« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月28日 (水)

PSPで旧「朱紅い雫」

この間、PSP用に大容量(といっても2GB)のメモリースティックを買ったので、今までなかなか手を出せなかったカスタムファームウェアの導入をしてみました。

参考にしたサイトはPSP活用情報局さんです。

使用したPSP本体はPSP-1000で、発売当日に購入したもの。ファームウェアバージョンは1.50からでしたので簡単に導入できました。
カスタムファームウェアは5.00 M33-6までバージョンアップしまして、手持ちのプレステソフトを吸出し、PSPで動くように変換。

最初に動かしたのが「朱紅い雫」です。PS版は98版と同じストーリーですので、Win版/PSP版とは異なる「ほんものの」ガガーブトリロジー第二章と言えますね。
(よく「98版の頃は三部作じゃなかった」なんていわれてますが、98版朱紅い雫は「三部作の中核をなすストーリー」と雑誌に書かれていたんですよ。)

まあ、僕もWin版のほうが、ストーリーと一部の曲以外は好きなんですけどねw しかしそもそもストーリーが肝のゲームですし、リメイクでストーリーを変えちゃうのは結構禁じ手だったように思います。
そのリメイク版ですら10年近く前のゲームなのに今更なにを言っているんだ、という感じではありますが、10年以上経って今なお大好きなゲームなのだ、ということで大目に見てくださいな。

1

2

3

画像は本当の開始直後ですが、なんだかんだでハマってしまいもう8時間くらいプレイしてます。
今更もいいところですが、ディナーケンが人質にとられてると「神宝は取り戻すことが出来るが、命は取り返しが付かない」なんて言っていたアヴィンが、シャノンを人質に取られているときに神宝を渡せ、と迫られたら「できない相談だな」って切り返したあたりで爆笑しました。

PS版は音楽も妙に良いです。音楽はファルコムで担当したからでしょうね。音色的には、たぶん全てSC-88proだと思います。
曲によっては極端に短いなど、CD-ROMに波形で収めるための工夫が涙ぐましいですが、ベクターで売られているMIDIデータ集で完全版を楽しむことが出来ます。(もちろん、SC-88系の音源が必要ですので今となっては敷居が高いかも。)


そのほかには「クロス探偵物語」も吸出し、変換してみましたが、これは相性が悪い?のかちょくちょくフリーズします。大好きなゲームだけに残念・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

分解・修理

Hyoushi


最近のちょっとしたマイブーム(って言い方、今でもするのかな)

えーと、E-MU 1820m(のAudioDock M)と、ALESISの3630、それとべリンガーのGDI21を分解してしまいました。

それぞれ、

(1)1820mは、OUT4のLchの音が正常に出ない。プラグを半挿しにすればおkなのが謎。

(2)3630は、引越しで落っことして以来Ch2が機能しない

(3)GDI21は、安いから

という理由で自力修理を試みてます。あ、GDI21は修理じゃなくて、遊んでるだけですけども。


続きを読む "分解・修理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

【閲覧注意】昨夜の目玉メニュー

昨夜は、ライブのために上京されてきた某女史のお誘いをいただいて新宿の某魔窟(笑)へ。夏に行って以来でした。

で、そこで注文した今週のビックリドッキリなメニューがこれ。

続きを読む "【閲覧注意】昨夜の目玉メニュー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

しばらく更新しておらずorz

しばらくこっちを更新してませんでした。アクセスはじわじわと増え続けているみたいですが・・・申し訳ありません。
とりあえず最近のいろいろ。

○ファミコンのファイナルファンタジー
2、3をそれぞれ通しでプレイ。攻略サイトを見ながらですけども。
思い出補正もあったかもしれませんが、今やっても充分面白かったです。特に2は、恥ずかしながら軽装で回避率とすばやさを上げて・・・、というプレイを初めてやってみたのですが、想像以上にスムーズに進行できるようになって驚きました。

○PSPのイース6を再開
ファイナルファンタジーの後で、今度は一年以上前に中断していたPSP版イース6のプレイを再開。緑水洞で迷子になりましたw

○NAMM情報に注目
E-MUが音源内蔵キーボードを発表したのにびっくり。一年ちょっと前、例によって非公式フォーラムでは「E-MUは今後、決してハードウェア音源を作らない」なんて書かれていたのですが。とにかく嬉しいところです。
しかしながら、日本の代理店であるクリエイティブメディアは「E-MUは一切扱わない」と言っていたようです(2chにて情報あり)。
それならそれで、別の代理店に代わっていただきたいものです。
あそこがやってるのは、E-MU製品が日本のユーザーの手に入らないよう妨害をしているだけ。
本当に頭にきます。

E-MU以外の新製品ですと、RolandのV-Piano(モデリング音源PianoTeqをハードウェアにした感じ?)やALESISのUSBカセットデッキ、Kurzweil PC361が楽しみですね。

○映画DVD
レンタルでちまちま観てます。
まずは「スティング」。サントラは持っていたのですが、映画を観るのは初めてでした。
最初から読めそうで読めなかったオチまで、あっという間に過ぎ去っていくような映画でした。

先日コメントでお勧めいただいた、ゼッフィレッリ監督版の「ロミオとジュリエット」、面白かったです。
思っていたよりもコミカルな場面も多かったのが意外でした。繰り返し用いられるテーマ曲も良かったですね。

今は「市民ケーン」を借りてきています。
あと、中古で「エクソシスト」の特別版が500円で売っていて衝動買いしたり。両面DVDって初めて見ましたわ。

○久しぶりに大当たりなマンガ
珍しくチャンピオン系列のマンガを買ってみました。

・「ヘレンesp」
いつものようにバキ目当てで立ち読みしていたら目にとまった、チャンピオンにしては異質な絵柄のマンガ。
たまたまコミックスを発見、表紙イラストも好ましかったので購入。
で、あっというまにお気に入りになってしまいました。

主人公は交通事故により両親を失い、さらに見えない・聴こえない・話せないの三重苦を負ったヘレンという少女ですが、あるときespに目覚めます。
このespにより、不思議な現象に遭遇したり、不思議な体験をしたり・・・というマンガです。
「障害の扱いが軽い」というトンチキな感想を見かけたことがありますが、三重苦をいかに克服するか、という主題のマンガではありません。しかもヘレンは障害をあるがままに受け入れ、うまく対応することで幸せに生きています。(障害の克服が主題ではない一方で、ヘレンをささえる周囲の善意がまぶしく、考えさせられます。)

作者は主人公をとても清楚に、可憐に描いていますが、ときに冷徹に突き放すような展開が多いのも特徴かもしれません。純粋さが強調されるヘレンが心を痛めるとき、その刃はほかならぬ周囲からの善意であったり。
やりきれなさがつのる第四話「ヘレンと魔王」、誰にも悪意がないのに悲しい結末を迎える第八話「ヘレンの花畑」が特にお気に入りです。

・「フランケンふらん」
ヘレンespがあまりに気に入ったので、同じ作者の既刊も買ってしまいました。
で、ギャップの激しさに悶絶しましたが・・・・・。

僕はグロ耐性がそれなりにありますので、ふらんについても、「とんでもねえeeeeEEEEEeeeewうぇうぇwwwwうぇwwww!!」って爆笑しながら読みました、ええ。
ブラック・ジャックのパロディというかオマージュのようなところもあり、深いっぽいお話しもあったりしますが、基本的にはギリギリな悪趣味を楽しむマンガかと。すごく面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

JAZZ EZX!

http://www.toontrack.com/ezx.asp#jazz

メールで案内が来た翌日にはもう、製品ページが・・・・・
このフットワークの軽さが素晴らしいです。
(しかも、ちょっと前に「Funk Masters」が出たばかり。)

これはちょっと欲しい。
レコードのノイズを混ぜて、サチュレータかまして、モノラルにして60年代風に!・・・・・とか想像するだけで燃えてきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

新年のご挨拶

元日は過ぎてしまいましたね。
本サイトのほうには先にあげてしまったのですけど、今年の年賀状です。

2009_480


※キャラクターは例によって(ってほどでもないかな)、イアンになりました。

去年は仕事の面ではそこそこうまく行っていたものの、そのほかのことになると個人的に痛恨の失態が多かったので、今年はもうちょっとマシに過ごせるように気を引き締めていこうと思っています。

2009年もまだ不況が続くでしょう。そんななかでも、僕にとっても、みなさんにとっても、良い頑張りの出来る一年になりますよう。

末筆になりますが、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

P.S.
秋ごろから、衆議院からアクセスしている人がいる。
見てる記事も当然わかるわけですが、言いたいことは一言・・・・仕事しろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »