« イース7のこと | トップページ | 朱紅い雫プレイ状況 »

2009年4月 2日 (木)

E-MU新製品

製品カタログが更新されていました。LongBoard/ShortBoardの画像はたぶん初?

Emuboard

<LongBoard61/ShortBoard49>
E-MUがまたハードウェアシンセを作ってくれる、というのは素直に嬉しく思います。
あまり本格的な仕様ではありませんが、手軽な演奏用キーボードとしてはソツの無い仕様かもしれません。
Emu8030というチップの機能は要するに「サウンドブラスターのすごい版」でして、本来はRAMベースでサウンドフォントを扱えるところを、ROMに焼きこんだものがこの機種の心臓部である、つまり「ハードウェアのサウンドフォントRompler」というのが正体でしょうか。
ラインアウトを設けず(ヘッドフォン端子は二つある)、トランスミッターを標準装備したところはすごく実験的ですね。

Emudas

<1616m/1212m/0404PCIe>
デジタルオーディオシステムはすべてPCIe対応に置き換わるようです。カード本体が、サウンドブラスターの一部モデルのようにシールド仕様(と言ってよいのかな?)になりました。
フォーラムでの情報をあわせて考えると、残念ながらDSPチップはE-DSP(emu10k2)のままのようです。つまり今までどおり?

また、地味にバンドルソフトが一新されました。基本的にはTrackerPreや0404USBWhiteのものにあわせられたようです。
Cakewalk SONAR LE 6.2
Steinberg Cubase 4 LE
Ableton Live Lite 6 E-MU Edition
IK Multimedia AmpliTube LE
IK Multimedia T-RackS EQ
Celemony Melodyne essential
Waldorf Attack
Waldorf D-Pole
Waldorf PPG Wave
SFX Machine LT
Ceative EAX® ADVANCED HD™ ALchemy (Vista only)
E-MU Proteus VX

Emupl

<PipeLine>
こちらはステレオ仕様のオーディオトランスミッター/レシーバーということのようです。
有効距離は15mとのこと。
無線関係はいまいちわからないんですが、値段が安めで驚きました。

NAMMではアジア圏の新規代理店を獲得するためいくつかの業者と接触したということですので、日本国内での取り扱いも早くきまるとよいですね。

|

« イース7のこと | トップページ | 朱紅い雫プレイ状況 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159736/44544455

この記事へのトラックバック一覧です: E-MU新製品:

« イース7のこと | トップページ | 朱紅い雫プレイ状況 »