« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月25日 (土)

手弾き晒しage

よれよれ。

http://homepage1.nifty.com/goddem/Ys5_Oasis.mp3

あまり上手くないですけども。ピアノ音色の調整の時に弾いていたものです。
MIDIデータじゃなくて、オーディオの一発録りです。
EmulatorX2+Emperor(ベーゼンドルファーのサウンドライブラリ)→PatchMixDSP→WAVELabLiteの内部結線で録音。

曲はイース5のオアシスの曲です。(自分で弾ける程度に、易しくアレンジしてあります)

・・・・・・・また微妙な選曲(^^;
(いや、原曲はゲーム中でも一番好きなんですけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

生まれてしまった恨みは・・・・

またちょっと間が空きましたが、朱紅い雫日記です。
2,3日前にmixiに書いたものですが、その後進んでいません。

続きを読む "生まれてしまった恨みは・・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

どんだけ好きなんだよ

amazonに注文した、Ever17・PSP版の限定版が届いたのですよ

速えぇーー というか、一回完売して中古9000円とかだったのが新品5,580円で買えたということは、限定版が再販されたってことですかねぇ。

1
PS2/PC版はそれぞれ現行の廉価版なので、「恋愛ゲームセレクション」の文字が恥ずかしいですw
付属のサントラは新OP,EDをすっ飛ばしてとりあえず「Karma」を聴いてます。
あかん泣ける(T_T)

2
PSP限定版パッケージ。
空さん萌え。

序盤だけプレイしまして気づいたこと。
・音楽の感じがPS2版とちょっと違う。同じアレンジだけど、PS2版は内蔵音源での演奏(=シーケンス)、PSPのは何がしかの音源で演奏されたオーディオを圧縮収録してのストリーミング再生。そこからくる違いでしょうか。
音質が悪いということはなく、むしろPS2版より高域が出ており、ブライトでいい感じ。
(単にイコライジングされてるだけだったりして)
・新しいOPは事故発生後の本編にも挿入されてました。びっくり。
・浸水時のムービーが豪華になっているのはOPの中だけで本編のは昔のままでしたorz

3
付属小冊子の中身。
これ、意外に読み応えがあってよかったです。

そして田中優美清春香菜は俺の嫁。

さて、Wiiリモコンの電池を買いに行くかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

なんでもリリーストリガー

※MusicTrackに書いた記事の転載です。


サンプラーのTipsです。(大したものじゃないけど)

ここ数年のサンプルライブラリ、ソフトウェア音源では当たり前になったピアノ系音色のリリーストリガーですが、専用の機能がないものやハードウェアのサンプラーで実現することも可能です。

Ex1


まず、リリーストリガーで鳴らしたい波形の先頭に無音の区間を作り、その無音区間でループを組みます。画面はEmulatorX2のものですが、ハードウェアのサンプラーでもやることは同様です。
無音を挿入すると、音の入りがプチノイズになることがありますので、必要に応じてフェードインをかけて緩和します。

※EmulatorXの画面における「Loop In Release」がOffになっていることに注意が必要です。
これが有効ですと、リリース時にもループが解除されないため結果的にリリーストリガーで鳴らしたい音が出ないことになります。


Ex2

この時点でとりあえずリリース時に音を出すという目的は叶っているのですが、エンベロープのリリースタイムを長めにとっておきます。鍵盤から指は離れてしまっているため、リリースが短すぎるとリリーストリガーで鳴らす音が鳴りきらない恐れがあるからです。

また、画面の例ではリリースベロシティを音量にマイナスがけし、音を伸ばしてから離す場合に大きなリリース音になることを避けています。
リリースベロシティが使えない場合は、普通に減衰型のエンベロープを組んでしまえば(ただし下限は0ではなくする)長い音の場合にリリーストリガーの音を小さく鳴らすことができます。

(余談ですが、Proteusのプリセットにはリリースベロシティが効くものも結構混ざっています)

この方法は非常にシンプルなので、ほぼどんなサンプラーでもリリーストリガーを実現でき便利だと思います。
拙作のEmulatorX/ProteusVX用のライブラリ「K4e」でもちょっとだけ試してますが、あれを製作したEmulatorX1.5にも、機能としてのリリーストリガーはもちろん装備されていません。(マニュアルにも明記されている)
この技のネタ元は昔のキーボードマガジンで、E4XT Ultraでの例が紹介されていました。

※無音区間であってもサンプルを再生していることには変わりなく、発音数は消費されますがこれはさすがに仕方がありませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

イースSEVENティザーサイトがオープン

http://www.falcom.co.jp/ys7_psp/

絵、また違う人が描いてるみたいで。

日本ファルコムさんの場合、箱絵・説明書・ゲーム中の顔全部を違う人が描いてるなんてこともザラですので、今回の絵がそのまま確定とはまだ言えないところがあります。

個人的にはこの絵、

や め て ほ し い

ですけど。

イースのパッケージにキャラクターのイラストなんて要らないです、マジで。
昔のパソコン版、(PCエンジンの)イース4、イース5、エターナル、初回のイース6、PS2のイースシリーズ、どれもタイトルロゴ中心の地味で上品な意匠でした。

イースの本来のイメージは、けしてアニメチックなものではなかった。

最新作だからこそ、「本気」のタイトルだからこそ、イースの原点を大切にしてほしいです。
(でも、イース6のまるでアドルが女の子のような絵よりは、だいぶマシだと思います)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

朱紅い雫プレイ状況

PSPでのほんの動作確認のはずだったのに、かなりガチでプレイしているプレステ版「朱紅い雫」。

だって面白いんですもん。
mixiのほうでは割と頻繁にプレイ記録をつけていたのですが、こっちに載せてないことが多かったので、最新のものを転載しておきます。

・プレイ時間
64時間

・現在地
キト村

・メインシナリオ状況
四大精霊のうちネフティス、イドゥン、スコティアを撃破
神宝 イスブラ、デレブラ、デレビエ入手

・オープンシナリオ状況
セータの港で、精霊クエストをフラグにした新しいのがひとつ出現してるはず。

・パーティ(名前/武術レベル/魔術レベル)
アヴィン/31/20
ルティス/27/30
ラエル/23/33
ルキアス/30/29

・装備
アヴィン:霊剣サピロス、霊鎧ロストルム、神盾アルテッツァ、ウィンドメダル
ルティス:霊刀ティルフィン、聖鎧リュミエール、霊盾イーリス
ラエル:霊斧ラブリュス、霊鎧ロストルム、魔盾ワルクス
ルキアス:魔剣クヴァール、霊鎧ロストルム、霊盾イーリス、パワーエンブレム

中盤もいよいよ山場になってきました。
精霊ネフティスはザコ、イドゥンもあまり手ごわくない(攻撃が弱い)のですがスコティアは強かったです(--;
一回の攻撃で全員にかなり大きなダメージが来ますし、こちらの攻撃はあまり効かないし。
まあ、スコティアの攻撃は魔法扱いなのでアンチマジックで完全防御するか、魔法防御力を上げて(マジックシールドの魔法を使えるのはコンロッドだけなので、大抵は鉄壁のラピスを使用する)しまえばなんとかなります。
あるいは、ラエルやマーティのような魔力特化キャラのリーン・カルナシオンの魔法を叩き込む。打撃に比べれば6~10倍のダメージが入ります。
このゲーム、中盤以降の黒魔法の強さが異常。(敵のも強いw)

さて、この後・・・・
普通はこのままヴァルクドでガウェイン、クロワールと会話してブリザックの港~カナピアへ進むのですが、オープンシナリオが一つ増えるはずなのでそっちを攻略に回ります。まあ、単なる届け物クエストだった気がしますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

E-MU新製品

製品カタログが更新されていました。LongBoard/ShortBoardの画像はたぶん初?

Emuboard

<LongBoard61/ShortBoard49>
E-MUがまたハードウェアシンセを作ってくれる、というのは素直に嬉しく思います。
あまり本格的な仕様ではありませんが、手軽な演奏用キーボードとしてはソツの無い仕様かもしれません。
Emu8030というチップの機能は要するに「サウンドブラスターのすごい版」でして、本来はRAMベースでサウンドフォントを扱えるところを、ROMに焼きこんだものがこの機種の心臓部である、つまり「ハードウェアのサウンドフォントRompler」というのが正体でしょうか。
ラインアウトを設けず(ヘッドフォン端子は二つある)、トランスミッターを標準装備したところはすごく実験的ですね。

Emudas

<1616m/1212m/0404PCIe>
デジタルオーディオシステムはすべてPCIe対応に置き換わるようです。カード本体が、サウンドブラスターの一部モデルのようにシールド仕様(と言ってよいのかな?)になりました。
フォーラムでの情報をあわせて考えると、残念ながらDSPチップはE-DSP(emu10k2)のままのようです。つまり今までどおり?

また、地味にバンドルソフトが一新されました。基本的にはTrackerPreや0404USBWhiteのものにあわせられたようです。
Cakewalk SONAR LE 6.2
Steinberg Cubase 4 LE
Ableton Live Lite 6 E-MU Edition
IK Multimedia AmpliTube LE
IK Multimedia T-RackS EQ
Celemony Melodyne essential
Waldorf Attack
Waldorf D-Pole
Waldorf PPG Wave
SFX Machine LT
Ceative EAX® ADVANCED HD™ ALchemy (Vista only)
E-MU Proteus VX

Emupl

<PipeLine>
こちらはステレオ仕様のオーディオトランスミッター/レシーバーということのようです。
有効距離は15mとのこと。
無線関係はいまいちわからないんですが、値段が安めで驚きました。

NAMMではアジア圏の新規代理店を獲得するためいくつかの業者と接触したということですので、日本国内での取り扱いも早くきまるとよいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »