« EmulatorX3を導入しました | トップページ | Vocaloid mikiで「風の伝説」(いちおう完成) »

2010年1月31日 (日)

EmulatorX3の新機能、そして初ボカロは「風の伝説」(なんのこっちゃ)

http://homepage1.nifty.com/goddem/Xtractor_test.mp3

Emulator X3の新機能「Xtractor」と、去年買ってからというもの動作確認で一回起動したきりだったボカロ(SF-A2 開発コード miki)を使ってこさえてみました。
出来は微妙ですが、作業の手間は結構かかったのでメモ。聞いてくれwww


オケはCDから抜き出したトラックをEmulator X3にインポートし、Xtractorでボーカルキャンセルしたもの。

完全ではありませんが、単体機のボーカルキャンセラより柔軟で、追い込めばそれなりに使えそうです。単にボーカルをキャンセルするだけでなく、ねらったポジションの(パンの位置と範囲、そして周波数)音でゲインを上げたりピッチを変えられるのがポイント。

こうやって作ったボーカルレスのオケを、今度はやはりEmulatorX3の機能「Twista Loop」でビートを検出し、テンポマップをMIDIファイルで書き出します。
これをCubaseにインポートし、オケをオーディオトラックに展開しました。

これを聞きながらキーボードでメロディを演奏(この時もEmulatorXの音色を使いました)し、スタンダードMIDIファイルに書き出して、それをスタンドアロンで起動したボカロエディタに取り込んでから歌詞やニュアンスの入力をしていきました。

最後はwavに書き出した歌とオケを合成、歌が入ってないところは未処理のオケを用意しておいて、クロスフェードさせました。(でもちょっとバランス悪い)

ボカロを弄るのはこれが初めてなんで、お手柔らかにお願いしますm(_ _)m
スタンドアロンだと歌だけを聴きながらの作業で、オケとの合いを確認できない・・・今度はReWireしてみたいと思います。

結構面白いですね♪


曲はファルコム音楽フリー宣言に則って、「ファルコムボーカルコレクション4」から「風の伝説」を使わせていただきましたm(_ _)m

(c)日本ファルコム

|

« EmulatorX3を導入しました | トップページ | Vocaloid mikiで「風の伝説」(いちおう完成) »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159736/47441387

この記事へのトラックバック一覧です: EmulatorX3の新機能、そして初ボカロは「風の伝説」(なんのこっちゃ):

« EmulatorX3を導入しました | トップページ | Vocaloid mikiで「風の伝説」(いちおう完成) »