« 別冊少年マガジン 6月号の感想 | トップページ | 6月9日は超人ロックの日! 2011 »

2011年6月 7日 (火)

Proteus Orchestra(2)

何年も前に書いた記事の続きです。Proteus Orchestraについてぐぐると、昔書いたいい加減な内容の記事がけっこう上位に来てしまうようなので。。。。

Proteus Orchestraについて、とりあえず僕が考える長所・短所をまとめてみました。

○長所
・弦セクションが人数別にサンプリングされていて、アンサンブルを構成するのに便利
・弦のスピカートの音がなかなかリアル(オーディションRIFFを聴くとすごい迫力)
・クラリネットやファゴットの音が良い
・トロンボーンやホルンのmp~mfくらいの音がふくよかでよい
・パーカッション、ハープが柔らかくリアルで臨場感がある
・同一のオーケストラを同じ場所でサンプリングしたためか、全体的なまとまりがよい

○短所
・弦セクションはスローアタックのサンプルが基本で、マルカートの音はこれにスピカートを重ねてるだけ。
・弦セクションに色気が無い(Proteus/2のようなEIII世代の音と比較するとあまりにも。。。。)
・フルートとピッコロとオーボエがうんこ
・金管楽器のデュナーミクがmfくらいで頭打ち。ff!!って感じのサンプルが無い。
・金管楽器のセクションはソロ音色をレイヤーしてるだけ。セクションのサンプルが未収録。
・ピアノがない。グロッケンがない。
・シンセストリングスとかが微妙に入っているが、いらない。
・サラウンド向けのプリセットもあるが、いらない。
・残響つきのサンプル、プリセットがあるが、いらない。

やっぱりちょっと短所のほうが多くなるな(汗
でもお気に入り音源であることには変わりないんですよ?
次に、短所に挙げた点をある程度緩和することを考えてみます。


○短所の克服
・弦 そのままでもかなり好きですが・・・・・。
1:とりあえずProteus/2の事は忘れる。音源モジュールの音としては十分高品位だから。
2:マルカートのプリセットで、ベロシティでアタックタイムをモジュレートするかスピカートのサンプルをベロシティ・クロスフェードさせる。
(プリセットによっては、パッチコードを駆使して最初の一音にだけアタックがつくようになっていますがどのプリセットか忘れました。パッチコードの中身も当時サポートの方に教えてもらったけど「ヒントです」みたいな感じで、理解できなかったorz)

・木管楽器(というかフルートピッコロオーボエ)
1:フルートやピッコロはそのままでは棒なので、LFOをsine+noiseにしておきこれを使って音量をモジュレート。さらに、これをAUXエンベロープに接続して、アタックの後で少しの間をおいてビブラート(エフェクター的に言うならここではトレモロ)がかかるようにする。
2:さらに、ベロシティでアタックタイムをモジュレートして、ブレスを抑え自然なレガート感が出せるよう調節する。
3:オーボエは2を実施するとともに、アンプエンベロープのアタックレベルを96%くらいにしておき、ディケイ1で100%に向かわせ伸びやかな感じを目指す。
4:がさがさした感じが気になる場合、少しフィルターを絞っておく

・金管楽器
1:トロンボーンはポリではなくモノモードにし、ややグライドをかけておく。
2:打ち込みでピッチベンドを多用。各楽器のピッチができるだけ合わないようにして、人数感を高める。
3:音色エディットでは、(A)ランダムLFO+ラグプロセッサをfine pitchに通して音程を不安定にする (B)key Rondomをfine pitchに接続して値を調整し、打鍵の度にランダムな値でチューニングをずらす、などしてピッチのずれを意図的に作っていく。

ピアノみたいに、入っていない音色を使いたい場合は素直に別の音源を使いますよね。

Proteus Orchestraはサンプル自体はそれほど悪くないものの、E-MUの傑作であるEIII用ライブラリーや、これらを基にした旧Proteusシリーズのオーケストラサウンドとはキャラクターが大きく異なるために期待はずれの感が強く、これが今でも評価を下げているのではないか、と思います。
でも、オーケストラサウンドのためのハードウェア音源としては確かに最高峰の一台だとも思います。

中古も下がってきてるので、興味のある方はぜひ試してみてください。
(僕も二台目が欲しかったりします。やっぱりソフトシンセばかりより、ハード音源でDTMするほうが楽しいわ。)

|

« 別冊少年マガジン 6月号の感想 | トップページ | 6月9日は超人ロックの日! 2011 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりでございます。
vintage keysを相変わらず使い続けております。
やはりこの頃のE-MUの音は生々しくて捨てがたいです。

最近何をまちがえたか、
proteus /2 XR Orchestal をゲットしてしまいました。
volumeつまみはとれているものの、音は出る、という
ジャンクなのですが、manual がありません。
E-MUのHPを見ても、ダウンロードできるものはなさそうです。どこかで必要最低限でもいいのでmanualがありませんでしょうかね?
vintage keysと基本的には同じでしょうか。

投稿: mukioo | 2011年8月25日 (木) 16時27分

mukiooさん、コメントありがとうございます。
VintageKeysはいい音源だと思います。古い音源ですが、楽器の音というのは新しい部品だから良くなる、というわけでないのが面白いですね。

さて、古い機種のマニュアルについて、できるだけまとまっているところを探して記事に掲載しました。古いProteusのものもありましたので、見ていただければ嬉しいです。
たぶんVintage Keysとあまり変わらないとは思うのですが、フィルターが付いていないなど機能的な違いはあるはずですので。

Proteus/2も(拡張カードやCD-ROMで)音だけ持っていますが、特にオーボエなどは絶品で今でも好んで使っています。
mukiooさんの音楽に役立てられることを願っております。

投稿: がっでむ | 2011年8月25日 (木) 21時47分

結局proteus 2000入手できました。bankがいっぱいあって、なんだか混乱しますね。vintage keysなんかが実に牧歌的に思えてきます。あとは。proteus orchestraと、grail などのROMを移し替えねば。orchestraのROMは、どれか1枚だけを移植すればよろしいのでしょうか?

投稿: mukioo | 2011年12月 8日 (木) 14時45分

>mukiooさん
P2kの入手、おめでとうございます。
フタを開けると、メモリのスロットが4つ並んでいます。サウンドROMはここに付いていますが、Proteus Orchestraは標準で二枚のROMがありますので、二枚ともP2kに移してください。
オケ+ピアノで計3枚ですから、P2kに元々ついているものと合わせて4枚、めいっぱい搭載することになると思います。

筐体の右の方に一枚だけ刺さっているのは、システムを収めたSIMMになります。Proteus Orchestraのここが壊れている可能性が高いので、これは移さないほうが良いでしょう。
フロントパネルやノブは、そのまま移してしまっても構いません。
(ノブは、ノブがくっついている基板ごと移植する方が簡単だと思います。内部で簡単に分割できます。)

投稿: がっでむ | 2011年12月 8日 (木) 20時30分

無事、ROMを移植し音が出ることが確認できました。本当に色々ありがとうございます。ついでながら、PROTOZOAなるROMが、P-Orcheについていました。何系の音か出していませんが空きスロットがないのでとりあえず確保。基盤ごとの移植はどこをはずすべきか悩みそうです。入手したP2Kの液晶が汚れているので、P-Orcheのを移植したいところですが。

投稿: mukioo | 2011年12月10日 (土) 23時54分

>mukiooさん
Protozoaが入っていたのですか!これはProteus1/2/3(初代のProteus)を一枚のROMにまとめたものです。Proteus2000に対しても、Proteus Orchestraに対しても弱点を補うような音色が入っているので重宝しています。

ピアノROMとどちらを刺すか悩ましいですね・・・。

基板の外し方ですが、説明が難しくて・・
まず、上蓋を取ります。
それから、フロントパネルを外してみてください。
裏から見ると、左側(ノブがついている)、中央(液晶)、右側(ボタンとエンコーダ)、という三つに分かれていて、それぞれからケーブルが伸びてメイン基板につながっているはずです。
メイン基板との接続は普通のソケットですので、安全に抜き差しできると思います。
(僕はこうやって、Xtreme-Lead1というモジュールの左右のパネルをまるごとProteus2000に移植して修理したことがあります)

壊さないよう慎重になる必要はありますが、ぜひ確認してみてください。

投稿: がっでむ | 2011年12月13日 (火) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159736/51876829

この記事へのトラックバック一覧です: Proteus Orchestra(2):

« 別冊少年マガジン 6月号の感想 | トップページ | 6月9日は超人ロックの日! 2011 »