« PSE問題は何も解決されていない!! | トップページ | 超人ロック「クアドラ」新連載! »

2006年3月31日 (金)

失われた砂の都ケフィンの失われたあれこれ

o_rz

 o_rz

わかってはいたさ 過剰に期待しちゃダメだって・・・・

というわけで(?)
残業になっちゃってお店に間に合うかどうかかなりヤバイ状況だったのですが、何とかイースVを入手出来ました。
2時間くらいプレイしての感想は一行目や二行目を参考にして下さい(笑)

とりあえず項目別に~(こっから先はネタバレ&原作知ってる人向けのいつもの調子で)

○オープニング

電源を入れて始まるのは、PS2版のIII・IVと同じ感じのセンスの無いオープニング(笑)BGMは「Digest」。
IVのやつは結構よく出来ていたんですが、Vのはまあその・・・
ただし注目すべき点が一つ!!いや、二つ!?
ケフィン王が出てきます!!
ストーカーとフォレスタは影も形も!!

○タイトル画面
BGMは「Lost Kingdom」SFC版に似た感じですが、最後までは聴けません。ついでに後半部分はカットされてしまっているようです。

○オープニング2
オリジナル版オープニングの後半、砂漠でのスタンとニーナの出会いの場面~サンドリアでの別れがここで語られてます。スタンの声付き。
BGMは「Theme of Lovers」(おいおいw)ストーカーとフォレスタはやっぱり出ないのかなあ。

○ニューゲーム~サンドリア
どこかの街の酒場でしょうか、誰かの語りでスタート。どうやらアドルと会話している感じです。BGMは「Oasis」

次はサンドリアの港にドギとアドルが降り立つ場面に。ドギは「昔世話になった師匠がいる」んだそうで別行動に。
おまい、アフロカに来たことがあるんかい。イースシリーズの根底を揺るがしかねない設定変更なんですが、「どこかで世話になった恩人が今はアフロカにいるらしい」ってことにしておきましょうか(^^;

ちなみにサンドリアのBGMは新曲っぽい
兵隊に絡まれているところでリジェが登場するのはオリジナルと一緒ですね。やっぱりキャラ絵がしょぼくて残念です。
声もいまいち。

酒場でツェットが登場し、ドーマンのもとへ行くよう勧めてきます。また、マーシャに薬の材料を届けるというイベントがあります。

○うさんくさい豪商
ドーマンの館ですが、専用BGMはカットされたっぽ
普通に「In the Cradle」が使われてます。屋敷には何人かメイドさんが居ますが、名前が判明するのは銅像を磨いているアニスのみ。減給されてますが。

ドーマンの役どころはきっと全部共通なのでしょうが(笑)、今回はSFC版とデザイン自体は同じにも関わらず、見た目が非常に胡散臭いです。
画力が無いからそう見えてしまうのか、実はうさんくささを巧みに表現しているのか、微妙なところ・・・。
声もいまいち。CDドラマ版が懐かしくなりますね(^^;
ここでやっっとお金が手にはいるのももはや伝統行事。冒険家なら路銀はちゃんと持っておこうよ、アドノレ。

ちなみにドーマンは「風の結晶」を見せてくれます。見つけたのはスタンでケフィン廃都で発見されたのだとか。
うろ覚えですが、確かSFC版では島(後にドーマンと対決した場所)で発見されたことになってましたね。

さて、サンドリアの残りですが、民家の曲は普通に「In the Cradle」お店の曲は「Shopping」です。お店はキャラ無しの一枚絵が入り、道具屋も武器屋も同じ絵です。

○サンドリア草原
BGMはもちろん「Field of Gale」!!
が、メロディが入ってきた瞬間にずっこけました。
自称音屋として指摘しますが、どこの世界に駆け上がりを一音一音切って演奏するトランペット奏者がいるのか考えて欲しいところです。曲自体はもちろん良いんですが。

今回も内蔵音源による演奏で曲調はSFC版と同様のオーケストラ風なのですが、同じタイトー版のイースIII、IVに比べてどうもワンランク落ちる感じですね。

さて、この草原でやっとアクションが出来るようになるんですが、正直いってかなり厳しい出来だと思いました。III、IVより一歩劣る感じです。またかい(笑)
剣を振るときにですね、こう「構える」動きが入りまして、ボタンを押してから実際に剣が振り下ろされるまでに一呼吸おくような感じなんです。
非常にレスポンスが悪く感じられます。実際に、敵を狙うのに慣れが必要ですね。
また、ジャンプ攻撃がくせ者で、アドルが空中に一瞬静止して繰り出すような感じで、ここにも不思議な間が発生しています。下突きも同じ。
ジャンプの軌道もどうにも変な感じで、アクションゲームとしての基本がおろそかになってしまった感じです。

SFC版のイース5もシステム面ではかなり完成度の低いものでしたが、少なくとも操作性が悪いとは感じませんでした。
が、今回はかなり大きなマイナスだと思います。

草原のマップは大きく変わっていますが、出てくる敵は「蜘蛛」「かに」「虫」と、実はSFC版に忠実なラインナップだったりw

○メルセゲラの森
すげえ地名にちょっと吹きましたw
SFC版のサウスウッドに相当するようです。
BGMは草原と同じ。ちょっと順序を間違えた気がしたので、マーシャの家を探しに草原に戻りました。

○マーシャ
マーシャの家のBGMは無難に「Massea」でしたね。
さて、SFC版では彼女が錬金魔法を教えてくれるのですが、今回はまず「メルセゲラの森に住む錬金術師に会い、錬金術とは何かを学びなさい」とのこと。
その錬金術師、マーシャが言うにはどうもニセモノっぽいです。(※ニセモノでしたw)

マーシャの声はちょっと合ってないと言うか。。。美人お姉さん系キャラなのにロリっぽいというか、またもや微妙な感じ。
IVに比べて、声優さんもどうにもぱっとしない感じがします。
でもまだ序盤だからなあ・・・・。

○偽錬金術師
というわけで、森の奥に済む錬金術師「マヴァール」は偽者。仕掛けをつかって魔法らしく見せるものの、アドルに看破されて逆ギレし「パピィ」をけしかけてきます。ネズミみたいな雑魚モンスターですので瞬殺!ここのBGMは「Warning!」でした。

○マーシャ再び
というわけで、マーシャに再び会いに行きました。
本当の錬金術は途絶えてしまったのか?そうではない。「これからお見せしましょう」ということで、マーシャから錬金術と魔法を教わります。ここで練石を作ってもらえるようですね。

で、次の目的地が「フォレスタ村」ということがわかったのですが、ちょっとびっくりしたのが「結晶は4つ」「フォレスタ村のネード洞窟」というフレーズ。

SFC版では結晶は6つでしたし、フォレスタ村にはフォレスタ洞窟があり、500年前の悲劇によって錬金術師フォレスタが結晶に封じ込められ、美しい姿のまま眠っていました。
そのフォレスタを守るためだけに、魔性の腕輪に自分を封じて人間をやめ、いつか来るであろう勇者を待っていたのがストーカーです。「自分さえ信じられないこの俺が、誰かを信じて500年も待ったのか」というストーカーですが、内心は相当嬉しかったことでしょう。

SFC版イースVは、この二人が500年という長い空白の時間を駆け下りて、「本来あるはずべきだった」幸せをつかむまでのストーリーでもありました。

で、その二人の重要キャラ(そしてすごくお気に入りキャラ)がやっぱり出ないんだなあ、改めて感じ、ちょっと残念に思った次第・・・
ドギが出てケフィン王が出るならおそらくは原案のストーリーにそった感じになるのでしょうね。
(原案・・・イースVの企画段階のストーリーで、サントラの付属ブックレットやCD-ROM「イースマテリアルコレクション2」などで公開されていたもの
ストーカーとフォレスタは登場せず、製品版には登場しなかったドギやケフィン王が登場。ニーナが9歳の女の子だったりメインヒロインがテラだった りリジェが男だったりするので有名ですが、後半の展開はイースシリーズ随一の神展開なのでゲームにならなかったのが惜しまれていた。はず。)

とにかくフォレスタ洞窟・・じゃねえ!村を目指します。
洞窟がネード洞窟ということは、水の結晶があるのでしょう。

○イブール一家登場
森の奥に「闘技場」というマップがありまして、ここでイブール一家登場。やってることはSFC版と全く同じで、アドルから9000G巻き上げま す。お金が貯まっていないとフラグが立たないっぽく、持ってなくてもボス戦になったSFC版とちょっと違いますね。改良じゃないですが。
ちなみに、一回支払いを拒否してマップを切り替え、戻ってくると漫才が見られるのはSFC版と同じw

ボスはてっきりデゼルトウルフかと思ったら、なんとヴァルテモスでした。攻撃パターンは「ヴァルテモス+デゼルトウルフ」な感じで。

○フォレスタ村
捨てぜりふをはいて去っていくイブール一家を見送って、アドルは森を抜けてフォレスタ村へ入ります。ここのBGMは「Woodside Village」、コキリコ村の曲だったものです。もともとフォレスタ村の曲だった「Foresta Village」は使われてないのかもしれません。ここでの展開はSFC版と大体同じで、洞窟へ入って行方不明になってしまったニーナを探しに、ウイリー と共に洞窟を探検します。
ニーナの名前がなかなか出てこないのがちょっと不自然かも。ロポラさんは同じ役割で登場してるのに、ニーナと言わずに「女の子が」「女の人が」って言うんですもん。

○ネード洞窟
予想通り水浸しの洞窟。いくつか宝箱があります。ウイリーがHPゲージつきなので、彼を守りながら進みます。単なるお荷物じゃんw

BGMは「Sinister Shadow」
ニーナを発見したらオートでいったん洞窟を脱出します。
宿で休息しているニーナと会話して外に出ると、ウイリーがテラと話してる様子。テラはまあ、アドルの姿をみて逃げて行くんですが。

今度は単身洞窟に入り、さらに奥へと進みます。で、例によってボスが出ますよ~。とw

○水の結晶
ボスは水の守護獣ヒュードル。SFC版でも水の結晶を守っていましたね。あのときはクラゲの化けモンでしたが、今回は蟹の化けモンです。

光の魔獣だったヴァルテモスが単なる中ボスになってしまったのが残念。

忘れてましたがボスのBGMは「Bad Species」。

○!?
結晶のある祭壇のBGMが、イースIVの「五忠臣」
orz
明らかに無関係でしょ、なんでこんなん使い回すかなあ・・・
洞窟の曲のまま変わらない方がよほどマシ。

ちなみにヒュードル戦で一回負けちゃったんですが、ゲームオーバーの曲はイースIIIの「いっときの夢」でした。
イースVにも「Odds and Ends」というきれいな曲があるのですが、なんで使わないんだろう。

でまあ、水の結晶はテラに奪われます(笑)

というわけで今日はここまで~。

|

« PSE問題は何も解決されていない!! | トップページ | 超人ロック「クアドラ」新連載! »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159736/9347143

この記事へのトラックバック一覧です: 失われた砂の都ケフィンの失われたあれこれ:

« PSE問題は何も解決されていない!! | トップページ | 超人ロック「クアドラ」新連載! »