« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月29日 (月)

E4Ultraサンプラーを活用する その1

ここ1年くらい、E-MUのE6400Ultraを使用しています。これは最近は新製品も出なくなった、ラックマウント型のハードウェアサンプラーです。(こういうのはほとんどソフトウェアに置き換わりましたからね。)

仕様としては、内蔵RAMが128MB、発音数が64音、16マルチティンバー、アナログ入力2、アナログ出力8、マスターエフェクト2系統、HDDを18GB内蔵、SCSIつき。

数字を並べると(今となっては)しょっぱいんですけど、音を出してみると非常に良くて気に入っています。EmulatorX(オーディオインタフェースは1820m)とE6400Ultraで同じ音を鳴らしてみると、あまりの質感の違いにびっくりします。特に小さい容量のサンプルの場合は、それ自体が持っている音のリアルさは大したことがありません。その分、楽器が持っている音のキャラクターが大きく影響するんでしょうね。

このシリーズのサンプラーは最近は中古も安くなってきているので、機会とお金があればもう一台欲しいくらいです。

さて、最近になって考えているのですが、E4UltraシリーズのOSである「EOS」は、最終バージョンである4.70bをインストールすることでFATフォーマットのディスクを扱えるようになります。これによって、PCへバンクファイルをストアしたり、加工したWAVファイルをインポートしたりすることが可能になります。

また、EmulatorXはファイルメニューの「Export」を使用して、E4Ultraネイティブのバンクを出力することが出来ます。

そんなわけで、この間、PCにもSCSIインタフェースを付けてしまいましたw MOを経由すればバンクやサンプルを簡単にやりとりできるな、と思いまして・・・・。

が、先に二台買っておいたMOドライブの残りを繋げてみたら、「ハズレ」だったみたいでディスクが入らない状態・・・・・。また買ってきて試してみようと思います。

ちなみに、E4Ultraでの音色エディットはProteus2000やEmulatorXでおなじみのパッチコード形式がメインで、エンベロープやLFOの構成もよく似ています。
EmulatorXはE4のバンクをそのまま読めますし、さらに、Proteus2000のサウンドバンクはE4上でプログラムされたものだったりします。親和性が高いのも納得ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

黒クレールの冒険

先日買ってきたブランディッシュ4を、時間のある時にまったりとプレイ中です。

今回はクレールのダークエンドを見てみたいので悪役プレイに徹している・・・つもりなんですが、なかなかダークになってくれません。クレールって初期がライトよりなんでしたっけ、城塞でサラース(風の精霊)と戦った時点でまだニュートラル属性だったみたいです。

ま、のんびりやりますわ。

クレールかわいいよクレール
だが黒い!!w

(ブラ4は勿論98年の発売日当日に購入してプレイしたんですが、PC98の「ブランディッシュVT」を何度もプレイしていたこともあって、4はメルメル姐さんで一回クリアしただけだったりする。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

BASIA "THE SWEETEST ILLUSION"

320048475_4s

何日か前に、ブックオフのワゴンから発見して購入したCDです。
それまでは名前しか知らなかったバーシアですが、めがっさ良いです。
情感豊かで表現力・説得力に溢れるボーカル、落ち着いた楽曲が多いのも嬉しい(^^)

調べてみたら12年以上前のアルバムですが、全然古く感じません。まあ、確かに「今風」の曲ではないんですが、すっかり気に入ってしまい、他のアルバムも欲しくなりました。

で、絵はこれのジャケットの一部を模写したものです
似てないからたぶんセフセフ!!w

※実際のジャケットも幻想的で素敵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

Protean Drums

Pd_rom
Pd_x








「Protean Drums」は、グルーヴマシン「E-MU PX-7」の内蔵サウンドROMが、Proteus2000シリーズ用の拡張サウンドROMとして別売りされていたものです。
また、オーディションリフやアルペジエータ、SuoerBeatsMode(MIDIフレーズベースのコンストラクションキットみたいなもの) が省略されたサウンドライブラリとして、EmulatorX/ProteusXシリーズ用の「Protean Drums X」というものもあります。

32MBという、今となってはかなり小さく感じられる容量でまとめられた(しかし、サンプラーのメモリが最大32MBという時代もあった)アコースティックドラムキット中心のサウンドを収録しており、最大で8段階のベロシティスプリットが組まれ、スネアやキックといった個々のパーツが丁寧に録音/エディットされています。
これらのパーツはあらかじめ数種類のドラムキットとして組み上げられており、Proteus2000シリーズ共通のアーキテクチャによってプリセットが作られています。

ROM版にもXにも共通する弱点として、特にスネアとオープンハイハットでベロシティスプリットの変わり目が極端に感じられる部分があります。

前者は音色変化自体は良好なものの、レイヤーごとの音量がやや一本調子です。このためシーケンスを組んでいると「この音をもっと小さくしたいが、ベロシティを下げると別レイヤーになってまた極端に変わってしまう」となり、行き詰まることがあります。

後者は最強ベロシティのレイヤーで音色と音量が極端に変化してしまうため、やや使いづらくなっています。演奏方法そのもの完全開放と言えるもので、他のレイヤーとはやや異なります。このため、オープンハイハットの最強ベロシティは使いどころが難しいです。

前者を効果的に抑えて使い易くするには、MIDI I(Dymnamic1)を捻ってベロシティ>アンプボリュームのアマウントを増やしてあげるのが手っ取り早いです。これによって、少なくとも強レ イヤーのスネアは同じレイヤー内でベロシティが変わったときに音量も変化するようになり、使いやすくなります。

また、Protean Drumsはほとんどのプリセットがモノラルになっている(Proteus2000シリーズは基本的にそう)ため、パンを振ってあげるには複数のチャンネルを使用する事になります。
これについてはXの方が柔軟で、波形ごとに直接パンを指定することができます。ただし作業の手数は多くなるので、良く使うキットに限ってエディットしておいた方が良いでしょう。
もともとパンニングされているプリセットも収録されていますが、位相がずれたような若干の違和感があります。

有名なバグとして、Protean Drumsを1uモジュールに搭載すると、プレビュー機能に不具合が生じるというものがあります。
これは開発時にPX-7の筐体以外での動作確認が行われなかったことによるもので、症状としては「デモソングとSuperBeatsModeプリセットのプレビューにおいてキックしか聞こえない」というものです。
また、SuperBeatsModeをMIDI経由で演奏することは可能ですが、単体でのプレビューによる演奏が出来ないために、MIDI OUTさせてシーケンサーに記録することが難しくなっています。
方法としてはシーケンサでパターンのトリガーキーを入力して発音させ、そのMIDI出力をレコーディングすることになりますが、このとき、トリガー用のキーも記録されてしまうことになります。
記録後に、トリガー用キーを削除する必要があるでしょう。
(そうしないと二重発音になります。)

Xにはフレーズプレビュー(オーディションリフ)やSuperBeatsModeが無いため、ループ音源としての魅力は完全にカットされていま す。(Proteus2000シリーズはオーディションリフやアルペジエーター、BeatsModeの演奏を全てMIDI出力することが可能で、膨大なパ ターン/ループのライブラリを搭載しています。)

ProteanDrumsのサウンドは小さな容量ながらツボを押さえた録音とエディットが施されており、例えばスネア一発の音が持っている「深み」が、他のマルチ音源とは比較になりません。モノラルでドライな単音に奥行きがあるサウンドはなかなか素晴らしいものです。
サウンドキャラクター的には最近の大容量アコースティックドラムのライブラリに近いものがあり、ProteanDrums自体の音も非常に良いものですが、大容量ライブラリに差し替えることを前提にした作曲ツールとしても十分に有用だと思います。

※特にXは、数GB〜数十GBのドラムライブラリさえ珍しくない現在、ソフトウェアサンプラーのライブラリとしては異例なほど小さな容量であるために敬遠されるかもしれませんが、十分に音は良いと思います。
ただ、どっちかというとROMをProteus2000で鳴らした時の方がより好みですし、Xはパターン/ループが一切無いのは若干残念な部分です。
オーディションリフやBeatsModeのMIDIシーケンスをダウンロードできるようになれば良いんですけどね。MP-7やProtesu2500のプリセットソングシーケンスはダウンロード出来るようになってますし、そのうちやってくれないものでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

もうすぐNAMMですね

世界最大の楽器展示会である、WinterNAMMが近付いてまいりました!
毎年この時期は、PCの前でサルとなりますw

今回は、いまわかっているところですと

・Roland:V-Synthの新バージョンや、MV8000の後継機(鍵盤?)
・KORG:新ワークステーション、新ソフトシンセがあるらしい
・YAMAHA:早くも失敗作の風格ただようMOTIF XS、MM6ほか

YAMAHAだけアレな書き方なのは、「ずっこけ感」が大きかったからです><
D-DECKの時よりはマシですけど、例えばXSでは「プラグインボード廃止」「シーケンサのステップ入力廃止」、MM6なら「QY20並のシーケンサ」「発音数がいまどき32音」「アフタータッチなし」。
※32音あれば、ライブ等での1~2パートの演奏程度なら十分だろうと思います。ただ、スペックの数字としてはいかにも寂しい、今時のシンセの数字ではない、と思います。

で、どっちもデザインが微妙。
MOやMOTIF ES同様、音は良いだろうと思うんですけどね。ちょっとデザインで引いちゃって・・・・でも、ミキサーだけは、16chモデルが出るなら欲しいです。
さらなる隠し玉は無いのかな~。

E-MUやKurzweilも展示はあるみたいですが、前情報は無いですねえ。。。どっちも、webサイトすらほとんど更新しないメーカーですしorz
E-MUはひょっとすると新製品無しでラインナップ全展示、Kurzweilは夏に展示されたスピーカーなんかをまた展示ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

ブランディッシュ

Clare4



なんか、ここ数日で無性にやりたくなって・・・・
Win版の「ブランディッシュ4」を買ってしまいました。実家にあるのに(^^;

ちなみに「無性にやりたくなった」きっかけは、PSPにつっこんだPCエンジン版のBGMを聴いていたためであって、よーするにブラ1がやりたかったのですが
クレールが好きなもので(「開発コードネームVT」として初めて雑誌に載ったとき、主人公として紹介された名無しの女の子キャラがクレールでして。その時からがの字はクレールファンなのである・・・・)、VTがやりたくなり、98版のCD-ROMを実家から持ってきてなかったかな~と探してみたら見つからず、妥協点としてブラ4の廉価版を買ってきた、と

訳の分からない流れですなw

一般にはブラ2が人気かも知れませんが、僕は1とVTが好きです。目的がシンプルなのと、ボリュームがやや小さめでちょうどいいからでしょうか。

さらにどーでもいいですが、PCエンジン版のBGMってオーケストラ関係とかもろにプロテウスの音ですよね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

年末調整

えーと

今日はちょっとだけ早い給料日でしたが(通常は7日)、 当然、年末調整が含まれてるわけですよ。 少しは(せめて万単位で)還元があると思いますよね?

もちろん期待してまして(あわよくば帰省の費用にでもしようかと思いまして)、今日は早めにでて銀行へ行ってました。 でも、記帳してみたら全然還元されてないの(^^;

先月合格してきたMCP試験の受験料も振込に含まれてるとして、これを除くと普段よりも少なくなってます。

ぉぃぉぃ・・・・・・

まだ明細が届いてないからなんとも言えないけど、場合によっては問い詰めるぞー。
シャレにならん。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

初日の出

明けましておめでとうございます。

・・・・・三日になってから書くもんでもないですなw

さて、先日の日記にもちらっと書いた通り、今年は初日の出を見に高尾山へ行って参りました。

こういうのは初めてだったんですがものすごい混雑!
しかし、雪が無かったこともあって思っていたほど寒くはなく、山の中らしい清涼感が気持ちよかったです。

さめざめと澄んだ空気の中で待ち続けていた分、曙光のまぶしさもひとしお。

今年は良い一年になる、と確信できました。
 Ts2a0113
Ts2a0114_1Ts2a0115_1Ts2a0146






 

Ts2a0152 Ts2a0175




では、本年もどうぞよろしくお願いいたします。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »