« SP-404SX発売 | トップページ | イースSEVEN 感想 (2) »

2009年9月27日 (日)

イースSEVEN(1)

発売日に店頭で購入しましたが、忙しかったこともあって一週間かけてようやくクリアしました。
記事を書くのがまた遅れてますが、ご容赦くださいm(_ _)m

PSPの白き魔女とかPS2のイース4,5あたりはかなり長いプレイレポートを書いていましたが、今回はまったく新作ですのでプレイ日記は最初から考えていませんでした。(もともと、「オリジナルと比較してどうなってるか」を細かく書きたくて長いプレイ日記を付けていただけなので)

というわけで、イースSEVENに関してはプレイ後の感想のみ、だらだらといろいろ書いてみたいと思います。

まだストーリーのネタバレは無い・・・・と思う、たぶん。
(まあみんな知ってるでしょうけどねw)

○全体の感想

面白かったッ!!!
というのが、単純ですが正直な感想。これはシリーズ最高傑作だと思います。
従来より格段にボリュームが増しましたが長すぎる程ではなく、飽きさせないよう工夫が凝らされているので苦になりませんでしたね。
ただ、よく言われているようにクリア後の特典的なものがまったく無いのと、OPムービーが2003年のイース6に比べてもずいぶんショボイのは残念でした。

プレイしながら強く感じていたのは、「コンシューマの新作タイトル」としてウケるように作られている、ということです。従来のイースなら、必殺技をぶっ放すアドルなんてとても想像できませんでした。また、アニメ的な記号的なキャラクターの多さも今回は際立っていたと思います。
よく誤解されていますが(もっと言うとPCエンジン版のせいで歪められていますが)本来、イースシリーズはアニメ的な路線とは対極を行く、本格ファンタジーを志向していたのですよ(--;

ただ、こうした(個人的には好みではない)味付けが、ようやくコンシューマゲームに求められる派手さをイースにもたらした、そしてこのことが、イースシリーズの新作として大切な「爽快感」を今までで最高のものにした・・・・と思います。結果的には、これは大成功と言えるでしょう。
アニメっぽさが増したとはいえ、ファルコムらしい抑制されたアニメっぽさで、イースシリーズの持っていた渋さもかろうじて残されていると思います。
でも欲を言えば、キャラクターの絵は差し替えないでほしかったな。そうしたら売れなかっただろうけどw
あっちのほうがイースらしい絵だと思います。

もうひとつ、今回強く感じたのは「イースSEVENは、イース5の再チャレンジなのではないか」ということです。
これについては、後日また少し詳しく書きます。

|

« SP-404SX発売 | トップページ | イースSEVEN 感想 (2) »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159736/46325206

この記事へのトラックバック一覧です: イースSEVEN(1):

« SP-404SX発売 | トップページ | イースSEVEN 感想 (2) »