« アワーズ7月号 | トップページ | 引っ越し決定 »

2007年5月31日 (木)

キーボードマガジンがオルガン特集だったので

オルガンの音色を作ってみました。
例によってEmulatorX/ProteusXのフォーマットです。

http://homepage1.nifty.com/goddem/k4b3.exb.zip

(ちなみに容量は、およそ1MBです)

元ネタはまたまた例によってKAWAI K4r。
で、「オルガンの波形」をサンプリングして作ったものではなくて、ハモンドオルガンの構成を真似て音程の異なるサイン波を9つ重ねて作ってあります。

※ちゃんと、実際のトーンホイールオルガンと同じ音程になっている・・・はず

MIDIコントロールのA~Iをそれぞれのレイヤーの音量に対応させており、これらがドローバーとして機能します。

モジュレーションホイールはレスリーのON/OFF(なので、ホイールを使うよりもOFFで0、ONで127のスイッチにCC1を割り当てる方がよい)、フットスイッチ1(ダンパー)で回転速度のSlow/Fastを切り替えられます。

LFOの速さやバラツキ、各音程ごとの最終的なバランスなど煮詰めるべき部分は多いですが、いちおうオルガンっぽい音は鳴ります(^^;
レスリーがねー、シミュレータが無いので普通にLFOを使って頑張るしかないのがなんとも。音程、音量、パンをそれぞれ変調することでそれっぽくはなるんですが、やっぱりほど遠いというか。ダメじゃんw

パーカッションは再現できてません。MIDIコントローラを2つクロスフェードに設定して、それぞれで1'と3'をミュートする代わりに別レイヤーを発音させる、とか考えたのですが 、パーカッションそのものの音がうまく作れなかったもので。

このオルガンは微調整の上で、K4Eのプリセットの一つになる予定です。

|

« アワーズ7月号 | トップページ | 引っ越し決定 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159736/15270838

この記事へのトラックバック一覧です: キーボードマガジンがオルガン特集だったので:

« アワーズ7月号 | トップページ | 引っ越し決定 »