« PS2「イースV」その7 | トップページ | PS2「イースV」その8 »

2006年4月 5日 (水)

イースV一回休み

今日は時間がないのでプレイしません。明日の朝地獄を見るのは目に見えている(笑)

さておき、先日ヤフオクでE-MUのUltraProteusというシンセサイザー(音源モジュール)を買ったのですが、そのオプションである音色カード(Expressive orchestral)をやはりヤフオクで見つけてしまい、即決ありだったもので速攻で落札してしまいました。

UltraProteusというのは、Proteus1~3の主なサウンド波形をまとめて収録した上で、ピアノ専用音源「Proformance」のピアノサウンドを追加し、E-MU独自の「Z-Plane Filter」(いろいろな特性の間を、パラメータ一つでモーフィングさせてしまう強力なフィルター)や内蔵エフェクターを搭載した、当時の最高峰機種です。

今はちょっと曲作りの時間がとれないため、EmulatorXやk2000などと並行しながらちまちまと音色を作っているのですが、古い楽器にはやっぱり独特の味があって良いですね。
ハイファイな音ではないと思うんですが、音に気持ちよい甘みがあり、ピアノやオーボエの音色にうっとりしておりますw
シンセリードやベースの音色も結構得意なんじゃないかなあ。粘っこい感じのシンセが得意そうな感じですね。

で、PCカードで音色を供給することが出来まして、6種類?くらいのライブラリが発売されていたようです。これらは総計で100枚程度しか輸入されていないそうで、なかなか貴重なもののようです。

ちなみにSRAMカードを用意すればユーザー音色の保存用にも使用できるようです。探してはいるのですが、秋葉原でもPCカードの中古ってモデムかLANカードばかりで、なかなかSRAMは無いですね(^^;

ともあれ、このUltraProteus、発音数が少ないのとユーザー音色を保存できる数が少ないのが欠点ですが、本当に素晴らしい楽器です。
僕の持っているシンセや音源ってほとんどは中古で集めたものでして、しかもいままで一つもハズレがありません。
UltraProteusも、一生大切に使い続けることでしょう。

・・・・・経済産業省が発表したトンデモビンテージリストには載っていませんでしたがね!!。

060405ys5

何の脈絡も無く絵を貼っておきます(イースVのストーカーとフォレスタ。PS2になって存在が無かったことになった二人w)。

|

« PS2「イースV」その7 | トップページ | PS2「イースV」その8 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159736/9450242

この記事へのトラックバック一覧です: イースV一回休み:

« PS2「イースV」その7 | トップページ | PS2「イースV」その8 »