« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

反省会ですよ

今年も残すところ数時間となりましたね。

昨年の秋に上京してきてから1年半・・・までは経ってないか、1年と3カ月くらい経ちました。その期間で体質がすっかり東京人間になったのか、冬の気温がしっかりと寒く冷たく感じられます。
だから、今年の年末年始も帰省しないおw

んじゃ、長くなりますが「がっでむの2006年」を振り返ってみましょう。

○仕事

今年を振り返ってみると、仕事面ではまあまあがんばったかな?
まあ、仕事というよりも「仕事をしながらにしては、勉強とかしてがんばった」って感想です。仕事そのものももちろん手抜きをしてるわけでは無いん ですが、今の就業先では、技術者として得られるスキルはもうあまり無いであろうと思います。そのあたりは会社の方もいろいろ考えてくれていまして、今の就 業先でより技術者らしい業務へシフトするか、それが(向こうの都合などで)難しいのであれば、就業先自体を変更してもっと面白い案件に、ということで何回 かお話をもらっています。

どんなに長くても、来年の秋までは続かないでしょう。
さみしくはありますが、例えば資格を取るためにいろいろ勉強したことを振り返ると、その勉強を裏付ける実務経験をしっかり積みたいという気持ちは高まっています。

総括すると、今年はまあまあ良くがんばったと思いますがあくまでも体系的に勉強しただけ。来年以降で勉強したことをどれだけ活かしていけるかがミモノです(笑
あと、場合によっては転職するおw 引越し費用がネックですがね(^^; 結構、「(引越しとか敷金礼金とか)そのくらいならもってやるからウチこない?」っていわれることもあって・・・・。気持ちが揺るがないと言えばウソになるw

○趣味(1)

読書量がガクンと落ちた。月10冊位は読んでいたのが、月1冊も読まない生活に突入ゥーーー!!
まあ、金が無いので活字を遠慮していたとも言う(^^;
来年はブクオフとかもっと活用して、文庫で良いからいろいろ読みたいですね。
最近の社会/政治経済の本は読んでいると暗くなるので(ぉ、歴史ものや人文、雑学ものが読みたいなあ。そう、せっかく東京にいるのだしね。(そーすると文庫は少なくなるんだよなあ。)
そういう意味では、来年は給料もあがるハズですから、本を読むことと美術館や博物館めぐりにもっと力をいれていきたいです。

マンガばっかり買っていた記憶がありますが、棚を見れば一番増えてるのは雑誌(キーボードマガジンとかサンレコ)だったりして・・・・。

○趣味(2)
音楽関係は、作曲数が少なくなった気がします。
数曲作って公開しましたが、一定の満足を得られたのはせいぜい2、3曲で、終わってから間を置いて聞き返したら大ダメージを受けたことも・・・・。(「夏の迷い路」とかねw あれお気に入りなんですけど、ミックスが壊滅してるのでそのうちやり直したいです・・・・)
もともとマイナーだったwebサイトのアクセス数も極端に少なくなり、このまま公開しつづけることを考え直す時期が来たと思います。
とりあえず来年早々にプレイヤーズ王国の登録を見直して、自作曲を積極的に発表していこうと思っています。

また、マイミクさんで音楽関係の方がたくさん増えたのが、密かにすごくうれしかった部分だったりして。プロの人、ほとんどプロの人、という感じで、機会があれば積極的に会いに行って教えを乞いたいですね。

機材も少し増えたり減ったりしましたが、今後はソフトウェア環境、つまり狭義の製作環境の充実とそれらの使いこなしが課題になると思います。ハー ド中心というスタイルが変わることは無いでしょうが、物理的にかなり限界なのでハードをこれ以上増やすのは難しいのです(^^;サンプリングCDとかは集 めたいな。

また、絵の練習は結構たくさん描いた気がします。東方にはまっていろいろな構図をためしたり、苦手なスカート(長い布地)なんかを描かざるを得なかったりして充実した一年でした。
一方で、東方界隈というところの性質と自分の性格や絵柄を考えると、「あー、これは自分が居ていい世界じゃないな」と思ったり。
もっと上手なら良かったんですが、自分程度の画力の人は掃いて捨てるほどいますからね。そうなると単なる「ちょっと勘違いした、濃くてキモイ絵」ってだけになるのかも。

枚数は多く描いたけど、ちゃんと描いたものは多くありません。カラーのちゃんとした絵は、次は冬目寄書きで描きたいな、と思います。

○その他
経済観念が未だにダメ人間なんで、預金がワロス曲線を描きながら微妙に下降しつづけてるおw
まあ、給料があがってくるまでは貯金とか出来ない、ともともと覚悟はしていたんで良いでしょう。来年はちゃんとやっていきたいと思います。
しかし服なんかタダの一着も買ってないわけで、完全に趣味にしかお金を使ってない、と考えると、ほとんど中学生あたりから成長していない気がします。

まあ、来年はまた保険にも入って、実家への仕送りもちょっとだけ増やす。
あと時間がある限りは自炊生活も仕事の日のお弁当づくりも続けていくつもり。やってみると意外と面白いんですよ(笑

○総括

みなさんのおかげで、楽しく充実した一年でした。本当にありがとう。来年も迷惑をおかけするかも知れませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今日はマイミク方々と、夜中に高尾山登山をして初日の出を見にいく予定です。現在、連絡まち。
東京に来て初めてのアウトドアなんでとっても楽しみですw
携帯電話でですが、写真撮ってきてばんばんうpするよ〜。

それではみなさま、良いお年を!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月27日 (水)

コミケのお話

29日からお休みになったので、行ってくることにしました。

一日目は、僕も参加している「ファンタシースターリメイクプロジェクト」の初めての活動成果となる、音楽デモCDが配布されます。6曲入り。
というか、他に具体的な活動が一切ないため、フェードアウトするんじゃないかと危惧してます(^^;

西ほ04bの「桜組」さんで委託を受けてくださるということです。確か無料配布ということですので、よろしければ行ってみてください。

曲目はこんな感じで。(全てファンタシースター1の曲)

1.ショップ(1)
2.モタビア星
3.村
4.デゾリス星
5.バヤマーレの塔
6.ショップ(3)

全部で20分ちょっとです。
一日目は、ほかに朋友の某師のところへうかがって、モータルコンバットの本を購入予定です。

二日目、コミケ自体には行かずに夕方から冬目景ファンの集いに行ってきます。

三日目は東方の上海アリス幻楽団さんへ突撃しますが、他には用事がなかったりして。

さて、もう明後日からなわけですが・・・・・
明日の夜、就業先での忘年会なんですよ(^^; 始発までかかりそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

イース・オリジン

今日はイース最新作「イース・オリジン」の発売日(^^)

シリーズ初、アドルではない二人の主人公から一人を選んでプレイするストーリー。
初代イースの700年前の謎をひもとく最新作!!

まあ、買ってませんけどね。

どうしても「イースのストーリーを汚すなぁぁぁあああああああ!!」という気持ちが先立ってしまうもので、面白い良ゲーになると確信しつつ、でも全くと言っていいほど期待をできずにいます。

周りの評判は確かに良いので、ネタバレが出尽くしてから遊ぼうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

加津良稲荷神社

すでに各所で話題になっていますが、京都の舞鶴にある神社が強迫の末に韓国人に乗っ取られ、鳥居が撤去されるという事件が起こっています。

mumurブルログさんの記事
http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50710537.html

痛いニュースさんの記事
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/879827.html

僕は以前の仕事が年中無休だった都合もあって、初詣さえまともには行っていません。
実家も特定の宗教に属することはなく、基本的に無宗教の人間です。

が、神社やお寺、教会という宗教的な施設は本質的に尊重されるべきものだ、と考えています。特定の宗教に属していないからこそ、さまざまな信仰をできるだけ等価に受け取り、尊重するべきだと思っています。

しかるに、この「ニュース」・・・マスコミ各社は今のところ報じていませんが、これらの記事を見て激しい憤りを覚えるのも、おかしな事ではないでしょう。

想像してください。

イランやクウェートやサウジアラビアで、日本人がお金の力で、モスクを土地ごと手に入れた。そしてモスクを破壊した、としたら?

ローマやモスクワで、教会を手に入れた後に、キリスト像や十字架を破壊したら?

個人的に北朝鮮も韓国も大嫌いですが、それはあくまで「総体、国家としての朝鮮とその国民性」が気に入らないのであり、朝鮮人や在日朝鮮人の方の個々の人間性は別の問題であると考えていました。
しかし、こうもふざけた事件が起こってしまってはその考えも改めざるを得ないのかも知れません。

うちの近くにも在日朝鮮人の方が住んでいます。別に親しくはありませんが、おそらくは何十年も、彼らなりに(たとえ「日本と日本人にとって」受け入れがたいことだとしても)必死に生きてきているはずです。その方達の人生まで、自分より長く生きている方の尊敬すべき人生までを、くだらない事を理由に蔑みたくありません。

マスコミはこの事件を真剣に取り上げるべき。
私たちは、この事件をもっと真剣に受け止めるべき。

本来は良かれと思って執られた何十年も前の政策が、今の日本と日本人、そしてそれら特殊な政策の対象であった方達をむしばんでいます。
徹底的に見直し、是正されるべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2006年12月19日 (火)

超人ロック 完全版(第三巻「ロード・レオン」)

昨日、出勤前に購入しました。
この「ロード・レオン」は昔ビデオアニメにもなってまして、その広告か何かで「超人ロック」という名前を知った、という点で、僕にとって運命的な一作と言えるかもしれません。
(ちなみにアニメ自体はクソアニメなのでわざわざ観るほどのものじゃないと思われる)

内容はひたすら重たてハードな復讐劇。
両親の命と財産、妹の目の光、自身の手足を奪われた男が超能力にめざめ、その力で海賊となり復讐を試みる。燃え上がる復讐心が次第に狂気に変わっていく様子が刻明に描かれており、読者はロード・レオンについつい感情移入してしまいます。

そしてなんとか復讐を止め、ロード・レオンを救おうとするするロックですが、よく読んでみると何ひとつうまくいってない・・・・・・(- - ;

いつ読んでも、何回読んでも衝撃を受けます。
たぶん、少年キング連載のシリーズの中では屈指の名作じゃないでしょうか。

で、昨日は電車で読み出して危なく乗りすごしそうになったw

以下は余談というかバレ含んでますが(25年前の漫画だし、いいでしょ別に)

ロード・レオンの「機械じかけの手足」って、後のエピソード(サイバー・ジェノサイド)で描かれた「サイバー」そのものだった気がします。
違法な医療行為であるということ(「サイバー・ジェノサイド」のエピソード以後、サイバー化は完全禁止になった)、そしてサイバーとなった人間が次第に狂気に落ちていくという点が合致します。

ロード・レオン自身は、もちろん「サイバーであること」に追い詰められていたわけではないのですが、サイバー・ジェノサイドの作者コメントにあったように「以前からどうしても描きたかったエピソード」という事だったのであれば、少なくともロード・レオンを描いたときにはサイバーと狂気というモチーフはあったのでしょう。

来月は「ロンウォールの嵐」が発売。
人口爆発にあえぐ地球は、植民惑星へ年数百万の移民を送りつづけなければならない。
しかし、そうした植民惑星の多くはまだ未開の惑星でしかなく、苛酷な環境と貧しさは移民を受け入れるキャパシティをもたらさない。このままでは、地球も植民惑星も破滅する・・・・。
そうした植民惑星のひとつ「ロンウォール」で起こった独立闘争のストーリーです。
これも重たいストーリーですが、読みごたえがあります!!

出来れば完結編となる「冬の惑星」と二冊同時発売にして欲しかったですね。
(冬の惑星は2月、サイバー・ジェノサイドが3月になると思われます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

でっちあげDTM

昨日、ソフマップで買ったソフトシンセ「WIRED」を活用?して、一曲テクノ(自称)を作ってみました。僕としては珍しく、全部ソフトシンセです。
まあ、ソフトオンリーは、好き好んではやりません(笑

制作中は何度かラックの電源を入れに行きかけましたw
製作時間は二時間ちょっと。

http://homepage1.nifty.com/goddem/1216-Techno-Modoki.mp3

使った音源:
WIRED(5台)
Mini Mogue VA
EVM Ultra Sonique
Emulator X + Techno Synth Construction Yard X

いろいろ直すべきところはあるんですが、新しく買った音源の練習としては面白いかな〜、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

ソフトシンセ拾い

なんか今月のDTMマガジンで「フリーのソフトシンセ200本!」とかやってみるみたいで、1500円出して買うような内容のある雑誌ではないんですが、ちょっと気になっていたり。

と言うわけで?フリーのソフトシンセをいくつかダウンロードして遊んでみました。普段ほとんどハードしか使いませんから、もともとインストールされてるものってSynth1とMiniMogueVAだけでしたから(w

で、いろいろあさってみて気に入ったのが、
LinPlugの「FreeAlpha」
http://www.linplug.com/Products/FreeAlpha/freealpha.htm

EVM Synthsの「UltraSonique」
http://www.evmsynths.com/free.htm

Super Waveの「SUPER WAVE P8」
http://home.btconnect.com/christopherg/main.htm

今のところ全部バーチャルアナログですな(汗
「Synth1とMiniMogueVAがあれば・・・」とか言っていたわけですが、ごめんなさい
この三つも含めて五つのバーチャルアナログは必須ということで(^^;

一番目、FreeAlphaは二つの波形を重ねたオシレータを二つ使えるシンセサイザー。各オシレータは二つの波形のバランス、デチューンをエディットでき、エンベロープやスロープ可変のフィルターが使用できます。
Synth1よりもシンプルなエディットになりますがそれがいい。
リードからパッドまで、音も良いです。なんとなくベースには向かない気がしますが、低音もかなり出てます。

二番目、UltraSoniqueは派手な音が楽しいシンセで、ホストのbpmに同期するステップシーケンサでフィルターやピッチをモジュレート し、動きのあるサウンドがぽんぽん楽しめます。プリセットの出来が良く、ドラムループにこれのプリセットを適当に重ねると既に音楽になってます。
オシレータ自体もかなり太い音が出てると思います。

三番目、P8はRolandのJP8000のクローンなんでしょうか。
いわゆるSuperSaw(トランスのリード音と言えば、シンセの名前を知らない人にも通じそう)が特徴的ですが、もちろんいろいろな音が出ます。これも、派手さだけでなく元音がかなりしっかりしてる感じ。

んー、マジでテクノとかトランスの制作に使えそうですね。
シンセフェスタ&電気まつりでかなり刺激を受けてるので、ちょっと何か作ってみたいなあ。

あと他に、808系のリズム音源とかトーンホイールオルガンとか無いかなあ。レガコレ買って以降、自分の中でソフトシンセ再評価が・・・・(使えないのもたくさんあったけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

お風呂あがりに

んー、風呂上がりのお酒、って滅多に飲まないんですけど
ていうか、入浴は大抵朝イチですんで。

が。明日は午前中から川崎だし、なんか所属してる方の会社の面談だとかでだったら新宿でやってくれと。移動に一時間もかけさせないでくれと。
(おまけに間に入ってるSIさんも交えての面談なので給料の文句とかは言えないおまけつきw)

で、まあ非常に微妙な時間になってしまうため、もう朝から勤務してたとみなして勤務表つけます(予告

ここでようやく最初の話題に戻りまして、お風呂あがりのお酒って

うめええええぇぇぇぇぇええええええええええええええ!!w

・・・・・・・・・ハマりそうだ!!(笑

あ、そうそう
MCPの試験は23日に受けにいくことにしました。うまく合格したらクリスマス中止!!w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

バーチャルなMS-20

Ms20ctrl



これも9日に買ったものなので、ちょっと古いネタになりますが

以前購入したKORG Legacy CollectionのAnalog Editionに収録されている「MS-20ソフトウェアシンセサイザ」の専用コントローラです。これ自体は音を出すようにはなっておらず、基本的にはUSB接続のMIDIコントローラでしかありません。
ただし、パネルの右側にあるパッチセクションは実際にケーブルでパッチングが出来るようになっている(!)本格派です(^^;

MS-20ソフトシンセを弄っているとどーーーーーーーしてもこの専用コントローラが欲しくなってきてしまい、ヤフオクなどで探していたものだったりします。
それがなんと、ロックオンカンパニーさんのwebサイトで中古在庫アリになってるではないですかwそりゃ速攻で電話しましたよwww

もともと「KORG Legacy Collection」として最初に発売された時に同梱されていたモノで、その後も別売りはされてなかったのですが(ただし「バーチャルMS-20」というパッケージ販売はあった)、そういうのが欲しくなってすぐ見つかっちゃうあたり、まあ運がいいというか何というか。

これ弄ってると時間を忘れますよ~。やっぱり楽器は、触っていじれるものがいいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

渋谷電気まつり (12/9)

Shibuden_1



12/9、16:00より。

テクノを中心にしたこのイベント、かなり硬派なテクノ(メロディなんかいらねえぜ!1コードで突き抜けるぜ!みたいなの)を想像していたら良い意味で裏切られました(^^;

オレンジ電気さん+ナパームタニさんによる正統テクノな演奏からスタートし、オレンジ電気さんによる、MIDI制御でミニチュアのクレーンを操作する(失敗したけど)「Machine Techno」などコアな曲が続きます。
そしてナパームタニさん+タクさんのユニットでは、シンセサイザーによるテクノビートにハードにプロセスされたギターサウンド、エフェクターによるフィードバックなどが載ったちょっと先鋭的な曲が。

この辺はまさに硬派なテクノ、だったんですけど、その後はカバー/ボーカルあり、エロゲー主題歌(風葉、ってユニットだったそうで、全然聞いたこと無かったんですが、ほんとに「同人系」ってこういうのだよね。」って感じの。)ありの大混戦w

最後はシンセサイザーフェスタでのパフォーマンスコンテストでグランプリに輝いた「ティーイベ」さんの和風なエッセンスを盛り込んだダンスチューンで幕を閉じました。

最後はティーイベさんが販売されていたアルバムを購入。
和風のエッセンス、といっても安易にSEが入っているわけではなくて、キックのビートが和太鼓のニュアンスをもって迫ってきたり、楽音のフレーズが雅楽っぽいスケールで動いたりしまして、それがちゃんと四つ打ちのフォーマットのなかで調和している感じ。

フェスタでも感じましたが、すごく楽しいサウンドでした。
(同じくフェスタで知ったオレンジ電気さんのサウンドは、もっとストイックで流れに載って楽しむダンスミュージックと言うよりも、サウンドが重なったときに生まれるテクスチャとそのディテールを集中して聞き込むような感じだと思います。と、思ってたら「Machine Techno」はシンプルなのにすごくキャッチーなメロディが来て「うわっやられた!!」と思ったw)

主催のオレンジ電気さんも他の出演者の方も非常に気さくな方達で、楽しく暖かいイベントだったと思います。次は2月か3月には行うらしいので、是非また行って来ようかな、と。

僕もテクノとか聴いてると作りたくなるんですが、実際に作業を始めるとすぐに挫折してます(^^; センスねえよ俺!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 9日 (土)

忙しい〜

またまた間が空いてしまいました。
んー。しばらくはmixiの日記と同じ内容をつけていくことにでもしてみますか・・・・。

いや「忙しいのにそっちは書いてんのかい!」って話ですが。

※すみません。

12月は最初からいろいろありまして、すでに二回始発で帰ってます。6〜7年ぶりに「酒を飲みすぎて体を壊す」経験をしてしまいました。

みなさん、飲みすぎにはご注意を。

今日は午後から渋谷へ行く用事があります。
ロックオンカンパニーさんにとあるブツ(w)を確保しているのと、ライブイベント「渋谷電気まつり Vol.9」へ行ってくる予定です
もともと今日は一日中DTMの作業をする予定で残念ながら行けないな、と思っていたのですが、主催者の方がわざわざ連絡をくださいまして。驚くとともにとても感激しました。

で、作業は昨夜、死ぬ気で終わらせました(^^;

こういうのはあまり行った事がないもので、非常に楽しみです。
写真とか撮れたらまた日記に書いてみますね。

作業の方は「ファンタシースター」(初代)のBGMのアレンジです。
自分でのサークル参加ではありませんが、冬コミで出る予定のものです。
近々詳細も書かれるかもしれません(自分はリーダーではないので・・・・)。

で、あと10日くらいで資格試験もあったり。どーしましょ、今回はパスする自信ねえよw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »