« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

Proteum Patch Editor

http://www.emigr8.me.uk/music/tools/Proteum.htm

Proteus2000シリーズ(PK-6等のキーボード、MP-7等のコマンドステーション含む)のエディターです。

前から知っていましたが、どうしてもパネルを直接触るほうが早いと思い、ダウンロードだけして試していませんでした。
今日はちょっとヒマだったのでダウンロードしたファイルを解凍、初めて触ってみました。


初回起動時はMIDI周りの設定を行った後、音源のプリセット情報を吸い上げる処理があります。
その後は普通にエディットができるようになります。
このメイン画面ではアルペジエータの操作やオーディションリフの演奏も可能です。


エディットの画面は、最上段がレイヤーの選択で、波形の割り当てや、ベロシティ/キーナンバー/リアルタイムクロスフェードの設定、パッチコードの呼び出しなどを行います。

レイヤーごとにエンベロープやLFOの設定が一望できるので視認性はよいと思います。
全体的に良く出来ていますが、環境の問題なのかいくつか難点がありました。

・パッチコードのエディット時、1-24の全てを表示できない
ウィンドウを最大まで伸ばしても長さが足りず、22までしか表示できません。逆に、ウィンドウを縮めてあげると24まで表示できますが、今度は1が表示されなくなったりします。

・数値の直接入力ができない
各パラメータの数値はスライダーでの調節しかできず、数値の決め打ちが必要な場合にかえって不便です。

・音色の保存が出来ない
致命的(^^; 正確には、保存場所の指定が出来ません。
たとえば、User1:001の音色をエディットしてそのまま上書きがしたいのですが、保存場所が勝手に1:002にされてしまいます。
しかも、ここで保存場所の変更を促すダイアログが出るものの、実際に変更しようとしてもなにもできなくなってしまいます。(再度音色リストが出るので、保存先にしたいところをクリックしても何も反応しない)
で、×でダイアログを閉じると今までのエディットが水泡に帰してしまいますorz

音色の保存方法だけちゃんとわかれば充分使えるエディタですが、個人的にはProteusの操作性が悪いと感じたことが無いのであまり必要性を感じません。

Proteum1

Proteum2


Proteum3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

超人ロックのラクガキ

新刊「超人ロック エピタフ(2)」があんまりにも面白かったので勢いでラクガキ。

まあ、年に一度しか描かないものなんなので。
ラクガキなんで、はみ出し上等です。

081124

↑こっちはPixivのリンクです。
ココログだと画像がめちゃくちゃ縮小されてしまうので。ほんと、以前より不便になりましたね(--;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

Xtreme-Lead1をバラしたりいろいろ

Sh010072


ROMの増設程度ではなく、バラせるだけバラしてみました。

フロントパネルを外すと、液晶画面と左基盤(電源スイッチ、コントロールノブの基盤)は完全に外すことができます。
左側(ロータリーエンコーダのあるところ)は、電源部近くのフェライトコアについている留め金を左右にスライドして外しせば、フェライトコアを開いてフラットケーブルを取り出せますので、これで外せるようになります。

Tomegane


フロントパネルの各部が、基盤ごと蝶・簡単に交換できるのはびっくり。
Proteus2000シリーズはかなりメンテナンス製に優れた設計でもあるようです。
(ボディ側の基盤も、電源部分とメイン部分がセパレートになっていてそれぞれが簡単にはずせるようになっています。)

あと、今回XL-1のROMを外すにあたって、各チップにどんなものが使われているのかメモしてみました。全部ではないですけども。

64voice機というのはXL1、128voice機はオケテウスの蓋を開けて比較しました。

Sh010075

※こっちはオケテウス(Proteus Orchestra) よくみると、基盤上のレイアウトがXL1とはちょっと異なっていました

COLDFIRE XCF5206ECFT40 2J22G OCR0034 (128voice機のプロセッサ)

COLDFIRE XCF5206EFT40 2J22G AMCN9947 (64voice機のプロセッサ)

XILINX SPARTAN XCS05XL (グラフィックス処理チップ?)

EMU8000 IC405A CT1971-Q 0049 AT830.1(128voice機)

EMU8000-TQFP (1995E-MU) IC411A 9739 BD0162.1 (64voice機)

AMI E-MU IC413 Rev.A 0134NUV 6753-501 (128voice機では4つ、64voice機では2つ)

AMI E-MU Rev.A IC402 0148AMO(128voice機ではプロセッサ横に2つ。64voice機ではサウンドSIMMスロット左にp01SBチップ×3を挟んで1つ)

AKM AK4324VF 68116N (メインアウト)

AKM 4324VF 98131N (サブアウト:2つ)

Intel DT28F160 S570 U9470721F (128voice機にはなし?)

JRC 4562 00290 (128voice機:3つ。
JRC 4562 00260 (128voice機:1つ。 メインアウトに290と260ペア、サブアウトに290を1つずつ?)

JRC 4560 9201J (64voice機:2つ)

・・・・・・・・・・・・・って感じです、AKMはD/Aコンバータですね。JRCのはオペアンプ、と。メインアウトとサブアウトでD/Aコンバータが違うのは、もともとメインが20bit、サブアウトは18bit仕様※であることからもわかります。
(ただし、Proteus2000シリーズのサブアウトは実は入力端子にもなってます。そのためのA/Dコンバータを見つけられませんでした)

意外なのがEMU8000(^^; これ、要するにサウンドブラスターシリーズ※※の心臓部と同じものです。XL1のほうに載っているものとオケテウスに載っているものは番号も大きさも違いますが、XL1のほうにはご丁寧に「1995」と書かれていますから、マジでサウンドブラスターのものを使っているようですw

何に使ってるのかは不明。普通に考えればエフェクトなんですが、実は僕のオケテウスは一度故障して修理に出したことがあり、エフェクターを交換して戻ってきています。そのときに、外したエフェクター(のチップ)を見ていますが、EMU8000とは大きさが全く異なっていました。なのでEMU8000は別の目的でしょう。
DSP?でもメインプロセッサはモトローラのCOLD FIREのはずですし・・・・謎だ。

※ただし、Proteus1000以降に生産されたモデルはすべて24bitD/Aに変更されています

※※さらに余談ですが、E-MUのデジタルオーディオシステム(1820や1212m、0404などPCI接続のシリーズ)に使われている「E-DSPチップ」はEmu8000チップの次世代であるEmu10k1(サウンドブラスターLive!とE-MU APSのコア)のさらに次世代であるEmu10k2と同じもので、1820M等では封印されていますが、ハードウェアベースでウェーブテーブルシンセを実装しています。要はサウンドフォントを使ったサンプラーになる機能が隠されています。

B_p2k

うちのProteus2000は9年以上使っていて、ロータリーエンコーダやタクトスイッチがかなりヘタっていました。
今回はXL-1のものを移植し、真っ黒なProtesu2000に生まれ変わりました(^^;

その他の画像はこちらからどうぞ。(microsoftのSkydriveです)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

Xtreme-Lead1

Xl1


ひょんなことから、E-MUのXtreme-Lead1(以下、XL1)を入手しました。

ただこれ、壊れているのです。画像ではかなりわかりにくいんですが、ディスプレイの上半分が全て「■」になっています。
このシリーズ、電源を入れた直後はどの機種もこのような表示なのですが、本来はすぐに各機種のロゴマークが出てきて、それから音源としてのメイン画面(音色表示)に移ります。

また、これもまたわかりにくいんですが、「HOME/Enter」キーが点灯しています。これは入力待ちの状態。実際、押してあげて数秒待てば一応音は出せるようになります。

出音も異常があるんですけどね。

壊れたときの状況を聞くに、どうも電源周りのトラブルで回路に不正な電圧がかかったようです。
液晶画面が死んでいるというよりは、途中のどこかの部品が死んでいるように思えます。
※ただし、僕は電子工作が全くダメなのでほとんど思い込みでしかありません

サウンドROMの生存確認はすでに済んでいるので(譲ってくれた方が確認してくれている)、僕としてはこれのサウンドROMを取り出してしまい、オケテウス(Proteus Orchestraね)に載せて使うつもりですw

このシリーズはデザインが美しいので、本当はこのXL1もラックに入れて使いたいんですけどね(^^;
たぶん、修理すると中古を買うのと大して変わらない金額がかかりそうです。
(コンデンサが死んだくらいならともかく、チップがおかしくなってると素人にはどーしようもないですし)

サウンドROMの移植は、朝になってから改めてやりますわ。
なかなか無いので、内部の写真撮ってうpしますよんw

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

「国籍法改正法案」と「二重国籍取得の容認」に断固反対

コピペですが、広めるために少しだけお役に立てればと思います。

「国籍法改正案」について。

まとめwiki: http://www19.atwiki.jp/kokuseki/

●国籍法改正案とは?
 D N A 鑑 定 な し に、男親が「俺の子です」と認知さえすれば、
 外国人の子供が誰でも日本国籍を取れてしまうようになるザル法案。
 しかも、罰則は超緩い。


●成立すると起こりうる問題
 DNA鑑定不要→偽装認知が簡単 / 母親と結婚していない人でも認知可能→1人の日本人男性で何百人もの認知が可能
 その結果…
 ・人身売買・児童買春など悪質なビジネスが横行
 ・偽装で取得した子供の日本国籍を盾に続々と外国人親族が日本に大挙
  →外国人スラム街が誕生し、治安が悪化。いずれ日本のことを外国人に決定されるようになる。
 ・巨額の血税が、偽装認知で生活保護の権利を得た外国人親族のために公然と使われる  など多数

【周知活動】
 ・チラシ…配る、許可を得て貼る・置く、「うっかり」置いてくる
  チラシはwikiの右メニューにあるので、そこから印刷。プリンタがない人もコンビニで印刷できるサービスあり
 ・とにかく知り合いに口頭やメールで教える
 ・ブログやmixiなどで呼びかける       など


・・・・
今回、「人道的見地から」この法律をよいものと捉える方もいるでしょう。
確かにそういう側面はあります。が、問題視するべきなのは

・悪用がたやすい
・罰則が極めて軽い
・そして、悪用の結果が非常に重大なものになりうる

・・・・・・・・・・・・という点です。
極端な話、ホームレスの方にお金を握らせて『俺の子だ』と言わせるだけでいい※。

すると何が起こるか?

日本国籍の安売りです。ただでさえ、現在でも中国や韓国から「犯罪を目当てに」入国する人間は後を絶たない。

無論、取り締まりは行われており強制送還も行われていますが、そうなると今度は密航してくる始末です。(捏造ではない。ソースは韓国の新聞をチェックしている人ならいくらでも思いあたるでしょう)

こういった危険な人間たちが、合法的に「日本人」になることが出来てしまいます。
DNA鑑定をはじめとした科学的・生物的な検証、審査は一切ない。
男親を演じるのが老人だったらどうでしょう?中年男性のことでも「認知」できてしまうのではないでしょうか?


そして、危険なのが日本国籍による「参政権」の獲得です。

日本に対して敵意を持つ人間は、たとえ日本人であっても参政権など持って欲しくない。それは、日本人としての当たり前の感覚でしょう。アメリカ人なら、アメリカに害なす人間にアメリカの政治への参加をしてほしくないでしょうし、もしも中国や北朝鮮だったら明確に逮捕の対象になるでしょう。

外国人参政権がなかなか成立しないものだから、こういった姑息な手段に出てきたのでしょうか。

この法律は確かに必要とされる面もあるかもしれません。
しかし、国籍はまさに国家と国民の根幹をなす概念であって、それをいたずらに揺るがすことはあってはならないはずです。

せめて厳密なDNA判定、最低限でも国外退去を可能にする厳格な罰則。これらの重大な責任をとってもらえるのでなければ、「国籍」という国民の権利の源泉を与えるには、とうてい値しない。

※「ホームレスの方を侮蔑するのか」とおっしゃる向きもいるかもしれませんが、頭を冷やして欲しい。問題の悪質さでは遠く及びませんが、これは実際にある手口なのです。プレステ3が発売したとき何が起こったか?
秋葉原の各店舗に、相当数の(具体的数字は不明だが、一人や二人ではない)ホームレスの方が並んだ。そして、プレステ3を購入し、元締めに渡して金を受け取ったのです。(中国人が・・・・ってのも良く知られてる話で、ヨドバシだったかで一番目に買った人も外国人だったはず。ニュースになりましたよね)

18日まではまだ間があります。闇討ち的な急展開に、反対派の国会議員の方たちも動き始めました。

とにかく、声を挙げていきましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。「続きを読む」をクリックすると、関連する議員事務所の連絡先を表示します。

続きを読む "「国籍法改正法案」と「二重国籍取得の容認」に断固反対"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

Proteus VXでE-MUのCD-ROMを使う

出来るだろーな、とは思いつつ試していなかったのですが、やってみたらやっぱり出来たので。

E-MUのE4シリーズ/E4Ultraシリーズ用のライブラリを、ProteusVXで使用する方法です。
(とか言って、EmulatorXでもProteusXでも出来るから、これらをご存知の方には面白くもなんともない情報です)

(1)CD-ROMドライブに、ディスクをセットする

(2)ProteusVXの画面左側のブラウザセクションで、下にある「System」タブをクリックする。

Pvx1


(3)ProteusVX上で、CD-ROMの「+」マークをクリックして展開すると、バンク、プリセット、サンプルの各ディレクトリが現れます。

(4)通常は、バンクを右クリックして「Load」してください。
※非常に時間がかかります。

これで、E4シリーズのCD-ROMを読み込んで演奏することができます。

Pvx2

E4用のCD-ROMはたまにヤフオクなどにも出てきますし、英語が得意な方ならeBayで探せばかなり入手しやすいでしょう。ただ、EIII用やESI用のものはこの方法では読み込めず、ProteusVXには含まれていないコンバーターを介してでないと読み込めないので注意が必要です。

黒いジャケットの「Producer Series」のラインナップ(「Producer Series Vol1」、「2」、「Old World Instruments」「3D Audio Collection」など)、Rob Papenの「Techno Synth Construction Yard」(水色をバックに茶色い「EOS」の文字が入ったジャケットのもの)、「Millenium Synth」(黒いジャケットで、白い描線の手と鍵盤のイラストがあしらわれたジャケットのもの)、などがE4用のCD-ROMになります。
「Super Strings」なんかも有名ですね。

もしもお店で中古を発見できれば相当安いでしょうし、今売っている専用ライブラリーには収録されていない音もありますので、ぜひ試してみてください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

洒落た死に方を考えて、憂鬱な時を過ごす

マイミクの某師の日記に便乗したネタ。
タイトルは・・・・・・mixiやってる東方ファンなら見たことあるかもしれませんねw

Sh010064

Sh010062

Sh010063


難波弘之氏のアルバム「ブルジョワジーの密かな愉しみ」(最初の画像)の、同名の曲の歌詞だったりします。この後は「夢みる詐欺師とも 遊びあきた週末」・・・・と続きます。

切れ味鋭いシンセサウンド、そうる透氏による、比類なくパワフル&ビッグな80'sドラムサウンド(たぶん、知らない人はびっくりするレベル)、小室和之氏のテクニカルで太いベース、そして難波氏の鬼のような演奏と優美な歌声、実に聴きどころの多い佳曲です。

僕が2004年に初めて東方(妖)をやったとき、音楽の印象からまっさきに感じたのがこの難波弘之氏の作風との共通点でした。まあ、ベースラインが変態だったので「プログレかよ!?」って思った印象が強かった、ってのもありますがwww

あと、「飛行船の上のシンセサイザー弾き」(3番目の画像)なんかも「大空魔術」「卯酉東海道」あたりへの影響が大きいように聞こえます。特に後者には・・・・。
(音楽CDのブックレットのショートストーリー、という表現方法も難波氏の影響大だと思う)

神主はホームページでの好きなミュージシャンに挙げてないところで、多大な影響をもらってる人が多いみたいですよん。
(というか、むしろホントに影響を受けた相手のことは伏せているんだろうなあ、って気もする)

同じく妖の曲名にある「Who done it?」も、これ言葉自体は普通に昔からある言い回し(の、ミステリ用語)ですが、たぶん難波弘之氏の同名の曲の引用かもしれませんね。何しろ、この曲は同じタイトルでパート1とパート2があるんですよw

紙ジャケで再発されたみたいなので、興味のある方は手にとってみてくださいな。
僕も持ってない分を買いに行きますw (全然知らなかった!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

音楽ソフトを買ってきた(2)

昨日の記事に続いて、FL Studioでの曲作りをしてみました。

http://homepage1.nifty.com/goddem/081109-2.mp3

昨日のものに比べると、だいぶ楽曲っぽくなったかなあ、と思います。慣れてくると使いやすい、良いソフトですね。

Fl8_2_2
※すでにFL Chanを踊らせて遊んでます。なんか全体にピーマンみたいでかわええ。

マルチティンバーの音源ソフトも無事使用できました。
外部音源は今回使っていませんが、番号を設定してあげればいくつものポートを別々に制御できるようです(最初、この「番号を設定する」ことがわからなくて「選択したポート一つしか使えないのか?」と思ってしまいました)。

これはFruity Editionなのでソフトシンセが少し少なかったり、デモ版(セーブするときに削除しなきゃいけない)だったりしますが、まあこの辺は手持ちの音源が大量にあるのでOK。
ただ、クリップトラックにオーディオをドラッグ&ドロップできないのは、正直「やられた!」と思いました。
サンプラーにアサインしてバウンス、とやらなきゃダメなんでしょうかね。ただ不便なだけの、意地悪な制限だなあ・・・・。

使った音源は、M1、PolySix、WIRED、Synth1を二台。あとはFLのサンプラーとスライサーです。
パーカッションとか効果音は、イギリスのCOMPUTER MUSIC誌の付録素材を使っています。
(結構前の号ですけどね。毎号確実に買えるお店が近くに欲しい・・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽ソフトを買ってきた

Fl8


今日は秋葉原の某お店にて、ACID Music Studio7+FL Studio8 Fruity Editionバンドル、それとEZXのDRUMKIT FROM HELLを購入しました。

で、早速FL8に挑戦しまして、かなりヒドイ曲ですが、曲がりなりにも曲らしきものが出来ました。

http://homepage1.nifty.com/goddem/081109.mp3

最初はもう、音の打ち込みの仕方とかなんとかの前に、画面をみても理解できないものでかなり悩んだんですが、こちらのブログを参考にしたりしてなんとか、まだかなり難ありですがなんとかなった、って感じですね。

外部音源をメインに使いたかったのにMIDIポートを一つしか同時使用できないっぽいとか、未だに鍵盤からのデータ入力方法がわからない、とか(上記ブログも説明書も見てるが、頭がついていかないorz)、エフェクトセンドのやり方が理解不能!理解不能!とか

でもまあ、ステップシーケンサとピアノロールで打ち込んだパターンを並べて曲にする、っていう基本的な流れが判ると、あとは全部枝葉の問題かな?という気もします。

とにかく面白いソフトであることは間違いないですね!
最終的には、FL8で作曲というかループ素材も作ってみたいです。そのために外部音源をちゃんと使うとか、マルチティンバーのプラグイン音源をどう使うのか、とか、ミキサー画面の使いかたとか、ちゃんと把握しようと思います。解説書買ってこようかな。

ACIDのほうは、まだデモソングを聴いただけです。

DRUMKIT FROM HELLも動作確認のみ。でもなかなかいい感じの音でしたよ~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

ようつべからProteus

昨日、youtubeで見つけたものです。探してみると、結構いろいろなシンセのデモ演奏が出てきますね。


・E-mu Proteus/1の演奏。

全体的に生き生きしたシーケンスですが、なんと言っても途中で(40秒くらい)出てくるストリングスの生々しさに感動。これ、サンプルのアタックがものすごく感情的で良いおかげなんですが、Proteus2000やオケテウスでは味わえないんですよねえ。

最近の大容量ソフトシンセのリアルさも良いんですが、音素材が音楽になった時点でどのように聞こえてくるか、ということを考えると、Proteusのように音楽的に美味しいところをしっかり押さえてくれた音源(別の言い方をすると、上手なデフォルメの効いた音源)、というのはいつまで経っても使い勝手が良いように思います。

つーか、やっぱり2000より昔のやつのほうが、音が太いなあ。

フィルターがないとか、エクスプレッションやバンクセレクトが効かないとか、今使うにはつらい部分もありますが・・・・んー、3台まとめて欲しくなってしまう(^^;

Proteus1/2/3とセンドバスつきのラインミキサー、マルチエフェクターだけのラックがあれば今でも相当使えますよねw たぶん。


・こっちは、冗談のようなデザインが魅力的な(w Proteus2500。


音はいいんですが・・・・(^^; でかいのと(奥行きもかなりある)、せっかく32マルチなのにMIDI INが一つしかなく、USB端子はMIDIポートとしては機能せず(かなりガックリくる仕様)、プリセット数は2000から逆に半減、と、スペックだけ見るとかなり微妙な存在です。

でかい割に、積めるROMの数なんかも同じですしね。
でもこれ、前から欲しいんですよねえ・・・・。ごくたまにですが、ソフマップなどでも見かけます。
動画の中でMPCも出てきますが、Proteus2500は基本的にグルーヴマシンと相性がよさそうです。
(何しろ、元々Proteus2000シリーズのグルーヴマシン版である、コマンドステーションシリーズを逆にラックマウントにしたものですから。)

動画は何故か白黒w


・これは、サムネイルが強烈過ぎる一本www

全部、Orbitだけで演奏してるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »