« ネットブック買った | トップページ | 開発コードmikiで「風のモノローグ」 »

2010年3月19日 (金)

ドラゴンスレイヤー英雄伝説II

先日、プレイしていたメガドライブ版の「ドラゴンスレイヤー英雄伝説II」をクリアしました。
このゲームはいろいろな機種で発売されましたが、プレイしたことがあるものはPC98版、スーパーファミコン版、PCエンジン版、メガドライブ版、プレステ版となります。
これらのうちクリアしたものは、実はPCエンジン版と今回のメガドライブ版だけだったりします。(しかもメガドライブ版を最後までプレイしたのは今回が初。)

メガドライブ版を終えての感想としては、率直に言って「劣化したなあ。。。。」と。
まあこの移植版ですら1995年、15年も前のゲームなので今になって感想やらレビューやらを書くのもなんなのですが。

メガドライブ版の何が劣化か、というとやっぱり「ビジュアルの削除」に尽きると思います。
FM音源サウンドは基本的にパソコン版の正等進化といえますし、通常のマップ、キャラ等のグラフィックもパソコン版に忠実(ただしサイズが二倍)です。
ゲームバランスも、ほとんど変わっていないように思います。

ただしビジュアル、ここで言うのはグラフィック一般ではなくオープニングの絵とか、章の間の絵とかそういうのですね。
結果的にはほとんど全カットになっていて、残っているのはオープニングの中盤(フラッドたち)、エンディングの女神フレイア(全身とアップの二枚)、スタッフロール背景の高台から見下ろす絵、くらいのものでした。
特にエンディングは、メガドライブ版の場合にはちびキャラがかなり大きいため、ちびキャラでの表現だとシチュエーションがわかりにくい気がします。

音楽はカッコよくて悪くないんですが、オープニングの後半がカットされていたり、スタッフロールの曲がカットされていたりしますね。
ほとんどの曲は音色も構成もグレードアップしてますが、「ストッパー」とか「グロストス城 突入」とかはなんか微妙なアレンジでした。

ゲームバランスが微妙なのはもともとかな?

英雄伝説Iはシステム優先で自由度が高いつくりでしたが、IIはストーリーが濃くなった一方で自由度は。。。。キャラクターの成長を自由にコントロールできる、と言っても、最強装備が主人公限定だったり最後の最後で抜けるキャラがいたりでは。。。。。ねぇ。

でもまあ、そこそこ楽しめました。
今はそのまま流れに乗って、メガドライブ版の英雄伝説Iをプレイしていますwww
やっぱりIのほうが、音楽なんかは好きだなあ。

|

« ネットブック買った | トップページ | 開発コードmikiで「風のモノローグ」 »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159736/47850291

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンスレイヤー英雄伝説II:

« ネットブック買った | トップページ | 開発コードmikiで「風のモノローグ」 »