« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

シンセサイザーフェスタ

もう先週のことになるのですが(ブログさぼってゴメンナサイ)、マイミクのえむやん師と一緒にシンセサイザーフェスタへ行って来ました。

Emu_m1 Emu_m2




写真はステージ奥に置かれていた「タンス」ことE-MUのモジュラーシンセ。
かつてYMOの収録で使われたものです。すぐとなりには、同じくモジュラータイプのMOOGもありました。

会場があまり広くないこともあって展示はいまひとつ量が少なかったものの、各社のイチオシが楽しめる粒ぞろいなもので、僕はALESISのFusion、novationのXioSynthを楽しんできました。後者は本来49鍵と61鍵のものもあるのですが、日本国内では25鍵盤のものしか入手できません。
ここも代理店に恵まれないメーカーですが、なんとかしてほしいところですね。

今回のシンセサイザーフェスタは「最強パフォーマンスコンテスト」というのがあって、全国の応募者から選ばれた6組がライブパフォーマンスを行いました。

どの出演者の方も本当にすごくて、自分を振り返ると非常に複雑な気分になったのですが(^^;
特に凄かったのはやっぱり、小学生の男の子の演奏ですね。
YMOにはまって4年間、ということでしたが、10歳の少年の口から「polyMoogが弾きたいです」とか「Prophet5」とかいう単語が飛び出してくるのはただただ衝撃。
健やかに育って、立派な変態(誉め言葉)になってくれないかなあ、とか思いました(^^;
(何日かたって、その子のお父さんがmixi日記にコメント下さったときはほんと驚きました)

他の出演の方では、オレンジ電気さん(ライブ活動などで有名な方らしい)の曲がストイックな進行で特に印象に残りましたね。
コンテスト自体は打ち込み/テクノ主体の「松武部門」と手弾き演奏主体の「向谷部門」に分かれており、後者の部門も、非常に印象的でした。その中でも、やはりグランプリの人は笑顔や気力が素晴らしかったですね。
あれだけ弾けたら本当に楽しいんだろうなあ・・・・(^^;

二日目はコンテストでグランプリとなった二組のライブと、ステージ上のビンテージシンセ/リズムマシンを駆使したライブがありました。ビンテージシンセの音はCDなどで良く知っているつもりだったものの、やっぱり生で強力なPAを通して聴くと全く別物。
しばらく鳥肌たちっぱなしで大変・・・・・。あれ聴くと、やっぱりソフトシンセはまだまだだと感じてしまいます。ソースとしての音はほとんど完璧でも、やっぱりパソコン用のインタフェースから出てくる時点で音が弱っているというか。
まあ、演奏が素晴らしければ気にならない点ではあります。

リズム部隊ではLinnDrumの音がものすごかったなあ・・・・。あんなにばっこんばっこんと音圧があるとは思いませんでした。あんな音自由自在に使えたら楽しそう!

そんなわけで、相変わらず資格の勉強やゲームやDTMしながら、ひっそりと生きてます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

はっぴーばーすで〜

to〜 俺〜

というわけで、ひとつ年をとりました。・・・・・・・そろそろ大台が・・・・(^^;

さておき、明日から4連休をもらえました。(10月末からの13連勤の代休がもらえたのです。)
DTMの作業と、資格の勉強と、Windowsサーバーの実習もやってみて、あと金・土のどちらかはシンセフェスタにも行く予定です。

ん、充実してるね。しすぎ?(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

今日は東方やりまくり

今日はひさしぶりに東方漬けでした。面白かったな〜。

まず、昼間にミサマリで妖々夢をプレイ。

ミサマリでノーマルモードの場合、これまでは5面にたどり着いた事がありませんでしたが、今日は行けました!

もっとも、僕はリリカの攻撃をひとつも避けられないので、ボムを一回使い損ねるだけですぐクリア不可能になりますが。

というわけでクリアできませんですた orz
最後にヒロカワで2回も死んだらそりゃーなあ・・・・・・。

で、さっき。夕食の後で永夜抄をプレイ。
冥界組使用でノーマルモードに挑戦です。

なんとか6Bにたどり着きはしたものの、当然クリアできず。
永ノーマルは僕にとってはかなり無理ゲーですから、最終ステージに行けただけでもよしとしますか・・・(ていうか6Bではコンティニューができない、ということを今日初めて知ったw)

うどんげのラストスペルも今日初めて見たくらいです(^^;
まあ、そのうどんげで6回死んでるんですけどね。弾のすき間が小さすぎて、僕のパッド操作の移動距離よりも狭い。
あれは物理的に避けられません・・・・。

その後何度かやってみたけど、さっき6Bまで行ったのはなにか奇跡(笑)が起こってたっぽ。四面以降はプラクティスでももうどうにもならんです。「永夜は無理ゲー」ということを再確認。

最後に血迷って紅魔郷をプレイ(笑)
ていうか今エンドロール中(^^; 針巫女でノーマルに挑戦して一回目は5面の中ボス咲夜さんでゲームオーバーになったんですが、すぐ二回目をやってノーコンティニュークリアしました(とは言え、残機残ボムは0だった)。
5・6面のちょん避け地帯で確実に死ぬのでボム必須です。
今日はエターナルミークで二回(!)死んだのも痛かったですね。普段は取れるのに・・・・落とされて、すぐボムしたらほとんど効かなくて、びっくりしてる間にまた落とされてしまいました。

しかし気合いでなんとかなる分、永夜抄よりは紅魔郷の方がずっと遊びやすいですね。

花映塚も好きなんですが、今日は気力も限界なのでそろそろやめておきます(^^;
文花帖は本格的に無理なんでたぶん当分はやりますまい。
萃夢想は論外(唯一、やっていて全く面白くない東方)。
たぶんこれは二度とやらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

モータルコンバット アルマゲドン(3)

そうそう、先日、コンクエスト(ストーリーモードね)の2周目をクリアしました。
まだアイテムの取り残しが2つだけあるみたいで・・・・某海外サイトの情報を見ると、どうやら序盤で見落としがあるみたいで。

・・・・・3周目も決定です。

まあ、エディットキャラ用のパーツもまだまだ揃ってないしちょうど良いかな?
アルマゲドンのキャラエディットは女性キャラより男の方が面白いですね。バカみたいに濃ゆいのがいとも簡単に作れてしまう。

何というか、既存アニメやゲームのキャラを真似て作るのはいろいろ限界がありますが、「いかにもモータルにいそうなキャラ」を作るには異常に便利です(爆笑)

そういえば今月はもうひとつの新作、「モータルコンバット アンチェインド」も控えてますね。
PSPですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月13日 (月)

この週末

土曜日は、昼間のうちに掃除を・・・しようと思っていたのにモータルコンバットを夕方までやってしまい、その後秋葉原で楽器用ケーブルとか購入。
夜はえむやん師といっしょに、上海小吃(シャンハイシャオツー)にて夕食&飲みでした。

上海蟹って初めて食べたんですが、小さくて食べづらいけど非常に、とっても、美味かったですw

日曜はまた秋葉原へ行ってMOドライブを購入。サンプラーのバンク保存用に、SCSI接続の古いタイプのものを2台買ってきました。
わざわざ2つ買ったのは、サンプラーとMOドライブは相性が厳しい、という話をよく聞いていたため。もっとも、幸運なことにちゃんと動作してくれました。

あとは、勉強用にWindows Server2003の評価版をダウンロード&焼いたり。資格の勉強もこの二週間ほどは忙しくて出来ませんでしたから、また再開ですね。

それに加えて、先月下旬から「ファンタシースター」の曲のアレンジを順次製作しています。
いつものようにサイトに載っけて、というわけではありません。
今はまだ詳しいことは書けませんが、近いうちに正式な?コメントも出ると思います。

・・・・・気合い、入ってます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

13連勤

10月末から休んでないわけで

でも意外と元気。
今週末は ここ にお酒を飲みに行きますよ〜。

某氏らと2回ほど行ったんですが、ほんと美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

休みがない

先週の日曜から出勤しっぱなしです。
いやー、いきなり忙しくなりました・・・・(^^;

さておき、最近はモータルにジョジョ、とゲームばかりやってましたが、実はファンタシースターの曲のアレンジも何曲か並行して作っています。ここのサイトで載せるかどうかは分かりませんが、そのうち公開になるかも知れません。

で、また話が変わるのですが、その作業中にEIV Ultraサンプラーの面白いバグ?があったので書いておきます。

E-MUのサンプラーや音源にはプリセットのリンク機能というのがありまして、あるプリセットを演奏すると、自動的に別のプリセットも演奏される、というそのまんまなものです。

例えばProteus2000の場合は1プリセットにつき4レイヤーでリンクは3つ設定できますから、1キーで12レイヤーが同時発音できるわけです。(発音数で言うなら、すべてステレオサンプルでコーラス機能を使用したとすると、なんと1キーで48音!!を消費します。)

バグというのは、どうやらEVI Ultraの場合サンプルが一定より多いと(上限の1000個に近いと)、リンクを組んだ際に各リンクのボリューム、パンなどを設定できないようです。
画面でいうとLink-Mainということになるのですが、ここに本来表示されるはずのパラメータ選択用カーソルが出現しません。

まあ、ただそれだけの、覚え書きです(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

ヤングキングアワーズ 12月号

ちょっと遅れましたが

なんというか、今月号は激しく緑色でしたね(笑
たのむから、カラーはもっと気合いを入れて描いてくれ、せめて表紙の時くらいは・・・・・・ッ!!!!

・その表紙
超人ロック。ボルテスVのボックスアートは素晴らしい塗りだったのになあ。

・水惑星年代記
なんだか雰囲気が変わった今回。(別に水惑星シリーズじゃなくてもできそうなお話とも言うw)
絵は最高だしキャラも可愛いんだけど、今月はストーリーがいまいちかなぁ。

・ジオブリーダーズ
過去編も大詰めぽいですね。ぶっちゃけ本筋より面白r(滅

・エクセルサーガ
岩田=漢!

・ワールドエンブリヲ
終 わ れ (苦笑)

・ドボガン天国
読んでないので・・・・・。

・トライガンマキシマム
読んでなi(夢想封印

・惑星のさみだれ
主人公はじまったーーーーーー!!
この作者さんは、セリフの運びなどが何気に凄いと思います。最近楽しみな漫画です〜。

・アニメがお仕事!
貴重なアクションシーンでした
しかし・・・・orz 負けるな、主人公。普段読んでないんですけどなんとなく。

・夢のアトサキIII
読んでない(波紋疾走

・ヒミツの保健室
カザミンは俺の嫁(ぉ

・聖乙女学園血風録
面白かったのは第一話だけだった(死

・それでも町は回っている
タッツン、そのバイオリン弾けてねえのかよwww で、先輩のメイド服姿がやたら似合っていてかっこいい。
ステージでの演奏がどうなったのかはあえて?描かれてない。今月も面白かったですw
※すみません、「まわって」の字がAnthyで出ない・・・・

・朝霧の巫女
読んでn(略

・ヘルシング
よn(ry

・クドー遺宝伝
絵柄は好きなのですが、もっとページがあったほうが・・・・
!!もしかして「ふたりぼっち」のような穴埋め原稿だからページが少ないのかーーーーー!?
単行本出るみたいで、ちょっと欲しいかも。

・ナポレオン
冒頭のノろけっぷり吹いたw
そしてマッセナかっこえーーー!!

・東京クレーターのアカリ
なんか絵柄が少し変わったような・・・・。これといい水惑星年代記といい、アワーズでは陸地が水没した未来図がこっそり流行ってるんでしょうか(^^;

・恐怖の宴
いくらなんでも理不尽過ぎるわッ!!!
でも相変わらず面白かったーーー。絵もうまいし。

○別枠(笑)
・表紙をめくったら・・・・またロック!!
というわけで、カラーを3ページも使って完全版の特集。
「炎の虎」と「魔女の世紀」が紹介されてます。ここまで気合いを入れて発売するなら、なんで「全12巻」(少年画報社版旧コミックスだけでも、全体の1/3に満たない!)なんだよ〜!!全部出せよーーーー!!

※炎の虎に出てきた「フォーメーションX」は。初めて見る人にはショックだろうなあ・・・・・(^^;

・超人ロック クアドラII

「HK市」!!(爆笑)

『あそこでは今も 子供に英国風の名前をつける』
・・・・・HKって伏せて書く意味があるのだろうか!?
確かに、作中では「数十年ぶりに本土の土を踏んだ」「T島」の「総統」を「C国人工作員」が暗殺してたりするんで、やばいっちゃーやばいのかも知れませんが(^^;

※そもそもC国が分裂して内戦状態になっている、というのも相当やばいネタのはず。

そして、その工作員である揚の口からは衝撃的な言葉が。
彼が属する勢力は、どうやら「核の引き金」を切札にするつもりの模様・・・・・!奇しくも、ロックが捕われた基地は核ミサイルを格納しています。

そういえば前作「冬の虹」のラストは、暴走する原子炉を止めるために三人のスキャナー(エスパー)が共闘する展開でしたね。

聖先生は、何か思うところあって二篇に渡って「核」を描こうとしているのかも知れません。
本当に目が離せない!!
(だけどカラーはもっとちゃんと描いてほしいw)

ところで、現在出てきてる中国の(あ、やべ「C国」ねw)軍人さん、ロックを捕らえた部隊のリーダーさんですが、かっこいいですね。
こういう味のある悪役・チョイ役が多いのもロックのみどころだと思います。

そういえば、倒産したビブロスが発行していた分のコミックスは、メディアファクトリーから復刊されるみたいです。第一弾は「聖者の涙」で、11/17に(つまり少年画報社の完全版と同時に)発売。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »