(ちなみになぜ「腐れIO-DATA」かといいますと、僕はIO-DATA製品を購入してまともに動作してくれた経験が一度も無いのです。拡張USBポートからディスクドライブ、キャプチャBOXなど、すべて認識しなかったり認識しても動作しなかったり、ドライバは入ってもアプリが検出してくれなかったり、あげく削除が出来なかったり・・・・)

いやもう、動作が軽い軽い。
アプリなどの環境復元はちょっと手間ですが、バックアップを入れるだけなのですぐ済むでしょう。もちろんサービスは切りまくり、表示や操作はクラシックスタイルに統一です(笑)。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

シーケンサ乗り換え作戦

シーケンサ、というか今風に言うならDAWでしょうか。

ずーっとMusicStudioを使っていたのですが、E-muのオーディオシステムを中心にした環境に乗り換えてからというもの、MusicStudioの弱点であった「オーディオデバイスとの相性問題」が顕著になり、正直言って全く使いものにならない状態でした。

このため、MIDIデータだけMusicStudioで組んでE-muバンドルのCubaseVSTに持っていったりもしていたのですが、結局CubaseVSTでMIDIデータから作っていく方向に移っていきました。

が、CubaseVSTだとプラグインの音が突然止まりマシンを再起動しないと復旧しない、などの妙な症状が出ており、特にEmulatorXやGarritan Personal Orchestraで症状が顕著だったので、E-muの新バンドルパッケージに入っている二種類のDAW、Cubase LEかSONAR LEに移ることになりそうです。

前回はCubase LEでシーケンスの編集~録音まで行ってみたのですが、ちょっと機能制限がキツすぎてダメっぽい印象でした。同時使用できるプラグインの数がすごく少ないこと、MIDIデータを編集する強力なロジカルエディタが無いこと、同時使用可能なMIDIデバイスが4ポートと少ないこと(僕は外部音源中心で製作しますから、4つでは全然足りないのです)。
Emulator X StudioにバンドルされていたのはCubaseVST5の「フルバージョン」だったため、LEはなおさらキツく感じてしまいました。

そして、ここ数日はSONAR LEで作業してるんですが、こちらは機能制限は緩いものの、操作などが結構独特で慣れるまでは大変そうですね。

でも、プラグイン音源やエフェクトを使用できる数も少なくはないですし、MIDIデバイスもたくさん扱えますから、Cubase LEよりは柔軟に使って行けそうです。
MIDIデータの編集機能が結構貧弱に思えるので、その辺りをカバーするテクニックが欲しいですね(^^;

実は、先月のうちにオーディオ機能はちょっと弄ってみた(昔作った曲「赤い森」の録音を放り込んで、ちょっと補正してみた)のですが、なかなかわかりやすかったです。

まあ、しばらくはSONAR LEを使いこんで勉強してみます。

本当はMusicStudioさえ安定動作してくれれば、あれ以上に柔軟かつ強力な編集機能がある、使いやすいMIDIシーケンサは存在しないのですが・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

E-MUライブラリ

給料安いぜ~!とかいいながらこんなモン買ってる僕は手遅れだと我ながら思う

http://www.emu-ensoniq.co.jp/products/library/cdrom/techsynth.html

ヤフオクにて入手。早速試してます・・・・。
これはE4用のCD-ROMなんですが、時間が遅いので(楽器の電源を入れる手間があるので)とりあえずemulatorXで読み込み。

次に仕上げようと思っている曲はちょうどテクノっぽい音を使いたくて、EmulatorXをメインに据えようと思っていたところだったりします。
Techno Synth Construction Yard X、Beat Garden Xで行こうと思っていたんですが、今回のオリジナル版Techno Synth以下略がすごくよいのでこっちメインにしようか、こっちはE4で鳴らして使い分けようか・・・悩みますね。

まあ当面先になるんでしょうけどー(マテ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

PSP海の檻歌(1)

1/12の記事なのですが、間違えて古い方の日記に書いていました(汗)



仕事が午後からだったので、朝のうちに新宿で買いましたよん。

少しだけプレイしましたが、今回もヘボめのアニメーションとテーマソングによるオープニング改悪があります。もう、オリジナルの格調高さやワクワク感はすっかり消えてしまいましたとさ。

もうちょっと何としかして欲しかった・・・・ orz

で、ゲームグラフィックとかは相変わらず良好ですね。どうしても地味な画面構成ですけど、手が込んでいて楽しいです。

BGMですが、まだスタート地点であるラコスパルマを初めて出たばかりなので大きいことは言えませんが、とりあえず。

戦闘シーンの曲を(またも)差し替えやがりました

白き魔女の時も同じでしたが、「ほのぼのした戦闘シーンサウンド」がそんなにイヤなんでしょうかねえ。序盤ほのぼの、終盤に近づくにつれてハードになっていく、というストーリー展開を考えても、英伝の特徴であり重要な演出だと思うのですが。

(曲自体は良いですよ、念のため)

さておき、朱紅い雫はやっぱりやる気がしませんが、檻歌はちゃんとクリアしようと思います(^^;




今は第一章やってます。変更点は細々と多いんですけど、マップの再現性が高いのがちょっと以外でした。3の時はほぼ別物でしたからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

K4rサンプリングのその後

さて、釧路にいた頃から取り組んでいる、EmulatorXでのKAWAI K4rのサンプリングですが、まだ続いています(^^;

楽器音として使いたいものはおおかたサンプリングしてしまったので、残っているのは効果音っぽい波形くらいなものなんですが。

そんなわけで、今はもっぱらEmulatorX上でプリセットを組みまくっています。
すでに100近い数になってるんですが、まだ結構作りたい音や波形のままで弄ってない部分もありますので、時間はかかりそうです。

とりあえず出来上がってるものからセレクトしてUPしちゃうのも手なんですけど、どうしたもんでしょ。一応、そういうコンテンツは作るつもりでいるんですが・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

久々の映画鑑賞

ああ、映画館に行ったわけじゃないです(^^;

先日、近くの本屋で買っておいた「チップス先生さようなら」のDVDを鑑賞。

これは1930年代の映画ですね。当然モノクロです。
「チップス先生」は原作本もたいへん好きな作品で、この映画版もかなり前に観たことがあったんですが・・・

途中のかなり早い段階から、最後のほうを思い出して涙ボロボロでした。
ただ、そこで思い出していたのって映画の方じゃなく、本の方なんですよね。

字幕の翻訳のためか、最後のほうは台詞がイメージ通りじゃなくてちょっとだけ残念でしたが、感動しました。
「みんなが息子たちだ」よりも、新潮文庫版の「どういうわけか男の子ばかりでね・・」~「わたしの息子たちよ・・・・」の流れの方が好きだなあ。

しかしまあ、こういう地味な映画って、良いやつはやたら良いんですよね(^^;

「にんじん」の映画も久しぶりに観たいなあ。あれは実家にビデオがあるんですが・・。
デッキ買うのもなんですし。うーん、どっかDVD出してくれないかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »