« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

Ever17

2chのまとめサイト(よくあるコピペブログ)で「シナリオが神なゲーム」というのがあったのですが、それに挙がっていたのがタイトルにある「Ever17」でした。

とにかくすごいすごい、ということらしいので興味がわき(ネタバレがそのブログには無かったのも好材料)、この間探していたところ池袋のお店で新品を発見。廉価版で、プレステ2のものは2000円なんですね。びっくりしました。

で、数日かけて最終シナリオまでクリアしたんですが、本当におもしろかったです。

ただ、いわゆるギャルゲーなので仕方がないのか?一部のキャラクターの声やら台詞やらがウザくて仕方がなかったのですが・・・・・終わるころには平気になっていました。慣れって恐ろしいものですね。

そういったキャラクターの「いかにも」なギャルゲーっぽさや絵柄はちょっと苦手なところもありますし、ストーリーは3つ目のエンディングを観るころにはタネと仕掛けがおおよそ見えてきましたが、当たったことも外れたことも、そして考えつきすらしなかったことも含めて、謎の答えと伏線が次々とまとまって解決していく最終シナリオは興奮しました。
(ちょっと「スナッチャー」の最後を思い出してしまって、要は「謎の答えを垂れ流す」傾向がほんの少し見え、ドラマが薄くなったように感じられたのは残念でしたが)

そういうストーリーの「仕掛け」を楽しむお話としても素晴らしいですし、また、ちょっとだけ哲学的な問いかけ(例えば、記憶をコピーできたとしたらコピー元とコピー先のどっちが本当の自分なのか、とか。ご丁寧に主人公には「記憶喪失の少年」、なんてのもいます)に注意して観ていっても面白いと思います。

もう一つ、特筆したいのが音楽です。
全体的にはあまり耳に残っていないのですが(好きな方には失礼!でも作家さんは「テーマパークのBGM」をテーマに作曲したそうですから、狙いは成功しているのかも)、一曲、タイトル画面で流れる「Karma」という曲が非常にすばらしいです。

最初に起動したとき、タイトル画面で思わず手を止めてしばらく聴き入ってしまいました。ゲーム音楽の最初の一音、最初の瞬間に聞き惚れてしまう、心を奪われるような体験は久しぶりです。で、この曲を聴いたことで「このゲームはたぶん傑作」と強く感じましたね。

ゲームをクリアしたのは昨夜遅くの事で、今日はこの「Karma」をひたすら練習。どうしても弾けない複雑なところはシンプルにアレンジしてしまって、ではありますが、一日練習したらだいたい弾けるようになってきました。本当によい曲なんですよ。
メロディ自体はシンプルなので、ただ弾くならそれなりに弾きやすいかなー、と思います。ちゃんと演奏しようとすると相当難しそうですけどね。


でっかく「恋セレ」なんて書いてある、普段なら絶対に見向きもしないようなパッケージのゲーム。ギャルゲー自体を普段は遊びませんので最初は抵抗がありましたが、この「Ever17」はかなり楽しい、質の良いSFだなあ、と思います。

こんなのが新品2000円なんてすばらしい。

いい買い物したなあ、と思っていたら、なんと来月12日にはPSP版が出るそうです。

・・・・・もしかしてそっちを買えばよかったんじゃろーか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

が、がんだむ(今更杉

今月の1日に、初めて「ガンダム00」を観ました。

確か、第二期の第17話?で、なにせ初めて観るものだから登場人物とかその関係とか、あらすじとか、まるで予備知識がない状態で見たのですがこれが面白かったーーーー!!

というわけで、この間まで第一シーズンのDVDを借りてきて観てました。
最初から観てみるとえらい地味な印象でしたが結構面白かったです。

赤毛・ヒゲづらで出てきた傭兵、確かサーシェスでしたっけ?いい味だしてますね。

メカも敵機が魅力的で、なんだか久しぶりにガンプラが作りたくなってしまった。

(今はイデオンをちまちまと製作中。しばらく中断してますが、300円のキットで「カミューラ・ランバンノ仇ぃーーーーーっ!」ができるようにしてあります)

第二期は残り少ない・・・のですが、三月はまた日曜日に仕事を入れているので最後のほうは観られなそうです。
残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

2/14

2/14は菓子業界と謎の組織「男」による陰謀の日じゃよー。
それに立ち向かえるのはたった一つ・・・・・
まだ見ぬ男たちの熱い汗と涙といろんなものの混合体。(臭そう)

むう・・・・わしは今すごいものを見ているのか?


※モテモテ王国のファーザーの口調をまねているだけで、僕はいちおう正気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

GDI21の改造・修理に再挑戦→orz

今日は昼過ぎから準備して、Behringer GDI21の改造の続きを行いました。
前回の状況はこんな感じでした。

・ドライ音とウェット音が混ざってしまう(本来はウェットだけでいい)
・フットスイッチが効かず、常時ONの状態となる

今日の作業で、上の二つの症状はいちおう解決することが出来ました。

1


ドライ音とウェット音がミックスされる点について、前回繋いだ箇所を一度外してしまい、(画像ではわかりにくいですが)ピンを1,2,3とすると1と3を接続することでウェット音だけを得ることができました。

また、1,2,3を順番にアースに持っていったのですが、残念ながら音が出なくなるばかりで(--; 効果が得られませんでした。
1,3を接続、2をアースとしてもダメ。回路がちゃんと読めていれば、より効果的に弄れるんでしょうけど・・・・。


2_2


フットスイッチが効かない件ですが、矢印のコンデンサを押さえるとLEDが点灯しスイッチが利くようになることに気づきましたので、このコンデンサの足を一度暖め、根元まで押し込むようにしてから再ハンダしたところ、正常に使用できるようになりました。

ただし、その状態で一度仮組みして演奏していたところで突然LEDが消灯、エフェクトがかからなくなりました。またまた蓋を開けていろいろ試していたところ、やっぱりこのコンデンサを押さえつけるとちゃんと演奏できるようになったのでさらに再ハンダして改善したものの、やっぱりある程度(20分くらい)演奏しているとLEDが消灯、エフェクトOFFになってしまいます。

もしかするとコンデンサが不良品か、慣れない作業者(w のせいで過剰に熱が伝わりすっかり劣化しているのかもしれません。 ここだけでももう一度交換したほうがよさそうです。

しかしながらコンデンサを全部(正確には、タンタルコンデンサが一個そのまま残ってますが)交換したことで購入時から悩まされていたヘンなハムノイズは激減して普通のエフェクター並になりましたし、サウンド自体も改善されすこし余裕のある音になったと思います。
(うまく言えませんが、不自然な圧縮感がなくなり天井が高くなった感じ。)

とりあえず、問題のコンデンサをまた交換して様子をみてみようと思います。秋葉原に買出しに行かなきゃ・・・・。

ミキサーのch1の修理(スライドボリューム交換)、バランス仕様ケーブルの作成(でもサウンドハウスで買ったほうが安いかな?)も控えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

アルチェム無双

1

プレステ版の朱紅い雫、現在のプレイ時間は約17時間。 PSPでのほんの動作確認のつもりだったのですが、思いのほか面白くてハマっています。
本当に地味なゲームなんですが、妙に面白くてついつい戦い続けてしまいますね。

現在のパーティはアヴィン、マイル、アルチェム、エレノアでアルチェムが武術レベル9、エレノアが武術レベル7になりました。

この二人は特に技能力が低くてレベルアップがたいへんなのですが、非常に簡単な裏技?として、僕はいつも剣術ギルドで勲章と交換できる「霊鎧ロストルム」を装備させています。
これは技能力を結構上げてくれますので、装備すれば攻撃が非常に当たりやすくなるんです。楯もカイトシールドあたりを装備させれば、序盤(ギアのあたりまで)のザコ敵からのダメージはほとんど気にしなくてよくなります。

もちろんレベルアップ直前でセーブして、納得いく成長をするまでやり直しながら育てています。

で、結果的にですが、今の時点のアルチェムでもレベル11で別れたダグラスより強くなってますw
街道のザコはほぼ一撃必殺ですwww

まさに撲殺天使。
つーか、ダグラスは真剣にヤバイ(戦力外的な意味で)。

ストーリー的には、ボルゲイドによるギア襲撃まで終わっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

Behringer GDI21のコンデンサを交換

Behringerのコンパクトなアンプシミュレータ、GDI21の電解コンデンサを全て交換してみました。


2

3

ちょっとわかりづらいですが、緑色のコンデンサはニチコンのMUSE、金色のコンデンサはファインゴールドです。
いずれも元々付いていたコンデンサと同じ定格のものを、秋葉原のラジオセンターで購入してきました。
このGDI21は新製品として発売された直後に購入したものですが、ハズレだったのか、はたまた初期ロットの不具合なのか、ハムノイズが非常に大きく使い物になりませんでした。このためほとんど使うことなく二年以上もしまいこんであったのですが、コンデンサ交換の練習台としてどうかな?と考えて引っ張り出してきたものです。

しかしながら基板上には非常に小さな部品がかなりの高密度で配置されており、練習台としてはちょっとハードルが高かったと思います。
次はもっとシンプルな基盤のエフェクターで試してみたいですね。

さて、くみ上げてみたところ、残念ながら音が出ません。
正確には次の通りです。

(1)LEDが点灯しない。

(2)ギターの音がちゃんとOUT端子から出ているが、エフェクトがかからない。

要するに単なるDIになってしまいました。

再び箱を開けていじくっていたところ、特定の箇所に指が触れている状態だとエフェクトがかかることに気づき、その箇所をクズ線で結んでみました。


1

2_2

(写真の、明るい部分です)

これにより、フットスイッチでのON/OFFが効かずLEDも点灯しない「常時エフェクトON」の状態ではあるものの、曲がりなりにも音が出ることは確認できました。しかしちょっとした違和感が・・・・

どうやら、エフェクトOFFのダイレクト音と、GDI21で作られる歪みの音が両方ミックスされて出ているようなのです。
GDI21には本来ドライ/ウェットの調節機能などありません。

恐らくは、スイッチが(たぶん分解の時に)壊れてしまい、かつ、三本のピンを結びつけたことでドライ音も出力に乗ってしまっているのでしょう。
ピンの結び方を変えてみれば、とにかく常時ON状態であっても改造エフェクタとしては使えそうですが・・・・。


ちなみに、ものすごいハムノイズはかなり軽減されました。これが新しいコンデンサによるものなのかはわかりませんが、音自体も悪くなかったと思います。

また時間のあるときにハンダごてを握って弄ってみるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »