« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月26日 (日)

大地割り~そそり立つ姿~(違

Hiru3


Hiru6


Yuhi3


Yoru5


Yoru4


Yoru1


お台場のガンダム!
いやー、見に行ってよかったです!!

ノリで限定プラモまで買ってしまいました・・・・・おまけ要素はかなりショボーンですがorz
14時くらいに到着して、一通り撮ってから公園内を散歩してました。恥ずかしながら初めて知ったんですが、「台場」って史跡があるんですね。
下まで降りていって一通り歩いてきました。ぬかるみにハマってこけそうになったりしましたw

で、ガンダム周辺に戻ったらちょうど夕暮れになってきたので、そのまま暗くなるまで粘っておりましたw
相当歩いたし汗もかいたけど、飲み物やらアイスやら買いまくっていたのであまりダイエットにはならなかった模様。

しかし、(繰り返しになるけど)見に行ってよかったです。
あれはすごいわ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

夏の風物詩的な

0

ご近所の城北公園にて発見。
木についた状態のものは、僕は初めて見ました。

夏ですねえ・・・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

白き魔女終了

1

昨日、電車で移動中にゲームクリア。プレイ時間は20時間弱です。プレステ版は戦闘などで難易度が低いためか、PC版より早く感じますね。

何回やっても感動します。
色あせないストーリーはもとより、旅の途中で目にするちょっとした風景や町並み、村人たちとの会話、そういったものにいちいち胸がいっぱいになるのは、ティラスィール(白き魔女の舞台)の世界が懐かしいからなのでしょう。
このゲームは、単に「昔やったゲームの一つ」ではなく、ゲーム中の旅路が、出来事が、あたかも自分自身の体験であるかのようで、全てが自分自身の思い出であるかのようで。
今回はプレステ版をプレイしましたが、白き魔女の物語と冒険はいつも、リアルで濃密な感慨に満ちています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

ほのぼの道中

いろいろと気を取り直して、洗濯をしつつ白き魔女のPS版をプレイしてます。
今日は洗い物が多いので、洗濯もすでに二回目です(--;

○メインシナリオ状況
「第一章 テグラの宝石」:終盤

○現在地
ヒスイ街道(ネルバ→テュエール間)

○パーティ
ジュリオ、クリス、アルフ

○雑感(「序章 小さな巡礼者」含む)

プレステ版はPC9801版がベースになっていて、グラフィックなんかもかなり忠実度が高いのは周知のとおり。
で、意外と知られてないのですが、PSP版(ガガーブトリロジー白き魔女)も同じようにPC9801版をもとにした移植だったりします。
つまり、Windows版での追加イベントは反映されていません。誤植なんかもそのまんま。

ラグーナの宿酒場入り口に立っている女性、最初に話しかけたときには「テトー」という名前なのですが、クリスとはぐれた後にもう一度話しかけると「テナー」になっています。これ、PSP版の時に初めて気が付いたのですがプレステ版でも一緒でした。
もしかしたら、98版も一緒かもしれません。 (持ってるのですが実家に置きっぱなしで。EGGのを買おうかなあ)

たぶんテキストを打ち込むときにミスしたものが残っているのでしょうね。


・・・・・・・・なんてマニアックな話題(笑)

フィールドマップが地方色豊かなのも特徴ですね。スタート地点であるラグピック村周辺は針葉樹がメインで、高地であることと寒さを演出。
海を渡ってからはなにせ地名が「もみの木ヶ原」だったりして、それっぽい樹木に変わります。
今いるヒスイ街道でもまた違うグラフィックです。こういう演出はこのゲームくらいでしか見たことがありません。

(PSP版はぱっと見はきれいだけど、こういう細かい演出は全部省略されてます)

このマップを歩き回っているだけで、ティラスィールという世界がある程度のリアリティをもって感じられます。チープなグラフィックですが、表現には妥協がないので臨場感があるんでしょうね。

やっぱりこのゲームは最高です。
序盤をプレイしていても、素晴らしい音楽と、いつか見た光景にすぐに胸がいっぱいになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

PS版白き魔女を開始

朱紅い雫が終わったので(記事にできてないですが)、白き魔女のPS版を開始~。
PS版は白き魔女もかなり地味な出来ですが、意外と丁寧な移植で大好きです。
今回はPSP上でプレイ開始。PS実機でのプレイ回数はもう数え切れません。

え、サターン版?サターン版なんかありません!w
(でも、サターン版のスタッフロールは大好き)

0


巡礼の旅(ラグピック村の、古来より伝わる成人の儀式)を翌日に控え、前祝いのイノシシ鍋の材料(笑)を「自分の祝いの獲物くらい自分で獲って来い!」とイノシシ狩りに出されるジュリオ(^^;
そりゃ「どこがボクのお祝いなのさ!」とも言いたくなりますよねwww

1

2

かなり後半に入るまで、こんなほのぼのしたゲームですが、あらゆるゲームのなかでこれが一番大好きです。

プレイ時間は朱紅い雫の1/3もかからんので、気軽に遊んでいきますわ。

※画像一枚目はいろいろ残念感漂うジャケット(この絵を描いた方は今何をされてるのでしょう?)。

※画像二枚目、三枚目は大イノシシとの遭遇時。いや、ほんとこいつら大好きwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »