« 何の誰ってこともなく | トップページ | 竹島 »

2006年4月20日 (木)

PS2「イースV」最終回(笑)

ちょっと間が空いてしまいました。

○PS2イースVを俯瞰する
「今更かよ!」と自分でも思いますが、おさらいしていきます。

ポイント1:ストーリーはSFC版ではなく原案をベースにし、VIの新設定も盛り込んでいる。
例えばストーカーやフォレスタは登場しませんが、ケフィン王が登場します。
また、ケフィンの古代文明は有翼人がもたらしたエメラスによって飛躍的に発展したことになっています。
イベントとしても後半で囚われの身になったテラを救出する、など原案にあったイベントの多くが復活しています。
アレンジとしては絶妙で、VIの内容もしっかり吟味した上で制作された、という印象を持っています。
しかし脚本の出来としては微妙なところで、台詞や文章による表現の拙さ、伏線や演出の稚拙さが目に付き、「ストーリーに引き込まれる」内容と言うよりは「ストーリーが垂れ流しになっている」と言う方がより適切に思われます。
が、プロットとしては非常に巧みで、脚本を書いた方の今後の活躍が楽しみです。

(個人的に、イースシリーズの内容を何でもかんでも有翼人に結びつけるという方向自体が好きになれないため、評価をより主観的に下げてしまっている面もあります。)

ポイント2:キャラクターデザインはSFC版を踏襲・ビジュアルシーンの採用

タイトーから発売された3作の中でVだけが唯一、キャラクターデザインがアレンジされず異なる絵柄で描き直されただけにとどまっています。
これを喜ぶ向きも確かにあるのですが、SFC版のイラストほど確かな画力で描かれたものではないためどうしても比較をしてしまい、非常に安っぽくみえてしまいました。

しかしこれらのキャラクターイラストを使うということに関しては気合いが入っており、バストアップによる会話演出だけでなく、要所要所で一枚絵を挿入する懐かしい手法が採られています。そのシーン選択もよく練られており、最近のゲームでたまにある「なんでここをムービーにするの?」「なんでここがムービーじゃないの?」という違和感はあまりありません。
一枚絵の絵柄はともかく(個人的に好きになれない・・・・)、使いどころは非常に良かったのではないでしょうか。
個人的にはテラがアドルに抱きつくところがよかったです(*^^*)
デッサンすげえ狂ってますけど・・・・。

ポイント3:音楽!サウンド!

イースVの音楽はよく「イースらしくない」と言われてきました。
が、それは誤解を含んでいます。イースの音楽は元来クラシカルな色彩を強く持ったものであり、アレンジによってポップなノリが加わっていたもの、ととらえることが出来ます。
(かつてイースIVのCDにてサウンドチームの方が語っていた通り。)

つまり、クラシカルな色彩をそのまま強調し、しかるべきアレンジを加えたものがイースVのサウンド、と考えると、イースVのオーケストラ風サウンドは紛れもなく「イースサウンドの有るべき形の一つ」なのではないでしょうか。

PS2版イースVのサウンドはSFC版の雰囲気を踏襲したオーケストラサウンドが採用されています。演奏はほぼ全て内蔵音源によるもので、一部に演奏表現が不自然に感じられる点があった(スタッカート/レガート/テヌート等をうまく使い分けていない、など)ものの、クオリティはほとんど申し分なかったと思います。
曲数が大幅に減っているのは残念ですが、使用された場面などは実に的確でした。
ただ、残念なのはイースIII、イースIVの曲を無理矢理使用した箇所が有ることです。
これはファンサービスの意図があるのかも知れませんが、必要性についてはかなり疑問です。

効果音は残念な部分です。派手な音が無いこと、バリエーションが少ないことが要因ですね。

キャラクターボイスはIVの時に比べると、声が「合ってない」と強く感じました。
演技もやや淡泊であったり、テンションが激しく代わりすぎていたり、やや的外れなものを感じます。
これらは出演者の方(の演技力)が問題だと言うよりも、役作りの時間が十分でなかったとか、ディレクションが十分ではなかったのではないかと思います。
しかし、棒読み大会だったコナミ製イースVIよりはだいぶマシです。

ポイント4:グラフィック
キャラクターの絵についてはキャラクターの項目で述べました。
グラフィックのクオリティは「数年前なら普通」というレベルでしょうか。残念ながら、現在では携帯ゲーム機でも再現できる、あるいはより劣ったものと見なすのが適切でしょう。
しかし描き込みは丁寧です。特にダンジョンの雰囲気はなかなか良かったと思います。
全体に、もう少し目を引く派手さがあれば印象や評価は全く異なっていたかもしれません。

モンスターやキャラクターのチップキャラでIVからの使い回しが目立つこと、魔法のグラフィックや3Dモデルによるボスキャラクターが非常にチープなのは、文句無く残念な部分でした。

ポイント5:システム/操作性など

おそらく、プレイされた方が最も厳しく評価するのはこの部分でしょうね。
僕も同じです。

一つには操作性の問題があります。攻撃アクションのレスポンスが非常に悪いこと、
攻撃の当たり判定が(攻撃をする側でも、受ける側でも)わかりにくいこと、
移動速度が遅いこと、、などなど・・・・。
アクションゲームとしての出来は、率直に言って底辺のレベルです。
魔法も爽快感が無く、使い勝手もよくありません。SFC版の「カタストロフィ」のような使い勝手のある魔法が各属性に一つずつは欲しかったところ。

全体に、明らかにVIを意識しているのですが、レベルが全く追いついていません。

システム面では、ダンジョンにセーブポイントが配置されたことで、ボス戦を前に安心できる点などは改善点と言えます。が、セーブポイント自体の配置や数には一考の余地があったように思います。
特にそれを強く感じるのは後半のダンジョンで、原則的にセーブポイントはダンジョンの最終地点(ボス戦前)にしか配置されないため、中途で気が休まることがないのです。
最終イベントに前後して隠しダンジョンを攻略する場合、セーブ無しでかなりの長さを歩くことになりますが、これも改善して欲しかった部分です。
SFC版同様のクイックセーブがあるので一定のストレス軽減にはなるものの、根本的に定点セーブ制であること自体が気に入りません(^^;

この不満はダンジョンの煩雑さによる部分も大きく、マッピングが非常に重要になるダンジョンデザインや強引な視点回転には問題もあると思います。
(ダンジョンゲームのダンジョンとしてはかなりまっとうなもので、Wizのダンジョンデザインに通じるものがあります。その意味ではトラップの種類が少ない事などが新たな問題点になるでしょう。)

ポイント6:隠し/おまけ要素

一番大きなトピックはマルチエンディングの導入でしょう。
とはいえエンディングは二つだけですが、いずれの場合にもストーリーがしっかり完結しており、よく作り込まれています。
エンディング分岐のために隠しダンジョン攻略が必要になること、フラグを決定づけるアイテムがストーリー上の十分な必然性を持っている事も、見逃せないポイントでした。
が、そのアイテムを持っていると、持っていない状態でのエンディングを見る手段が無くなってしまいます。場合によっては先に隠しダンジョンを攻略してしまってから最終イベントに臨むプレイヤーもいるかもしれません。この意味では残念な気もします。

つぎに、IIIとIVのクリアデータによる特典として、スタート時点で特別な武器を手に入れられる、という事が挙げられます。
確かに序盤のゲームバランスは崩れてしまいますが、手に入る「英雄の剣」と「フレイムソード」は使い勝手もよく、あくまで特典として考えれば嬉しいアイテムでした。

最後に、ゲームクリアで出現するギャラリーモードがあります。
基本的にはIII~VのキャラクターイラストやBGMを鑑賞するモードです。
イラストに関してはバストアップの表情バリエーションが全ては収録されていないのが残念ですが、IVの設定画がちょっとだけ入っていたりするのは良いと思いました。
しかしどうせならもっと大量に収録して欲しかったところですし、さらに言うならIII、IVにもギャラリーモードを載せておくべきだったのではないでしょうか。

BGM鑑賞ではIII~Vの全曲を聴けますが、IIIには単体でサウンドセレクトが用意されているのも微妙な部分です。
(しかしBGM自体のクオリティは非常に高いと思います!)

○最後に
ファルコムファンにとっては電撃的に発表されたタイトー製のイース三部作は、残念ながらクオリティが高いとは言えず、セールス的にもおそらくさほど振るわなかったものと思われます。
しかし三作をすべてプレイしながら感じたのは、製作陣の真摯さ、ファンに向けての誠意でした。
困ったことに技術水準は一貫して低く、制作スタッフには「経験」が絶対的に足りなかったのだと思います。が、一方でどのタイトルにも良い部分がありました。

もっとも評判の悪いイースIIIですが、しかしグラフィックはかなり丁寧に制作されています。アドルの動きを注目してみて下さい。パターンも十分な数がありますし、なんと顔の表情までが細かく描き込まれ、プレイヤーの操作で生き生きと動き回ってくれます。
イースIIIはもともとサイドビューとなることで、キャラクターグラフィックが「演技する」という新しい演出をゲーム界に提示した作品でもあります。
PS2版イースIIIには、確かに旧作から受け継がれた部分もあったのです。

音楽も残念ながらカットされた曲がありますが手堅く制作されゲーム展開を適切なメリハリで盛り上げてくれました。

イースIVはやはり脚本、音楽、出演声優陣の演技に素晴らしいものがありました。
この作品はファンならよく知っているとおり特殊な出自のゲームです。
原作となったシナリオはすでに失われてしまっていますが、当時意図されたファンサービス色の強い内容をあえて切り捨て、最新作のVIで提示された設定も吟味して取り込みつつ、単体の作品としてのテーマも明確にし、さらに奇をてらいすぎることなく大胆に組み立てられた新設定とともに再構成されたシナリオは、ライターの方の確かな技量とプロフェッショナルとしての強い意識があって初めて実現したものでした。
(様々な都合で、例えば街の人レベルのキャラクターの台詞は別の方が書いているなど、統一感を損なう事になったのは残念でなりません。)
旧作イースIVのいずれとも大きく異なっていながら、間違いなく「イースIVだ!」と言えるストーリーは、個人的にシリーズのなかで最も強い感動を覚えた作品となりました。

音楽のアレンジも内蔵音源を駆使してよく作り込まれており、さらにPCエンジン版やSFC版、FM音源版、アレンジCDなどから特徴的な音色やフレーズをチョイスして巧みにまとめられた、サービス精神あふれるものでした。

声優陣の演技は最近プレイしたどのゲームよりも素晴らしく、出演者の方々の確かな演技力に限らず、ゲームキャラを演じるということへ真剣に向き合う姿勢、徹底的な役作りなど深い感銘を受けました。

最後に発売されたイースVは、原案からのさらなる変化、いわば全き「新生」が見所であったIVに対し、SFC版に対する原案を踏襲した、より狭義のリメイクという色が強いものでした。
しかしここでもスタッフの方はシリーズ全体をしっかり理解し実に適切ななアレンジを施して、シリーズの中でも独立したエピソードという印象の強かったイースVを、よりドラマ性を高めつつ、現在のシリーズ展開の中へ組み込むことに成功しています。
(VIの設定取り込みがやや露骨なものだった点については意見が分かれるところだと思いますが・・・。)

最後に発売するタイトルにふさわしく、集大成的なおまけモードが搭載されたことも、イースシリーズとしては十分に進歩的な出来事でした。

また、IIIの発売時に他社移植タイトルまで含めてイースシリーズを収納できる特製ケースが用意された事も、タイトーの姿勢をよく表していますね。

最後に、PS2版イースシリーズ全て(1~6)について。
並べてみると、どれもパッケージデザインが良くできています。元々のパソコン版イースシリーズのパッケージに近い、地味ながら大人っぽいテイストがあり嬉しくなりましたね。
これがもしキャラクターのイラストを前面に押し出したものだったらと思うとぞっとします(^^;

個人的に一番好きなのはやはりイースIVです。

イース1・2を発売したデジキューブは無くなってすでに久しいですし、コナミやタイトーが今後もイースを手がけるかどうかはわかりません。特にタイトーが手がける可能性は低いのかも知れません。
しかし、これらのイースを手がけたスタッフが今後も活躍されることが楽しみでなりません。

長いプロジェクトを本当にお疲れさまでした。
ファンの一人として、あらためて感謝と敬意を表します。

今後登場するであろう(希望的観測)イースの新たな移植タイトルも、出来ればタイトーくらいのまじめさと、コナミくらいの技術力でしっかり作り上げてほしいものですね(^^;

|

« 何の誰ってこともなく | トップページ | 竹島 »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159736/9685590

この記事へのトラックバック一覧です: PS2「イースV」最終回(笑):

« 何の誰ってこともなく | トップページ | 竹島 »