« ProteusVXとかEmulatorX2用 Kurzweil MP1のピアノ | トップページ | EmulatorX3の新機能、そして初ボカロは「風の伝説」(なんのこっちゃ) »

2010年1月28日 (木)

EmulatorX3を導入しました

X3

B&Hから個人輸入。

ここ、なぜか199$で売ってるのです。もちろん、ちゃんとフルバージョンで。定価は499$ですから半額以下ですね。・・・・・・在庫が余りまくっているのでしょうか(--;

(この安さは某フォーラムで「EmulatorX3は生産終了になった?」なんてうわさになるほどw)

X31_2


X32

パッケージ内容は、EmulatorX3のCD-ROMが一枚、サウンドライブラリが5+1枚。

Xtreme-LeadXは別売りされているものと同じディスクですね。

StudioGrandやX Producer、BeatShop One、Xperienceは、ディスクにあるコピーライト表示を見る限り「2006」ですので、EmulatorX2に入ってるものと同等のようです。

LoopMastersだけが紙ケースに入って同梱されてます。内容はオリジンシリーズからの抜粋で、全体の容量は400MB程度と体験版クラスのボリューム。1バンクあたりのプリセット数は一桁だったりもしまして、ちょっと残念かも。

他にはインストールガイドが一枚だけ入ってます。X2までは一応冊子がついてましたが、それも無くなってしまいました。

製品シリアル番号はケースの内側にシールで貼られています。

ところで、このインストールガイドには、日本での問合せ先としてちゃんとクリエイティブメディアが載っています。しかしながら、ご存知の通り日本でemulatorX3を入手することは困難なばかりか、クリエイティブメディアに製品のラインナップについて問い合わせると「E-MU製品は取り扱いません」と言われてしまいます。

要するに、E-MUに対しては「うちが代理店です」という体裁だけつくろってあるのでしょう。そして、実際には取り扱いをしない。売れないからなのか(仕入れすぎなければ良いだけのような気がする)、サウンドブラスターの売れ行きが食われるのか、それともサポートしきれないのか。

なんにしても、あそこは一体、いつまでこの体たらくで代理店ヅラをしてるのでしょうか。

低価格で高品質なここ数年のE-MU製品を欲しがっているユーザーはたくさんいます。

それなのに取り扱いをやめてしまった上、権利だけ持っていて他の代理店が手を挙げることも出来ない状況なのだとしたら、クリエイティブメディアは、ユーザーにとって害悪でしかありません。

もういい加減にして欲しいものです。

|

« ProteusVXとかEmulatorX2用 Kurzweil MP1のピアノ | トップページ | EmulatorX3の新機能、そして初ボカロは「風の伝説」(なんのこっちゃ) »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~♪
EmulatorX3導入おめでとうございます^^
BHQ覗いてみましたが、
凄く安いですね。アップグレード版と
同じ価格なのに新規のパッケージだ。

64bitにも対応しているし
ドングルが廃止されてるみたいなので、
なかなかいいですね^^


個人輸入する時って
購入はクレジットカードで行うんでしょうが、
転送サービスとか使ってるんですか?
手数料込みでどれくらいになるんだろう。

個人輸入に興味はあるんですが、
どうすればいいのか良くわかんなくて^^;
全部引き受けてくれる所使えば、
注文から何からやってくれるみたいですが
手数料が高いのでちょっと考えてしまいます。

もう、売切れてしまいましたが
アメリカのamazonで1820mが189$で売ってあって
いいなぁって思ってましたw


>PatchMix
E-MUのPatchMixは便利ですよね。
あれに慣れてしまうと他に移行できなくなっちゃいます。

幸い、サブにつけてた0404を取り外して
メインマシンに繋げてます。入力も出力も
デジタルでやってるので音質はそほど変わりませんでした。

ただ、Windows7の64bitを入れたんですが
Windows7だからなのか、64bitだからなのか、
それともハード同士の相性の問題なのか
MMEでの録音が駄目駄目です;;
ASIOでの録音は問題ないみたいなので、
作曲には支障はないですがかなり不便です。

てか、VISTAからの移行は問題ないですが、
XPからのWin7 64bitへの移行はなかなかきついですよ。
全体的に動作が怪しくなるソフトが結構あります。


>mobile Studio Canvas
さすがに今更32KHzはないですよね。
USB経由でデジタル録音もできそうだし、
値段も手ごろなので僕も購入検討しています。

最近ソフトばっかで、
ハードの使えるシンセも欲しかったので
どんな音色があるか楽しみですね。

投稿: hiro | 2010年2月 7日 (日) 22時56分

>hiroさん
こんばんは。
個人輸入の際には、代理業者等は使わず直接注文しています。カード情報も直接。最終的には流出の可能性は0ではないため、転送サービス等を使っても使わなくても、流出しないよう願うしかありません(><)

今は世界中へ発送してくれるネットショップがすごく多くて、便利になりました。
関税は500円で済みましたが、送料はUPS使用で40ドル弱でした。FeDexだと70ドルくらいになります。
ただ、UPSでも三日程度で届きましたので、在庫さえあれば時間はそれほどかからないかと思います。追跡も出来ますよ。

X3は地味なアップデートですが、使い勝手は非常に良いです。
ただ付属ライブラリが貧弱なのと、あれが499ドルではやっぱり「高すぎ!」って思います。

>>Windows7
今はまだ、DTM用途には早いんじゃないかなあ・・・・・(汗

投稿: がっでむ | 2010年2月 7日 (日) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159736/47409589

この記事へのトラックバック一覧です: EmulatorX3を導入しました:

« ProteusVXとかEmulatorX2用 Kurzweil MP1のピアノ | トップページ | EmulatorX3の新機能、そして初ボカロは「風の伝説」(なんのこっちゃ) »