« @ | トップページ | 燃えろFMシンセ »

2009年5月20日 (水)

Ever17 ネタバレ考察

Ever17をクリアしてしばらく経ちましたが、自分なりの考察を。
とは言ってもあちこちの考察を相当読ませていただいたあとなので、新鮮味はあまりないと思います。


未クリアの方は絶対に読んではいけません。
絶対にですよ。


(念のためたくさん改行します)


























(1)よくある批判?に対する考察

○「緊張感がなさすぎる」
鬼ごっこに興じたりするあたりのことですね。
これは、ストーリーの中で「なぜ、鬼ごっこ(闇鬼)に興じたりしたのか」という理由が一応示されていたと思います。

鍵になっていたのはココと沙羅です。
僕は武編ふたつ→少年編ふたつ、ココ編、という順番でプレイしたのですが、この順番で多くの人は「沙羅が、ココの行動を真似している?」と感じたのではないでしょうか。
でもこれは、第三視点を借りることの出来るココが2034年の出来事を見て、そこでの沙羅の行動を真似した、というのが正解ではないでしょうか。

少年編の鬼ごっこは闇鬼(漢字)で、武編の鬼ごっこはヤミオニ(かたかな)というのにその辺りが表されているように感じます。

では、真似されているほうの沙羅はどんな思いで闇鬼なんて提案したのでしょう。
それは、沙羅編のエンディングで語られていますよね。

物心ついてから初めての自由が楽しかった。嬉しかった。だから、沙羅はLeMuでの事故を内心では喜んでいた。
それが、ある意味では浮かれた行動につながっていたのでしょう。
そしてそれをトレースしたのがココの行動であるなら、これは「表面的にはコメディであるけど、内実は切ない」という王道的な作劇によるイベント、演出だったのでは。

こう考えて、Ever17のストーリーがますます悲しさを帯びたものに思えるようになり、「緊張感が無さ過ぎる」という印象はひっくり返ってしまいました。


○「鶏が先か、卵が先か」

2017年の優春に語りかけたブリックヴィンケルですが、この語りかけが無かったら、2034年の出来事はなかった。
でも、2034年の出来事がなかったら、ブリックヴィンケルが2017年に優春に語りかけることもありえないのではないか、というものです。

これ、プレイ中は全く疑問に思いませんでした。
なのに考察(あと2chの過去ログ)で多くの方がこの点を「欠点」とされていたので驚きました。

すごく単純な解釈なので笑われるかもしれませんが、ブリックヴィンケルは「四次元な存在」で、「時間に束縛されない」のでしたよね。だから、2017年が、2034年が、というのは実はあまり意味がなく、「ブリックヴィンケルにとっては、2017年と2034年は連続して不可逆の軸(僕らにとっての時間軸)上にあるのではなく、自由に行き来できる「お隣」みたいなものである」・・・・のではないでしょうか?

だから、どっちが先?というループは意味が無いのではないか、と思います。

(2)2017年に缶を蹴ったのは誰なのか

・缶の音がする
・缶がレムリアリッシュ・ルイーネまで転がってくる
・缶の後を追うようにピピが現れる

・・・・ですので、ピピが蹴った(転がした)しかないかと思います。
音が聴こえるタイミングが不自然なのは、空さんがレミのシステムを使って「音がよく聴こえるようにした」ことの作用。

(3)2017年に、数を数えていたのは誰なのか

ゾクリとしたホラーなシーンでした。
ここは上のピピのようなわかりやすい?オチはなく、まるで幽霊でもいたかのような演出でしたし。
今のところ、2034年の少年の声が聞こえた、としか解釈しようがないかなあ、と・・・・
あるいは、もうちょっと根拠が薄いですけど、「空さんのイタズラ」というのを推しておきます。少年の声をいくつか録音すれば、レミで合成して流すことはたやすいでしょう。
この場面で空さんだけがちょっと楽しそうだったことが気になっていたもので。
ありえる線だと思いますがいかがでしょうか。

(4)優春がすごすぎる

これは・・・・「そういう設定」としか言いようがないような・・・・
ご都合主義、と誹られても仕方がないかなあ。

(何故か難しい外科手術をこなし、致命的な心臓病に冒されながら出産をこなす・・・・後者は奇跡として感動したいところですね)

(5)クワコギの記憶喪失

これも・・・・「そういう設定」?
いや、「ブリックヴィンケルが彼とホクトを同一視したから」という、2chのログでよく見かけた説がしっくりくると思います。
(ブリックヴィンケルにとって、2017年と2034年は不可逆の関係ではない・・・という仮定に留意してください。矛盾なくつながり、ループが生まれるはずです)

こんな感じで。
最初にクリアしたときは「衝撃!」って感じが強くて「感動!」という印象はやや薄かったのですが、再プレイしたり、ニコニコ動画で実況を見たりしていると・・・・泣けてくるんですよね。
やはりこれは素晴らしいゲームでした。

|

« @ | トップページ | 燃えろFMシンセ »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

カブラギってよむんじゃないの?

投稿: | 2012年3月13日 (火) 10時32分

>無記名
ファンの間で「クワコギ」と呼んでいることがあるので、ネタとして書いています。
書いたままを読むとそうなるでしょう?一種のお遊びのようなものです。

投稿: がっでむ | 2012年3月13日 (火) 15時37分

カブラ[ギ]ではなくて、カブラ[キ]ですね。

投稿: | 2014年6月17日 (火) 04時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159736/45077402

この記事へのトラックバック一覧です: Ever17 ネタバレ考察:

« @ | トップページ | 燃えろFMシンセ »