« が、がんだむ(今更杉 | トップページ | E6400 Ultra死亡確認 »

2009年2月28日 (土)

Ever17

2chのまとめサイト(よくあるコピペブログ)で「シナリオが神なゲーム」というのがあったのですが、それに挙がっていたのがタイトルにある「Ever17」でした。

とにかくすごいすごい、ということらしいので興味がわき(ネタバレがそのブログには無かったのも好材料)、この間探していたところ池袋のお店で新品を発見。廉価版で、プレステ2のものは2000円なんですね。びっくりしました。

で、数日かけて最終シナリオまでクリアしたんですが、本当におもしろかったです。

ただ、いわゆるギャルゲーなので仕方がないのか?一部のキャラクターの声やら台詞やらがウザくて仕方がなかったのですが・・・・・終わるころには平気になっていました。慣れって恐ろしいものですね。

そういったキャラクターの「いかにも」なギャルゲーっぽさや絵柄はちょっと苦手なところもありますし、ストーリーは3つ目のエンディングを観るころにはタネと仕掛けがおおよそ見えてきましたが、当たったことも外れたことも、そして考えつきすらしなかったことも含めて、謎の答えと伏線が次々とまとまって解決していく最終シナリオは興奮しました。
(ちょっと「スナッチャー」の最後を思い出してしまって、要は「謎の答えを垂れ流す」傾向がほんの少し見え、ドラマが薄くなったように感じられたのは残念でしたが)

そういうストーリーの「仕掛け」を楽しむお話としても素晴らしいですし、また、ちょっとだけ哲学的な問いかけ(例えば、記憶をコピーできたとしたらコピー元とコピー先のどっちが本当の自分なのか、とか。ご丁寧に主人公には「記憶喪失の少年」、なんてのもいます)に注意して観ていっても面白いと思います。

もう一つ、特筆したいのが音楽です。
全体的にはあまり耳に残っていないのですが(好きな方には失礼!でも作家さんは「テーマパークのBGM」をテーマに作曲したそうですから、狙いは成功しているのかも)、一曲、タイトル画面で流れる「Karma」という曲が非常にすばらしいです。

最初に起動したとき、タイトル画面で思わず手を止めてしばらく聴き入ってしまいました。ゲーム音楽の最初の一音、最初の瞬間に聞き惚れてしまう、心を奪われるような体験は久しぶりです。で、この曲を聴いたことで「このゲームはたぶん傑作」と強く感じましたね。

ゲームをクリアしたのは昨夜遅くの事で、今日はこの「Karma」をひたすら練習。どうしても弾けない複雑なところはシンプルにアレンジしてしまって、ではありますが、一日練習したらだいたい弾けるようになってきました。本当によい曲なんですよ。
メロディ自体はシンプルなので、ただ弾くならそれなりに弾きやすいかなー、と思います。ちゃんと演奏しようとすると相当難しそうですけどね。


でっかく「恋セレ」なんて書いてある、普段なら絶対に見向きもしないようなパッケージのゲーム。ギャルゲー自体を普段は遊びませんので最初は抵抗がありましたが、この「Ever17」はかなり楽しい、質の良いSFだなあ、と思います。

こんなのが新品2000円なんてすばらしい。

いい買い物したなあ、と思っていたら、なんと来月12日にはPSP版が出るそうです。

・・・・・もしかしてそっちを買えばよかったんじゃろーか。

|

« が、がんだむ(今更杉 | トップページ | E6400 Ultra死亡確認 »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159736/44205539

この記事へのトラックバック一覧です: Ever17:

« が、がんだむ(今更杉 | トップページ | E6400 Ultra死亡確認 »