« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月26日 (土)

最近のいろいろ

ここ最近、転職&上京からもうすぐ一年というタイミングでいろんな事が立て続けにあって、ちょっとだけ参っています。

まず職場の問題。自分は新宿の会社に契約社員として所属をして、川崎の某会社に出向をしています。(微妙ですが、いわゆる派遣社員ではないです)

出向をしてから一年近くたったことで現場でも「そろそろ短期交渉(人員を早期にひきあげる)があるんじゃないか・・・・今抜けられると困るんだけど」という警戒を強めており、ちょうどそんなタイミングで、所属している新宿の方の会社から「そろそろ次の出向先を」という、恐れていたそのまんまの話が出てきてしまいました。

自分としては「最終的には従うけど、現場がちょうど大変な時期であることもあって、早期に抜けるのは難しい」と再三伝えてあります。

まだどうなるかは分かりませんが、出向先の一部では「いっそ佐藤(本名です、一応)をウチで雇用すれば?」という話も出ているみたいです。最終的にどうなるかはちょっとわかりませんが、引っ越し代もバカにならないし、来春には昇給もあるし、で、自分本人としては、「両方の会社で落としどころを決めて、出来るだけ長めに現在の出向先へ勤務して(少なくとも今の仕事には)ケリをつける」のが最善かなと思ってます。

本当に引き抜いてくれるなら給料もよくなりそうですけどね(笑)正式な話が出たわけではないのでわかりません。逆に、正式な話が出たらまた気持ちが動くかも知れません。
今の出向先も、所属会社も、さらに出向先での顧客にも、全部に思い入れと愛着が出来ているので、かなり難しい感じになっています。

それから、悲しいオハナシ。

長いこと自画像代わりに使っているセキセイインコの写真、これは実家で何年も飼っていた鳥なんですけど、8/11に亡くなったそうです。
先に書いた職場の事もあったのでこの間実家に連絡してみたのですが、その時に「なかなか言い出せなかったんだけど」と切り出されてしまいました。
これはさすがに、今年一番の凹みっぷりでした。

あれは元々祖父が飼っていた鳥で、そこで何年飼われていたかは当の祖父も覚えておらず、うちで飼うようになってから6年ほど経っています。さらに翼に腫瘍があり、考えようによっては奇跡的に長生きしたのかも知れません。
症状を聞いていると、どうも病気で弱ったというよりも老衰だったように思われます。

うちの実家は長年に渡り4羽のセキセイインコを飼ってきましたが、こいつが一番面白い鳥でしたねw

この歳でペットを無くして泣くのも恥ずかしい気がしますが、まあそういう事がありました。

最後に、これほんの昨夜の話なんですが、父親と12年ぶりに顔を合わせました。
(うちは、自分が小6の時に両親が離婚しているのです。前回会ったのは中3の時。)

今回は出張で出てきたらしい。不動産会社を経営しているのですが、どうも東京で建築資材の展示会が行われているのだそうで。

感動の再会・・・となれば良かったんですが、待ち合わせ場所で目があったというのに素通りしやがりましたので、とりあえず速攻で背後から攻撃しておきました(笑)

ほんの二時間弱でしたが親子で酒を酌み交わし、昔の話やら仕事と人生やらを語ってきました。うちの母なんかはさすがに父の話は避けるのですが、今となっては子どもであるところの自分に、大したしがらみは残ってません。

まあなんというか、やっぱり俺の親父だなあ、とか思った(良くも悪くも)w

まさか、例の素通りもわざと仕込んだネタじゃあるまいなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

E-MU 1820/1820mの生産終了

Prod9871_hdr_1_1_70

E-MU 1820m(すごく高性能/安価なオーディオインタフェース!)の生産終了の件、裏がとれました。情報元はいつものproductionforums.comの非公式E-MUフォーラムで、毎度おなじみ、E-MUのICHi氏。

1820ラインは「段階的終了」で1616にリプレイスされるとのこと。1212mから1820/1820mへのアップグレードパスとして用意されていたAudioDock/AudioDock mも生産終了。

その理由は意外なことに、EU圏での環境規制基準に抵触するから、ということのようです。

また、新製品となる「1212m PCI」や「1616 PCI」「1616m PCI」で採用されている新しい「E-MU 1010」カードは、FireWireが削除されているだけではなく、AudioDock/AudioDock mを接続することは出来ない(1616ラインのMicroDockにのみ対応)とのことです。

Syncカード(ドーターカード)には対応。

当然というか、海外でも相当話題になっている、というよりもかなり紛糾してまして、1820に代わる最上位機種が欲しいところですね。1616は もちろん悪くはないと思いますが、やっぱりアナログ入出力が減ってしまっているために、個人でもスタジオワークではぐんと不便になってしまいますから。

DAWをまともに活用するには、やはりアナログ入出力はステレオで4本は欲しいところです。その辺はソフトへの移行が進んでいても同じ感覚みたいで、妙にほっとしたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

E-MU情報(新製品)

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0818/creative.htm

日本語情報きたーーー!ただし、代理店であるはずのクリエイティブではなくてインプレスからw
(しかも国内取り扱いの話題は無し)

1616/1616MのPCIバージョンは昨年発表されてましたが、驚いたのは「1212M PCI」。
微妙な違いですが、オリジナルの1212Mに備わっていたFireWireインタフェースがオミットされています。

他に「0404PCI」というのも発表されてますね。
オリジナルの0404カードではアナログアウトのブレイクアウトケーブルがRCA仕様で、ProteusX付属の0404では標準フォン端子だった、という違いがありました。
0404PCIでは、これを標準フォンに統一しているようです。他には仕様的な違いは無いかな?

今回のラインナップの意図は、各製品の対応インタフェースを明示する、という原則に基づいているものでしょう。
「0202 USB」「0404 USB」「0404 PCI」「1616 CardBus」「1616M PCI」、とこうやって並べてみると、なるほどわかりやすいですね。

気になったのは1820と1820M。「1820M PCI」が出ても良さそうなものですが、一部には1820ラインは生産終了に、という説もあるみたいです。
1616はアナログ入出力が少ないとは言え通常使用には十分であること(僕は足りないと思いますが)、電源アダプタを別途用意する仕様であることが音質的にもややプラスに働くこと、が相まって、優先度を重く見ているのかも知れません。

ところで、このプレスリリースはE-MUではなくて米国のクリエイティブから発せられています。
ぶっちゃけ、E-MUそのものの公式サイトよりも製品情報の掲載が早いのはどーかと思いましたw

X-MIDI 1x1なんてこれが初出ですよw 2x2はリテール版のEmulatorXにバンドルされること、単体販売もあることが以前に発表されてましたが、製品情報として掲載されるのは初めてですね。カタログPDFだけなら出てましたけど。

もう一つ、以前から気になってるX Board61。これは同シリーズの25/49と違い、付属のProteusXがLEではなく1.5のフルバージョンとなっています。
さらに新規サウンドバンクが付属する("including the exclusive Xboard Performer bank of E-MU's finest performance keyboard sounds")のですが、これについての詳細情報は今のところ一切なし。
E-MU's performance keyboard、と言えばPK-6、XK-6、MK-6、VK-6(新Vintage Keys)、そしてEnsoniq Haloの事ですけど、これらのサウンド抜粋でも入っているんでしょうかね。
XK-6、VK-6、Haloの波形は確かにEmulatorXシリーズには移植されてませんし。
出来れば別売りして欲しい(^^;

※余談ですが、E-MUの場合キーボード製品自体が少ないです。
Emulator I~III、EMax、EMaxIIあたりはキーボードが最初に出てますが、E4シリーズではE4k、E-Synth KeyBoardだけでUltraシリーズにはキーボードモデルなし。

Proteusシリーズでは2000シリーズ以前にはProteus MPSが唯一の鍵盤モデルでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

はぢめてのコミケ

8/11~8/13は、毎年二回のコミックマーケットでした。
一般参加とは言え、この歳で初参加ですよ(笑)

○一日目
朋友えむやん師のサークル「 特異功能組」を襲撃、「モータルコンバット:ショーリンモンクス」の攻略本をゲットォーーー!!
これがほんとに素晴らしい。愛のある文章、要点を押さえ見やすいマップ、隠し要素紹介にモータルニュースまで網羅。PRIMAのオフィシャルゲームガイド(洋書です、念のため)を軽く凌駕する内容だと思います~。
他には「探偵 神宮寺三郎」の四コマ本と、「ファンタシースター」の古参ファンで有名なまるとさんのサークルへ行き、(高いの以外)ありったけ、手当たり次第に買ってきました(^^;
「自分も長年ファンタシースターファンサイトやってるんですよ~」くらい言えば良かったのですが、妙な緊張で特にお話も出来ず・・・本はすげえ面白かったです。
究極超人あ~るを知ってればさらに面白かったんだろうなあ・・・(^^;

○二日目
実は行ってません。
ろくにチェックもしていなかったんですけど、冬目景ファンサークルが出ていたんだそうで・・・いけば良かったなあ、と思ったけど後の祭り。
ただ、夜はその冬目景ファンの集まるオフ会に参加してました。もう5年くらい前から毎回お誘いは頂いていたんですけど、なにしろ北海道在住で参加できずにいたわけで(昨年冬は仕事だったし)、結構感無量だったり。
ちなみに、冬目景作品についての話などは特にしてませんw

○三日目
東方サークルめぐりで資金がFINISH HIM!!となってしまいました(ぉ
そうとは知らずに買って「開いてみたらエロだった!」な本が何冊かあったんですけど、おおむねハズレなし。それも原作の魅力があってこそ。
このシリーズは、自分にとっては英伝3以来のヒットですね。もう今更後戻りもできないし(笑)オタとしては出会うべくして出会ったゲームという感じでしょうか。

で、作者である神主ことZUN氏にもお会いできました。
某掲示板とかで見かけるAAが本当にそっっくりであるということを改めて確認w

かなりハードでしたが、面白かったなあ。事前準備もへったくれも無かったので資金難になりましたが、その辺程々に工夫して、また冬も行ければいいなあ、と思っています。

何人かの方に「サークルを興してCDとか出してみれば?」と言っていただいたこともあるんですが、その辺はちょっと慎重に、というか、あまり考えていないのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

Emulator X用小物バンク

K2000のサウンドをサンプリングしてみました。と言っても、ピアノとストリングスだけです(^^;

ピアノ、ストリングス、ピアノ&ストリングスのレイヤー、の3プリセットで50MBくらいです。
サイズがやけに大きいのはピアノをノーループで録ったため。
(普通にやってみたらきれいなループを組めなかったので・・・・当然、レベルが低い箇所ではノイズも聞こえます orz)

http://goddem.web.fc2.com/K2kCombo.exb.zip

ダウンロードはURLコピペでお願いします。
このくらいの大きさなら、たぶんProteusX LEでも使えると思います。

ピアノはモノラルですが、Image(コントローラD)で左右に広げられます。デフォでも少し広げてありますが、完全モノラルで鳴らすにはMIDIコンでDの値を0にしてください。
サスティンペダルの効果を強調するため、ペダルを踏んだときにボリュームとフィルターのカットオフ周波数を僅かに上げるようにしてあります。

ストリングスはモジュレーションホィールでリリースを少し伸ばせます。
また、ベーシックな仕掛けですが、ベロシティでアタック感を変えられます。

ピアノ&ストリングスではImageでそれぞれのバランスを変えられます。と言っても、ピアノは一定値でストリングスだけがフェードインしてくる形です。
こっちのプリセットではアフタータッチ(チャンネルプレッシャー)でストリングスのボリューム、フィルターをコントロールできます。モジュレーションホィールとベロシティによるエンベロープコントロールも有効です。
また、ストリングス側にはサスティンペダルが効かないようにしてあります。

特にグレーなブツでもないのですが、何日かしたら消します。

試して下さったら一言かけてもらえると嬉しいです(^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

LPIC レベル2取得しました

いつも午後からの仕事なもので、(かつ普通に起きているので)午前中は割と時間を余してます。

そんな時間をちまちまと使って勉強してるわけですが、先月みごとな惨敗を喫しました202試験を今朝の朝一番で受験してきました。

結果は700点の合格(満点は730)。
うほっ
俺ってすごい?とか思ったんですが(笑)実際のところ、クラムメディアの問題集をやれば受かるだけなら誰でもOKでしょう。それくらい的中率が高かったです。
ただ、これではあくまで「試験対策」。資格に見合う理解度を得られるか、というとそうとも思えません。
きちんと勉強するためにも、事前にちゃんと基礎知識を付けて、実機にも触っておくことが大切ですね。

自分も、一回目の受験の前にクラムメディア問題集を買ってれば・・・・orz
こういう試験代金って高いんですよ、すごく(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

うちは「E-MU情報」らしいのでw

ひろうさぎさんがこちらのブログにリンクしてくれたのですが、どうも「E-MU情報など」のブログということなので、そういう話題を書いてみます(^^;

自分が2chにあるE-MUスレの過去ログを保存してなかったため、過去に書き込んだ話などを記憶で書きますが・・・・

Proteus2000シリーズの裏技とかバグ?とかそういうの(笑)

○Protean Drums装着
検索すると「噂」としてだけ出てきましたが、「Protean Drums」をP2kに装着すると不具合が生じます。

それは「SuperBeatsModeのプレビュー時とデモソングの演奏で、キックしか聞こえない」というもの。
・・・・・事実。ただし、仕様ではなくただの不具合。
これは、E-MUのスタッフがPX-7(ProteanDrumsをデフォルトで搭載するコマンドステーション)でしかテストをしていない状態で「ProteanDrums」を発売してしまったため、後から発覚したのです。PX-7以外のコマンドステーションに搭載した場合に正常に動作するのかは怪しいですが、1Uモジュールは全滅、ということは当時のエンソニックジャパンの方から聞きました。

とはいえ、普通にMIDI経由で演奏するぶんには問題ありませんし、フレーズをMIDI出力することも可能です。デモソングは諦めましょう(笑)

ちなみに、普通プリセットのプレビューでもキックしか聞こえないと言うのはデマなので気にしなくておk。
この話、自分が最初に2chに書いたときには正確に書き込んだつもりですが、どこかで変化してしまったようです。

この「Protean Drums」はEmulatorXにも移植されており、webサイトを見る限り本国では結構売れているようです。
リフやBeatsのパターンが収録されていればさらに便利なんですけどね。

○拡張ROMのパッケージと内容
初期の拡張ROMは紙箱で売られていましたが、末期にはブリスターパックで売られるようになりました。
これらが日本国内に入ってきていたかは、僕はよく分かっていません。
(とりあえずVintage CollectionやProteanDrumsは、最初からブリスターパックのはず。)

で、ただパッケージが違うだけかと思いきや、そうではないケースがあるのです。

かなり初期に発売されたラインナップの中に、「Sounds of the ZR」というのがあります。
これはENSONIQ ZR-76の全波形を収録したもので、ENSONIQ MRシリーズの拡張ROMだった 「The Perfect Piano」(スタインウェイ15MB+エレピ1MB)とドラムサウンドが一緒に収録されています。

で、この「ZR ROM」なんですが、初期の生産分と(恐らく)末期の生産分でプリセットが異なっているのです。
自分が持っているのは末期のもので、日本国内の在庫が消えたあとに米国から個人輸入したものです。
パッケージはブリスターパックになっており、プリセットはバンクが一つ増えています。
これには理由があって、当時E-MUが発売していた「Performance Keyboard」シリーズ、よーするにP2kシリーズのキーボードバージョンなんですが、この中に「ENSONIQ HALO」というのがあったのです。

これはP2kシリーズ用のZR ROMを搭載しており、キーボードバージョン用の追加サウンドとして、SuperBeatsModeなどに対応した新規バンクが追加されたのでした。

僕が持っているZR ROMは、このキーボードバージョンの追加バンクを収録しています。
しかし、恐らくHaloではキャピタルであったであろう追加バンクが末尾に収録されており、想像ですがHalo用と拡張ROMとしての販売用で別個に生産されていたのではないでしょうか。

さて、そうだとすると、「MK-6」同等のプリセットを収録した「PurePhatt」なんてものも存在するのかも知れません。

ちなみに、一度ヤフオクに出ていたZR ROMについてこの追加プリセットの件を質問してみたことがあるのですが、「愛用していた」にも関わらず分からなかったのでしょうか、無視されましたw
転売erさんだったようです(ちなみに、P2kシリーズ末期は本国で信じられない価格でROMを大放出したため、相当の転売erが日本から注文し、ヤフオクで転売してました。奴らは死んでいいw)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

連続酒盛り

昨夜は唐突に職場の飲み会が決定してしまい、辛うじて終電で帰ってくることが出来ました。
お昼近くまで寝てましたが、まだちょっと残ってる感じだったりして(w

僕は新宿の会社に所属していて実際の職場(出向先)が川崎にあるのですが、昨夜は

・その出向先の方
・出向先の親会社の方
・業務でサポートしているソフトの開発者の方

との飲み会で、まあ、やってることは普通の親睦会ですね。面白かったです。タダ酒・タダ飯でしたしw

さて、本気かどうかはともかくとして、これら3社全部から「ウチに来ない?」と言われたのは喜んでいいのかどうか。
お給料は間違いなく良くなるだろうけど(^^;

そんでタイトルの「連続」ですが、今夜は以前からネットでのおつきあいがあるf_kamuraさんと飲み会です(w

が、がんばるぞ(酒弱いのよ)!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

ザ・物欲

あ、正社員登用の案内が来てる・・・来年度まで待つ(契約社員をどのように扱うのか見極める)か、とりあえず受けてみるか悩みどころですね。

それはともかく

K2000がもう一台欲しい
K4がもう一台欲しい
Proteus2000がもう一台欲しい

以上は出来ればキーボードバージョンで。Proteus2000の鍵盤バージョンPK-6はかなりレアだったりしますが。

まだまだ続く!

コンプレッサーがもう一台欲しい
最終仕上げ用にアナログリミッターが欲しい
真空管のマイクプリはもう2台くらいあってもいい
自由につなげるディレイ単体機が欲しい
シーケンサを走らせるコンピュータがもう一台欲しい

んー、物欲ぶちまけてすっきりw
でも、K4とK2000はマジで欲しいw
シンセの音色作りはキーボードに向かって行うのが一番楽しいです。
そういう(鍵盤付き)シンセってDX7IIしか持ってないですからねえ・・・・。

あと、ソフトシンセやプラグインが全く出てこないところがポインツw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

キーボードのワナはっけーん orz

結構久しぶりに、EmulatorXで別シンセのサウンドをサンプリングしていました(やっぱりサンプラーは録ってナンボですよ)。

さて、いつものように波形エディット・・・と思ったら大事な事に気が付きまして、EmulatorXではコンピュータのキーボードについてるCtrlキーを多用します。

で、これ普通は(重要)左右に付いてるじゃないですか。

EmulatorXはこの左右の区別をつけてまして、左Ctrl+カーソルでループスタートポイントの移動、右Ctrl+カーソルでループエンドポイントの移動、という操作になるわけで非常に快適です。

普通のキーボードならね(笑)

んー。なんか通常の3倍苦労したような気がする。やっぱり新しいキーボード買おうかなあ。今のヤツはデザインが気に入って買ったんですけど、配列がちょっと特殊なので意外と使いづらい・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »