« 衝動買いにも程がある | トップページ | ロンウォールの嵐/冬の惑星 »

2007年2月15日 (木)

Kurzweil ME-1のつづき

先日、勢いだけで購入したKurzweilのハーフラック型音源ME-1 microEnsemble(前回は綴りを間違えていました、ハズカシイ)ですが、音が良すぎて困ってしまうほど素晴らしいです。
なんだかもう、コレなしでの生活は考えられないくらいw

Proteus2000やK2000を買った直後もこんな感じで、手近な鍵盤で弾きまくってましたっけ・・・
その割に何年経ってもまともな演奏が出来るようになってないわけですが、まあ、ピアノの基礎ができてないのと、微妙に怠け者なので地道な練習が続かないのが原因でしょうね。

・・・・・それはさておき。

このME-1ですが、メーカーのwebサイトを確認したところ、システムバージョンによって機能に違いがあるようです。これについては日本語の情報が見つけられなかった(代理店のサイトにも書いてない・・・なんとかしてほしい)ので、ここで書いておきますね。

まず、システムのバージョンには「エンジンバージョン」「フロントバージョン」の二種類があり、追加機能はフロントバージョン1.2以降で利用できます。

確認方法は、「bank/menuボタンを押しながら電源を入れる。」
すると、ディスプレイにKURZWEILの文字がスクロールしていくところまでは通常と同じですが、この後にバージョンが表示されます。

(表示の例)
KURZWEIL_■_EV12_FV13 ・・・エンジンバージョン1.2、フロントバージョン1.3

フロントバージョンが1.2以降の場合は追加機能として任意チャンネルのON/OFFが制御できるようになります。

その操作方法は次の通りです。

・channelモードで、操作したいチャンネルを指定する。
・bank/menuボタンを押すと、channelのランプが点滅する状態になる。・・・これがチャンネルオフの状態。
・もう一度押すと、channelのランプが点灯状態になる ・・・これがチャンネルオンの状態。

また、もしもバージョンが古い場合にアップグレードを希望するとしたら、ディーラーへ連絡して作業を依頼する必要があるみたいです。どうやらMIDI経由で簡単に済ませることは出来ないみたいですね。これが日本でも出来るのか(株式会社ハーモニックスが受けてくれるのか)は確認してませんが、たぶん大丈夫だと思います。

なお、フロントバージョン1.2と1.3の違いについては情報が見つけられませんでした。

このように任意のチャンネルをオフに出来るようになると、一気にシステムの中での使い勝手が向上しますね。
別のマルチ音源とMIDI Thuruで接続してシェアしたりするには必須でしょう。

ME-1ではこれが出来ないことが大きな欠点として知られているみたいですが(例えばharmony-central.comのユーザーレビューでも指摘されている)、実は出来るようになっていたんですね。

そこまでする人がいるかどうかは不明ですが、例えば二台のME-1をMIDI接続し、さらにYAMAHA MEP-4のようなMIDIプロセッサを使ってノートナンバーを振り分けるなどしてポリ数を増やすことも可能ですね。ソフトウェアならMIDI Yokeで同じような事が出来るでしょうか。

なんにせよとても素晴らしい音源モジュールなので、こういう機能があるんだと知って嬉しくなりました。

|

« 衝動買いにも程がある | トップページ | ロンウォールの嵐/冬の惑星 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

突然のコメント、失礼します。
しかも、1年以上前の日記に対しての
コメント、重ねて失礼いたします。

一昨日ネット通販にて、僕もME-1を購入し、本日送られて来まして、早速マスターKeyをMIDI接続し、音を出してみました。
仰るように、凄い良い音でニコニコ顔で弾いていたのですが、あることに気付いたら、気になって仕方なくなりました。

ピアノ音源セクションの
BankA~B全てに現れている
症状なのですが、
MIDIノートナンバー91のG音
(中央C音キーより2オクターヴ上のGです。)より上の音を弾くと、
サステインがかかった感じになってしまいます。
エフェクトをドライにして、スタッカート気味に弾いて離鍵しても、約1.5秒くらいのサステイン効果がわかります。特にその左隣のF♯とGを交互に弾くとはっきりとわかります。
マスターKeyも2種類使用してテストしましたが、同じでした。

こういった症状って、出たことありますでしょうか?

因みに、その他の音群BankC~Pは、そのような症状は全く出ておりません。ピアノ音源の部だけです。

“ME-1”で検索してこちらを見つけ、勢いで長いコメント書いてすいませんでした。何かご存知のことなどありましたら、教えて頂けませんか?

コメント失礼しました。

投稿: ritmoexotico | 2008年6月20日 (金) 18時31分

何度もすいません。

先ほどのコメントで、
【エフェクトをドライにして、スタッカート気味に弾いて離鍵しても、約1.5秒くらいのサステイン効果がわかります】と書きましたが、さらに判明したのは、エフェクトはドライなのに、件の#91・G音より上の音は、サステインと一緒にリヴァーブもしっかり利いております。これ、明らかに不具合だと思います。
が、こんな特定の音階だけサステイン&エフェクトがかかったままの不具合なんて、よくある症例なんでしょうか?

改めて何度もコメントすいません。失礼しました。

投稿: ritmoexotico | 2008年6月20日 (金) 19時12分

> ritmoexoticoさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
確認してみたところ、確かにG6以上の鍵盤ではリリースがやや長めになっています。
リバーブは(offの状態なら)かかっていない気がするのですが、微妙な感じですね。

これは仕様だと思いますが、なぜこういう仕様なのか想像すると、グランドピアノのこの音域が(サンプル機では)こういう鳴り方なのでしょうか。
確か、ここってダンパーが効かないなど他の音域とは構造が違う部分だったと思います。

そのあたりの関係でこうなっているのではないか、と思うのですが・・・・
(でもME1ではこの音域でもダンパーは効くんですよね)

個人的にはこれまで気になりませんでした。

投稿: がっでむ | 2008年6月20日 (金) 22時53分

がっでむ様

ありがとうございます。
やはりそうなんですか…。

コメントにも書かせて頂いたんですけど、
左隣のF♯(ノート90)と、Gをトリルで弾いたりとか、そのG音の2オクターヴ下とのユニゾン弾き(ラテンとかでよくありますよね)をスタッカート付けて弾くと、あまりの音切れ・質感の違いにクラクラッと来るんですよね(笑)。

以前、というか今でも使っている
カーツウェルのK1200は、
そういう症状が出ていなかったので、
余計に気になったんです。

実は今、ミクシィの“カーツウェル”のコミュを見つけたので、そちらでも意見を募ろうかなと思っていたところでした。

貴重な意見ありがとうございました。

投稿: ritmoexotico | 2008年6月21日 (土) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159736/13913773

この記事へのトラックバック一覧です: Kurzweil ME-1のつづき:

« 衝動買いにも程がある | トップページ | ロンウォールの嵐/冬の惑星 »