« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年11月26日 (金)

Mopho Keyboard

先日、DaveSmith Instruments社のMopho Keyboardを購入しました。(中古だけど)

Mophokey

バーチャルアナログではなく本物のアナログシンセということで、それなりのお値段ですが単音しか出ない、いわゆるモノシンセです。すごくいいのですが気になったことがいくつか・・・・

・レゾナンスを上げると音量が下がる
聴感上のことですが、レゾナンスを上げたときに低域が痩せる気がします。高域が強調されるので相対的に低域が落ちているからでしょうか。

・フィルターを絞っても音が残る
絞りきれない、というわけではなく、どうもフィルタリングされていない(明るいまま)の音が薄く重なっている感じです。エンベロープのアマウントを0にして、念のため各モジュレーションソースがフィルターに行ってないことを確認したのですが、確かにフィルタリングされていない、明るい音質の音が小さく残ってしまいます。故障?

鍵盤は、押し込むと「ヌルッ」と沈むタイプです。XioSynthとかに近いかも。
上記のフィルターの挙動だけが気になりますが、フィードバックを効かせた音はぶっとくて楽しく弾けます。
いいシンセですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »