« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

キーボードマガジンがオルガン特集だったので

オルガンの音色を作ってみました。
例によってEmulatorX/ProteusXのフォーマットです。

http://homepage1.nifty.com/goddem/k4b3.exb.zip

(ちなみに容量は、およそ1MBです)

元ネタはまたまた例によってKAWAI K4r。
で、「オルガンの波形」をサンプリングして作ったものではなくて、ハモンドオルガンの構成を真似て音程の異なるサイン波を9つ重ねて作ってあります。

※ちゃんと、実際のトーンホイールオルガンと同じ音程になっている・・・はず

MIDIコントロールのA~Iをそれぞれのレイヤーの音量に対応させており、これらがドローバーとして機能します。

モジュレーションホイールはレスリーのON/OFF(なので、ホイールを使うよりもOFFで0、ONで127のスイッチにCC1を割り当てる方がよい)、フットスイッチ1(ダンパー)で回転速度のSlow/Fastを切り替えられます。

LFOの速さやバラツキ、各音程ごとの最終的なバランスなど煮詰めるべき部分は多いですが、いちおうオルガンっぽい音は鳴ります(^^;
レスリーがねー、シミュレータが無いので普通にLFOを使って頑張るしかないのがなんとも。音程、音量、パンをそれぞれ変調することでそれっぽくはなるんですが、やっぱりほど遠いというか。ダメじゃんw

パーカッションは再現できてません。MIDIコントローラを2つクロスフェードに設定して、それぞれで1'と3'をミュートする代わりに別レイヤーを発音させる、とか考えたのですが 、パーカッションそのものの音がうまく作れなかったもので。

このオルガンは微調整の上で、K4Eのプリセットの一つになる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

アワーズ7月号

ヤングキングアワーズ7月号、買ってきました~。

というわけで恒例?の感想

・水惑星年代記
久々?にドSFな感じ。いや、ドでもないか・・・・?
この間の画家の話ほどじゃないけど、やっぱり面白いです。

・ワールドエンブリオ
主人公の「黒い」表情で吹いたwww
真面目な場面なのに・・・・

・惑星のさみだれ
全体的にラブい。白道さんの出番がないので僕のテンションは低いですがw

・夢のアトサキV
こいつら全員俺の敵

・特ブ
華麗にスルー!早く終われ。

・恐怖の宴
ちょっといい話?
それよりもこのお坊さん、前に除霊失敗した生臭坊主じゃねーか?(^^;

・ナポレオン
ド迫力、読んでいて体温が上がるのが分かる感じ。無言で駆け出すナポレオン、そしてランヌ、かっこえええええええ!!!
来月号を一刻も早く読みたい!!!

・ヘルシング
なんか載ってた、って程度の認識です

*別枠*「超人ロック 凍てついた星座」

四つ子のエスパーハンターは、いるだけで笑えますw

メインは、ロックvsパエトン。
とりあえず、ロックの反則ぶりが改めて確認できるバトルでした。
切り飛ばされた腕を再生するとは・・・ナメック星人かお前は!!しかし「オメガ」では腰からまっぷたつにされたあと、上半身から復活した例もありますからなあ・・・・(^^;

200隊1で肉弾戦やって勝つとか、まじ「ありえん!」
魔女の世紀では80人のエスパーを一人で全滅(しかも殺さずに戦闘不能に)させてましたが、今回の200人は普通の賞金稼ぎだからむしろ楽なのかも。
・・・・・ロックって、フリーザあたりとなら戦えそうですw

ところで今月のロック、最初はマトリクスコピー(超人ロックに出てくる超能力の一つで、遺伝子の設計図をコピーすることで、物理的に全くの別人に 変身する能力)で女性として出てきます。(そして後半は本来のロックの姿に戻り、かわいいミニスカート+黒ストでアクション・・・・笑わせにきてるとしか 思えぬ)

まあ、先月号のラストで変身してましたが、
この女性の姿がちょっとかっこいい&かわいいw
先月も2ch等で話題になってましたね(^^;

これが誰のマトリクスなのか、「クミ・ニールセンだ」「佐々木ちゃん(アワーズに連載されていた別の漫画のキャラ)だ」と言われていましたが、僕は「守護者キャンサー」じゃないかと思います。

ちょっとマイナーすぎますが、「赤いサーペント」の最後に出てきたクローンの一人です。ロックに一瞬で消し炭にされていましたがねw

というわけで、その「変身したロック」と、本シリーズのキーマンと思われる「レオノーラ」のラクガキをしてみました
レオノーラの髪型は一種のギャグなのだろうかw

070530locke

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

ちょっと忙しくなります

23日の午前中に会社に出向きまして、退職の意志を伝えてきました。
意外にも慰留して下さったのですが、最終的には意志を尊重してくださり、現状では6月末を目処に調整していくことになると思います。

今住んでるのは社宅ですので、引っ越しをする必要がありまして(前にも書いたと思います)お金が無いのと、荷物が多いので大変です(^^;
ローンを組める部分はそれで行こうかと。

で、さすがにこういう事は実家にも電話で連絡したんですが、どうも、

妹がこのブログを見つけてしまったらしく、非常に参ったというか、なんというか、こういうのって知らない人に見られているのは嬉しいけど、身内には見られたくないですよねえ(笑)
自画像代わりに使っているインコの写真の事まで言われてしまったので、ガチで見つかったと考えて間違いないでしょう
ある意味オワタ。


070523moko




だが画像を貼る

なんというドM・・・・

初描きの藤原紅妹(東方永夜抄)です。実は僕、例大祭で発行された「竹林結界」に音楽アレンジで参加させていただけまして。
で、けーねサンは一度だけ描いたことがあったんですけど紅妹は描いたことが無かったもんで、いつものようにラフですが、ちょっと描いてみました。

見ての通りの濃い感じで、なんとなく「あー、俺の描くイラストって段々と目が小さくなってるよなー」とは思っていたんですが、こんな感じになってます。
別人度65535。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

音楽する人の宿命(?

音楽が趣味の人は大抵、似たような悩みというか癖があると想うんですが・・・

作曲のアイデアが浮かぶ、どころか曲自体が脳内で鳴り始めるのは、僕の場合は大抵、仕事帰りなどの歩行中。

ハナウタをうたいながらでも、帰ってきた頃には忘れておりますorz

ぎゃおーー
コレを避けたくてレコーダー(PS04)買った事もあったんですけどねえ(^^;
忘れる!www

うばああああああああああああああ





ウボァー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

博麗神社例大祭4 & 6ix Hour Party !!! vol.3

最近はちょっと忙しいです。仕事も趣味も・・・とぃうわけで、イベントが二つ重なった20日は忙しかった・・・・

○例大祭
北海道から友人が来ておりまして、当日朝は普通に起きて、吉野屋でふたり飯をかっ喰らっている時に電話で呼び出し(^^;
僕はどうも、こういうイベントの経験が少ないせいか、タイムテーブルがズレてるみたいで・・・・軽く怒られつつ会場へ到着。

(ちなみに友人も東方は知ってるんですけど、サンシャインシティまで行き行列を見て離脱)

新作にはあまり興味が無かったため、一般列で会場へ。
今回初参加で見事当選を果たしたマイミクさんの音楽CD、ゲスト参加している合同誌を購入しました。これは名前とか書いてもいいのかな?いいよね(一人結論)

「東部開拓地」さんの音楽CD「卒塔婆刀」です。合同誌の方にもおまけCDがあって、2曲収録されてます。これは良いですよ~。後で聞いたら(作成した数も多くはなかったとはいえ)あっというまに完売したそうで、まずはおめでとうございます。再販も考えているらしいです。
次に自分の参加していたCDをもらって、あと3軒ほどのサークルさんを廻って用事終了。
その後ぶらぶらして、なんだかんだと即売会終了まで会場におりましたw
ぶらぶら中に勢いで買ったものも3冊くらいだったかな?
周りの人に比べればヘタをすると1/10位のものですが、それでも思っていたより予算を使っちゃいました。

結局、新作「東方風神録」の体験版はスルー。
もう作品の難易度にも、ファン界隈の「Extraクリア出来ないヤツはファンじゃない」な空気にもついていけないと思われるし、正直ついていきたくもないので、コミケのさらに後、委託を待って周りの評判を考えてから買おうと思います。

もう一つの新作「東方緋想天」は、どうやら実演をやっていたようですね。これも動いてるところは見ませんでしたが、ペーパーだけ見てきました。
またあのキャラ絵なので、スルー決定。どんだけ見た目で判断するんだ、って感じですが。

その後はアフター・・・・だったのですが僕はお茶の水行きのため離脱。アフターは相当盛り上がったようで、どちらかというと即売会よりこっちに行きたかったなあ・・・
来年もあるようなら、参加してみたいです。(でも即売会スルーして入場、って出来ないんじゃないかな・・・)

とにかく、みなさんお疲れさまでした。

一旦帰宅し、しばしグロッキーになってからお茶の水のjanisへ。
6ix Hour Party !!! vol.3は無料で聴けるDJイベントです。
今回は終わりが近くなってからになっちゃいましたが、20:00からのDJ「よろよろダブ」さんのトラックが最高!
インド/アラブっぽい音楽や、ブラス/パーカッションが暑い(熱いよりもこっちのほうがw)ラテンサウンド、さらには「8時だよ!全員集合」なんかが飛び出してくる異色のダンスチューン。
そう、ちゃんとノリノリなダンスミュージックになってるんです。
VJさんも「どういう映像を選べば良いかすごく困った。次回はバッチリはまる映像を用意してリベンジしたい」みたいな事を言っていました(^^;

終わった後はリンガーハットで軽く・・・いや、セットがあんなに多いとは思わず、全然軽くは無かったんですが食事にもお邪魔しまして、帰宅後爆睡、ついさっき起きたところです。

目覚ましいれてませんでした。仕事が午後からで良かった・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

東方緋想天www

http://www.tasofro.net/

まだバナーしかないようですが、萃夢想の続編なんですかね。

前回はアクションの皮を被った作業ゲー、って感じで個人的に遊べたもんではありませんでした。あのアニメ絵もすごく嫌だった。 (動いてるドット絵は好き)

・・・・今度はちゃんとゲームになってるんでしょうか?

ま、スルー決定www

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

お勧めの呑み屋さん(ぉ

長年の朋友でもある某マイミクさん、および関連で知り合った方々とよく行ってるお店を一軒、ご紹介。

http://r.gnavi.co.jp/b408900/menu2.htm 

四谷駅から歩いてすぐにある、「こころ屋」さんです。
リンク先の写真はちょっとどぎつい色ですが、実際はもっと落ち着いた感じの良いお店ですよ~。

北海道の料理、とありますが、魚なんかが普通に美味しいので料理の名前なんかはあまりわかってる必要はありません。お店のスタッフの方々も非常に気さくなので、こっちが人見知りするのでなければ何でも聞いてしまっておk。
よほどの事でなければちゃんと教えてくれますw 

マスターが台湾の方なのでそっちの料理も本格派。時期によっていろいろと変化するみたいですが、今のところ("おまかせ"でも)ハズレなし!!です。
珍しい食材を使ったものも多く、「これ何かわかる?」なんて聞かれることもあります(^^;

個人的なお勧めは羅臼産のホッケ。シーズンにもよりますが、身が厚く脂ののったものが一尾どーんと出てきます。結構なボリュームですよ。
開きになってるので、ホネが被ってるほうをひっぺがして食べるようにしましょう(こっち側の方が数段美味いのだ)。

で、まあ、昨夜も行ってきまして、あんまり寝ないで12時間勤務してきて、寝不足だ、と(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

渋谷電気まつりVol.10 (5/5)

002_1




渋谷ROCKWESTにて。

例によって、お誘いのメッセージをシカトする形になってしまいましたがしっかり行ってきました。メッセージに気づくのが大抵は出発後(^^;

今回は16時頃からスタート。セットリストは次の通り。

************************************************
1.錦鯉
2..ナパームタニ+タク+橘無線
3.Boeing929
4.naotronica
5.BUZORI
6.ティーイベ
7.オレンジ電気株式会社

DJ:しじみひばり(少女記号)
VJ:橘無線

***************************************************

最初は「錦鯉」。VJはBeatさん。

女性ボーカルとベース、ギター、ドラム、キーボードというオーソドックスなスタイルですが、
普段は打ち込みトラック+ボーカルでバンド編成での生演奏は初めてだったのだとか。
歌のパフォーマンスに微妙に照れがあったように思えましたが、歌・演奏・曲いずれも良かったです。特にボーカルの良々(りょんりょん)さん、ハイトーンでビブラートをかけるのがうまく、楽曲中のここぞ!!というところでびしっと決まっていました。
ある意味、マーカス・ミラーのベースみたいな感じを連想(^^;
そうそう、ベーシストのIL GATTOさんのプレイはリズムもダイナミクスもとても安定しており、バンド全体をがっしり支える強力なものでした。

「錦鯉」自体のwebサイトは・・・フライヤーには書いてないっぽ。
ボーカル良々さんのサイトはこちらです

ナパームタニ+タク+橘無線、はちょっとダークな世界観のテクノユニット。
前回の電気まつりではナパームタニ+タク、でしたが今回はVJの橘無線さんが参加。
ノートPCとmicroKORG、というシンプルなセットが繰り出すファットなシンセサウンドと、タクさんのメタリックなギター、ハードなエフェクトワークが絡み合います。
タクさん、体調不良ということだったらしいです。お疲れさまでした。
ナパタニさんのwebサイトはこちらです

Boeing929、は弁慶さんのテクノインスト・ソロプロジェクト。
コミカルな語りとは裏腹に、エッジの効いたハイテンポなトラックが響きわたりました。
いずれも音のインパクトだけでなく細かなギミックが盛り込まれた丁寧なサウンドで、聴けば聴くほど味が出る!という感じです。
muzieで聴く事も出来ます。

naotronicaはボーカルの"冴木まゆ"さんと濱田巨樹さんによるユニット。
「実はノリがかみあってない」そうですが、軽妙なトークでございました。面白かったですw
"冴木まゆ"さんは大きな振りのあるパフォーマンスとともに、確かな歌唱力が魅力だと思います。ウィスパーボイスから張りのあるトーンまで、安定してまんべんなく歌い上げる力は相当なもののはず。
ウィスパーボイスをメインにした曲で始まり、次第にラウドになっていくライブ構成も巧みで引き込まれました。
naotronicaのwebサイトはこちらです

BUZORIは男性3人によるハードコアなテクノバンド(って言う表現で、ジャンルとしては良いのかな?)。
ヒップホップ的な、匂い立つダーティさがあるトラックに乗った派手なボーカルは、ちょっと、いやかなりコミカルな内容。しかしイロモノではなく声量があり普通にすごいです。オペラなんかも歌えそうな声です。
BUZORIのwebサイトはこちら

ティーイベさんは昨年のシンセフェスタで行われた「シンセサイザー最強パフォーマンスコンテスト・松武部門」グランプリに輝いた方でもあります。
伝統楽器やボイスによる和のテイストが融合したトランシーな楽曲は健在!一番踊ってたのがこのティーイベさんの時でしたw
トレードマークの「ピコ将軍」もまた一段と進化したご様子。
ティーイベさんのwebサイトはこちらです

トリを飾ったのは、主催者でもあるオレンジ電気株式会社さん。
曲目はMC-909に仕込まれており、いずれも完成度が高いトラックです。うち二曲はBoeing929さんとコラボレーション。
また、オールドゲームのサウンドをフィーチャーした楽曲もありさすがにバラエティ豊かな展開でした。最後の最後を飾った「Machine Techno」は機械による演奏がテーマなので、オレンジ電気さん(社長)は「なにもしないのがパフォーマンス」。ある意味すげえ!!w
オレンジ電気株式会社さんのページは休止中らしいですが、ブログはこちらです

そんなわけで、ちょっと長くなりましたが感想など書いてみました。
半端な知識なので言葉が適切でない部分もあるかもしれませんが、ご了承ください。

終わった後は、片づけのお手伝いなどさせていただいてそのまま飲み会に突入。出演者ですらないのにおそれ多い気もしますが、いつもこういうノリらしいですw
ちなみに僕は電気まつり翌日、つまり今日6時起きで仕事www 遅刻はしなかったけど眠かったおwww

前回もお邪魔していたんですが、今回はさらに、さらに密度が高くサウンドも充実したイベントになっていたと思います。次もぜひ!!お邪魔したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月 5日 (土)

Emulator X用小物バンク(シンセ効果音)

今日・・・って言いますか、4日はお昼から音色作りをしていました。
最初はEmulator XとE6400 Ultraの間での音色のやりとりだったんですが、途中でちょっと思いつき、効果音のキットを作ってみました。

http://homepage1.nifty.com/goddem/FXs.exb.zip

Emulator X/Proteus Xシリーズ用のバンクファイルです。大体12MBくらいのサイズなので、Proteus X LEやProteus VXでも使用できると思います。

音自体は2年くらい前に作ったもので、DX7IIFDとSynth1で作成しています。
約50種類の効果音を白鍵盤に展開してありますが、特に作り込んでいるわけではなく、試作品みたいなモノとなっています。
効果音はいろいろと弄り甲斐があるので、時間がある時にちまちまと作り込んでいきたいですね。

http://homepage1.nifty.com/goddem/FX.mp3

こちらは、上の音色バンクを使って作成したデモ曲(ってほどちゃんとしたものでもない)です。EmulatorXに上記の音色バンクを立ち上げ、他にWIRED、M1、MiniMogueVA、TriangleIを使用しました。
曲としてはかなりアレ。でも久しぶりに一日でがーーーーっと作ったら楽しかったなあ。
しかも音色を仕込むところからですからね。これがまた、面白いんです。

いつか、一台のアナログシンセで作った音だけで作曲、とかやってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月 2日 (水)

引っ越し先探し

実は、夏を目処に転職しようと考えています。
とは言ってもまた違う業界に、ということではなくて、今の仕事(実際の業務)を続けるために、所属会社(出向元)を乗り換えよう、ということです。

で、今住んでいるところは所属の会社が借りてくれている社宅なので、転職となったら当然出なくてはならないわけで、しかし貯金なんて出来てません(ぉ
※給料が良くないのも確かなんですが、そら中古とは言え楽器買ってるからなあ・・・・(^^;

移ろうと思ってる会社は引っ越し代くらい面倒みるよ、と言ってくれてるのですが、おんぶにだっこでは何となく落ち着きませんしねえ。
とか思っていたら、業者さんによっては敷金礼金前家賃といった初期費用を分割にしてくれるところもあるようで、そういうところも探してみることにしました。

安くて広いところが多いっぽい、板橋区はどうなのかな~と思ってます。
多少古くてもいい、ある程度安くて広ければw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

E6400 UlrtraのHDDを交換

先日のことになりますが、E6400Ultraのフタを開けてHDDを交換しました。

001



オプションが無い状態ですと、中身はかなりシンプルな構造になっていますね。
ちょっと写真が小さいですが、左側にはFDDとHDDが前後に並ぶ形で搭載されています。
(HDDは標準搭載ではないので、前のオーナーが載せたのでしょう)

002



別のアングルから。FDD、HDDはそれぞれドライブ底面のビス穴によって、E6400Ultraのシャーシ側面に固定されています。
このHDDはIDEで接続されていますが、フラットケーブルの陰になっている部分には内部SCSI端子も付いておりHDDなどを搭載できるようになっています。
(その場合にHDDを固定するための金具は別売りで、現在の入手はかなり難しそう。汎用品を使用する場合には多少の加工も必要なようです。)

今回は、Windowsマシンで以前使用していた120GBのHDDにそのまま載せ変えてしまいました。通常のIDE接続ですので、作業は簡単です。
この容量ですとEOSのバージョンが古い場合には使用できなかったかも知れませんが、EOS4.7にアップデート済みですので問題なく認識され、フォーマットして使用出来ています。
ただ、想像ですがE6400Ultraを含むE4Ultraシリーズは98年頃の設計であるため、120GBより上の製品(160GBなど)になると正常に使用できないかも知れません。
PCでもあった事BIG DRIVE問題というやつですね。確か138GB以上のものが使用できない、とかなんとか。

さて、これだけの容量があれば手持ちのライブラリは全部ぶち込んでもまだまだ余裕があります。もう足りなくなることは無いでしょう。

で、早速手持ちのCD-ROMを取り込み始めたんですが、EOSフォーマット(E4シリーズフォーマット)の「Techno Synth Construction Yard」で問題発生。
ドラムループやシンセのサウンドバンクに、読み込み出来ないものがありました。最初「Backup」コマンドで行っていたのですが、気が付くと進捗が15%や23%で止まっており、CD-ROMドライブも停止している状態だったのです。
念のため再試行したり、単純にロード出来るか検証してみたのですが、ダメでした。
以前はこういう事はありませんでしたから、ドライブの汚れ等が原因で無いとすれば、EOSが4.7になったことによる弊害かもしれません。

ちょっと注意が必要ですね。

(読み込み出来なかったバンクは、EmulatorXで一度読み込んだものをEOSフォーマットでMOに保存して、それをE6400Ultraで読み込む・・・・という形で試してみようと思います。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »