« お買い物いろいろ | トップページ | 塩素肉 あるいは In Sound »

2009年12月27日 (日)

Quantum Leap Symphonic Orchestra Starter Edition

http://www.soundsonline.com/free-orchestra

QLSOの下位バージョンというか、無料バージョンがダウンロードできるようになったんですね。

収録内容は、こんな感じ。

※音色名がわかりにくいので読み込みながら試しています。特に、奏法を示すと思われる文字列がイミフ・・・・

・11人編成バイオリン(Lyr Aってなんだろ)
・11人編成バイオリン サスティンあり、ビブラートあり
・2人編成トランペット(Q Legってなんだろ)
・2人編成トランペット(Stac RR x4・・・とりあえずスタッカート)
・6人編成フレンチホルン(Stac Long・・・スタッカート、短いぞ?)
・ファゴット、ビブラートあり
・コントラバス(Quick Up Down・・・アップとダウンボウを交互に演奏、スタッカート)
・Crotales・・・・打楽器
・イングリッシュホルン(二人?ノンビブラート、Portatoってなんだろ)
・マリンバ
・ベル(Orchestral Chimes、チューブラベルかな)
・ソロのフレンチホルン(Q Legってなんだろ)
・ソロのフルート(きつめのビブラートあり)
・Sleigh Bell (クリスマスな感じのベル、トレモロ奏法と単音)
・ソロのトランペット(ビブラートつき
・ソロのトロンボーン(ビブラートつき
・タンバリン(トレモロと単音
・トライアングル(トレモロと単音
・ビオラ、ソロのピチカート
・チェロ、サスティンあり、ビブラートあり、堅め(VCSってヴィオロンチェロのソロってことだと思うけど、音はアンサンブルに聴こえる)

一通りの音をとりあえず弾いてみたところ、リアルなのは確かです。
ただバリエーションが微妙なので、フルオケするなら手持ちの音源と混ぜて使うのが前提でしょう。が、これに含まれてる楽器だけでアンサンブルを組んでもそれなりの響きにはなると思います。

例えばチェロの低音にコントラバスで小節頭のアタックだけ補い、ビオラはとりあえずなし、バイオリンは二部、という編成の弦に、フルート、ファゴット、イングリッシュホルン、そしてトランペット×3(二人のプリセットとソロを使用)、ホルン(ソロのプリセットをふたつまたは四つ使用)・・・といった具合ですね。
・・・・・ビオラなしでいいのか?(汗

まあ、ダウンロード必須かなあ、とは思います。
ただまあ、PLAYエンジンの使い方がわかりづらいのですが・・・・

↓超短いですが、音を鳴らしてみました。
http://musictrack.jp/musics/10943

|

« お買い物いろいろ | トップページ | 塩素肉 あるいは In Sound »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
ここ数年、市販品のFree版が
数多く出ていますが、またまた、
とんでもないのが出ましたね^^;

一応、DLはしてみました。
近いうちにOSを入れ替えるので、
その時に入れようかと思います。

先日、Komplete Classicalを購入したので
それと組み合わせて使うと面白そうです。
64bit版が収録されているのがいいですね^^


がっでむさん、Komlete6購入されたみたいですね。
僕はKomplete5の方を購入しましたよ。
6にアップグレードするかどうか迷いましたが、
Kontakt4以外は必要なかったので今回は見送りました。

Kontaktは純正ライブラリなら
64bitでも問題なく動くようですが、
他社製ライブラリは不具合が多いみたいです。

次はPlay系のシンセ買おうかな。。。
GoliathとかSilk辺り狙っています。


僕のブログでも触れましたが、
先日、Konnect24D購入しました。
とんでもない使い方してますが、
1212mを手に入れた時とは別の感動が
あってなかなか良いI/Fです。

投稿: ひろうさぎ♪ | 2009年12月29日 (火) 12時22分

>ひろさん
あけおめです~。
メーカー系のフリー音源は説明書なんかが充実してないこともあるので実は苦手です。
例えばIndependenceなんかはぜんぜん使っていなかったりします。
QLSOは「派手すぎ!」って印象が否めなかったのですが、どうもそれはデモの出来によるもので、今回のフリー版で少し見直しましたw
でも、フルートはもうちょっとおとなしいほうが好みかな、とか思います。

Komplete5にはB4IIがあるんですよね。あれは今けっこう欲しいんですが、売ってないですね・・・・・。
6のほうは、主にKONTAKTとFM8目当てです。しかしKONTAKTのエディットがわかりづらくて、また他フォーマットのインポートもエラーが多量に発生するしで閉口してます。それでもがんばってw 使ってはいるのですが、少なくとも、自分でサウンドを用意したりライブラリを構築するには、EmulatorXの足元にも及ばないかな・・・と。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

投稿: がっでむ | 2010年1月 4日 (月) 11時30分

あけおめです~♪
あー、確かに。。。
Independenceは今は分からないけれど、
確か物凄く不安定で結局使わなかったですね;;
ギターの音はなかなか良いんですが。。。


Komplete5は収録されているソフトは、
本当、凄い数があります。
僕はKontaktとAkoustic Piano、Electric Pianoが殆ど目当てでした。

Komplete6に収録されていない製品は、ここ最近とんでもない価格で、
投売り状態でしたね^^;
Akoustik Pianoとか9980円でかなりお買い得だと想います。


Emulator Xも他社フォーマットを読み込む時にエラーは結構ありましたが、
自分で作る分にはなかなか良いですよね。

Emulator Xそのものは好きなのですが、
Windows7の64bitには対応していないみたいです;;

Emulator X3が発売されれば、
欲しいんですが、日本での入手は絶望的なのが残念です。

サウンドハウス辺りが代理店してくれると助かるんですけどねw

E-MU Proteus Packも日本では買えないし。。。
D-Pro版はせめて売って欲しい。。。

投稿: ひろうさぎ♪ | 2010年1月 9日 (土) 00時48分

>ひろさん
そうそう、アコピは手持ちのGigaライブラリを変換して使うつもりでしたが、KONTAKTよりEmulatorXのほうが再現性が高いうえにエディットしやすいです。

というかKONTAKTはエラーだらけで変換できませんでした。

ProteusPackはダウンロード版があるので、国内でも買えますよ。

投稿: がっでむ | 2010年1月 9日 (土) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159736/47132718

この記事へのトラックバック一覧です: Quantum Leap Symphonic Orchestra Starter Edition:

« お買い物いろいろ | トップページ | 塩素肉 あるいは In Sound »