« 連続酒盛り | トップページ | LPIC レベル2取得しました »

2006年8月 7日 (月)

うちは「E-MU情報」らしいのでw

ひろうさぎさんがこちらのブログにリンクしてくれたのですが、どうも「E-MU情報など」のブログということなので、そういう話題を書いてみます(^^;

自分が2chにあるE-MUスレの過去ログを保存してなかったため、過去に書き込んだ話などを記憶で書きますが・・・・

Proteus2000シリーズの裏技とかバグ?とかそういうの(笑)

○Protean Drums装着
検索すると「噂」としてだけ出てきましたが、「Protean Drums」をP2kに装着すると不具合が生じます。

それは「SuperBeatsModeのプレビュー時とデモソングの演奏で、キックしか聞こえない」というもの。
・・・・・事実。ただし、仕様ではなくただの不具合。
これは、E-MUのスタッフがPX-7(ProteanDrumsをデフォルトで搭載するコマンドステーション)でしかテストをしていない状態で「ProteanDrums」を発売してしまったため、後から発覚したのです。PX-7以外のコマンドステーションに搭載した場合に正常に動作するのかは怪しいですが、1Uモジュールは全滅、ということは当時のエンソニックジャパンの方から聞きました。

とはいえ、普通にMIDI経由で演奏するぶんには問題ありませんし、フレーズをMIDI出力することも可能です。デモソングは諦めましょう(笑)

ちなみに、普通プリセットのプレビューでもキックしか聞こえないと言うのはデマなので気にしなくておk。
この話、自分が最初に2chに書いたときには正確に書き込んだつもりですが、どこかで変化してしまったようです。

この「Protean Drums」はEmulatorXにも移植されており、webサイトを見る限り本国では結構売れているようです。
リフやBeatsのパターンが収録されていればさらに便利なんですけどね。

○拡張ROMのパッケージと内容
初期の拡張ROMは紙箱で売られていましたが、末期にはブリスターパックで売られるようになりました。
これらが日本国内に入ってきていたかは、僕はよく分かっていません。
(とりあえずVintage CollectionやProteanDrumsは、最初からブリスターパックのはず。)

で、ただパッケージが違うだけかと思いきや、そうではないケースがあるのです。

かなり初期に発売されたラインナップの中に、「Sounds of the ZR」というのがあります。
これはENSONIQ ZR-76の全波形を収録したもので、ENSONIQ MRシリーズの拡張ROMだった 「The Perfect Piano」(スタインウェイ15MB+エレピ1MB)とドラムサウンドが一緒に収録されています。

で、この「ZR ROM」なんですが、初期の生産分と(恐らく)末期の生産分でプリセットが異なっているのです。
自分が持っているのは末期のもので、日本国内の在庫が消えたあとに米国から個人輸入したものです。
パッケージはブリスターパックになっており、プリセットはバンクが一つ増えています。
これには理由があって、当時E-MUが発売していた「Performance Keyboard」シリーズ、よーするにP2kシリーズのキーボードバージョンなんですが、この中に「ENSONIQ HALO」というのがあったのです。

これはP2kシリーズ用のZR ROMを搭載しており、キーボードバージョン用の追加サウンドとして、SuperBeatsModeなどに対応した新規バンクが追加されたのでした。

僕が持っているZR ROMは、このキーボードバージョンの追加バンクを収録しています。
しかし、恐らくHaloではキャピタルであったであろう追加バンクが末尾に収録されており、想像ですがHalo用と拡張ROMとしての販売用で別個に生産されていたのではないでしょうか。

さて、そうだとすると、「MK-6」同等のプリセットを収録した「PurePhatt」なんてものも存在するのかも知れません。

ちなみに、一度ヤフオクに出ていたZR ROMについてこの追加プリセットの件を質問してみたことがあるのですが、「愛用していた」にも関わらず分からなかったのでしょうか、無視されましたw
転売erさんだったようです(ちなみに、P2kシリーズ末期は本国で信じられない価格でROMを大放出したため、相当の転売erが日本から注文し、ヤフオクで転売してました。奴らは死んでいいw)。

|

« 連続酒盛り | トップページ | LPIC レベル2取得しました »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>どうも「E-MU情報など」のブログということなので、
E-MU関連の情報は大概、ここのブログを参考にさせてもらっています。


どういう紹介にしようかなーって思ったけど、
「E-MU情報など」かなとw


今後ともよろしくお願いしますねー。

投稿: ひろうさぎ | 2006年8月 8日 (火) 12時59分

>ひろうさぎさん
いつもお世話になっておりまつw
確かに日本語で引けるE-MU(P2k)情報って意外と少ないんですよね。

現役で使ってる大事なハードですし、現行のEmulatorXにも応用出来ると思いますので、たまには何か書いて行こうとおもいます(^^;

今後ともよろしくお願いします~。

投稿: がっでむ | 2006年8月10日 (木) 22時58分

ほお〜。今さらながら素晴らしい(深い)コメントですね。長く深くかかわっている人でなければわからない話です。

紹介のあったproteus2000がなんとか入手できそうなのですが、このSOUNDS OF THE ZR ですが、今現在も、E-mu QROM1(Halo標準)と銘打ってヤフオクに出品されています。がっでむさんのおっしゃる、初期のと末期用とは区別する方法などあるのしょうか?
それ以前に、HOLY GRAIL PIANOと、SOUNDS OF THE ZR の間にどれぐらいの違いがあるのか、小生にはわかりかねます。確か、holy grail pianoは、Kawaiのpiano音源、SOUNDS OF THE ZRは、別のpianoらしい?ぐらいの知識しかありません。がっでむさん的にはどちらのpiano音源がいいと思われますか?

投稿: mukioo | 2011年11月30日 (水) 16時16分

>mukiooさん
こんばんは。
出品者の方に質問しなければ分かりませんが、ROM内のバンクが0~3の計4バンクであれば古いほうになります。新しいほうは、0~4の5バンクです。

ZR ROMのピアノはスタインウェイのサンプリングになっていて、KAWAIのものとはキャラクターが違うと思います。ProteusのPiano ROM自体は持っていませんが、一般にKAWAIピアノは木質感のある響きと繊細な高域が特徴です。
ジャズ等では、重量感と明瞭さのあるスタインウェイのほうがポピュラーですね。

投稿: がっでむ | 2011年11月30日 (水) 21時09分

たびたびこんにちは。いつも本当にありがとうございます。ちなみに、出品者の人に質問してみたら回答がきました。確認したところ、Bank0〜4とのこと。いやゆる後期、ということですね。steinway系なんですね。13Kからという、微妙な価格設定でした。実際のところ追加バンクの中に小生が使うようなものがあるか、じゃなくて、Steinway系の音を使う局面があるか、です。

投稿: mukioo | 2011年12月 2日 (金) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159736/11312140

この記事へのトラックバック一覧です: うちは「E-MU情報」らしいのでw:

« 連続酒盛り | トップページ | LPIC レベル2取得しました »