« 【緊急事態】Emulator X3が起動しない | トップページ | イース セルセタの樹海(1) »

2012年10月 7日 (日)

ガンダムAGEの感想

最終回を観終わってからゲームまで買ってしまいましたが、それもいちおうエンディングを迎えたので感想をば。

いやー、ガンダムAGEは面白かったと思います。まずストーリーは良かった。単純にガンダムのお話としては新しさがある。

主人公が歳をとっていくことや親になること(余談ですが、富野監督は「逆襲のシャア」でアムロを親にするつもりだった。しかし当時のバンダイ、サンライズの反対があり引き下がった。富野監督が出来なかったことを、ガンダムAGEは少なくとも一つ実現した)。
人間が歳をとるということを正面から肯定的に描いている点で、「AGE」というタイトルは伊達じゃないなと思いました。

ストーリー上のイベントや、人物の配置もよく考えられていたと思います。ある事件や人物を境にして対照的に描かれるものが多いのは、日野氏の好きなテクニックなのでしょうか?

例えば、3話だったかな、うんと序盤のお話で武器を失ったガンダムAGE-1が、コロニーを撃とうとする敵MSの前に身一つで立ちふさがるシーン。主人公のフリットが身を捨ててみんなを守ろうとする場面です。

最終回では、フリットがプラズマダイバーミサイルという危険な兵器で、敵コロニーを撃とうとします。つまり、主人公がかつての敵と同じことをしようとしている。
そして彼の孫(三代目主人公のキオ)は、フリットを止めるために、かつてのフリットと同じように身一つで立ちふさがる。
このシーンは、身震いするほどものすごい。その後に続く一連の流れとともに、僕のなかでガンダムAGEが名作になった瞬間でした。
こういう風に、出来事や人物、風景などいろいろなものが対照的に配置されている(ように見える)、というのはガンダムAGEの大きな特徴ですが、もう少し欲を言うと、それらを対照させることで何を描きたいのか、がもっと明確だとよかったな、と思います。テクニックがあるのは悪いことではないんですが、重要なのはテクニックを駆使して何を描きたいのか、訴えたいのか、ということだと思うので。


しかしまあ、ネットでは叩かれてるのなんの。
叩かれる理由もよくわかるつもりなんですが、彼らは「自分がガンダムだと思っているもの」とちょっと違うだけでまあ、よくあんなに叩けるものです。
ガンダムのファン=全員10代未満ならわからなくもないんですが、少なくともそうでないなら、せめて作品の内容を少しでも理解してから批判してもいいんじゃないだろうか。
叩くのではなくネタにするのはいいと思うんですよ、「強いられているんだ!」で作られた大量のコラとか、すごく面白かったですし。
しかしただ叩くだけというのは・・・・叩くことは、自分を大人になったような気にさせてくれるのでわからなくはありませんが、ガンダムAGEに関しては、これを叩いている人らは明らかに大人を自称しているので。しかしやってることは?

話がそれました。
で、まあ、叩かれる理由にもわかるものはあって、やっぱり最初のフリット編がまずかったと思うのです。ストーリーとしては、終わってから振り返ってみると「ああ、なるほど」と思うことは多いのですが・・・・単純に、観ていて面白くない。
なんかいろんな要素が全部スベってる感じですし(バルガスやイワークさんの頭身も)、ユリンがさらわれるシーンの説明の下手さとか。
たぶん、日野氏があらすじレベルで考えた時点ではまだよかったのでしょうが、実際に脚本に起こすためには肉付けする必要があります。
この、実際にアニメにするための肉付けが、全編にわたってとにかく下手だったのかな・・・・というのがマイナス要因ですかね。
どんなに良いストーリーでも、上手に伝えられないなら意味がない。作品というのは、その「伝える」ための手段なのだから、上手に伝えられないのならば作品を作る意味がないのです。そのくらい大きな、重大な欠点だと思います。
だからガンダムAGEは、個人的には大好きで名作ですが、けして高い点数をつけることは出来ない。

しかし1年間、いろんな意味で楽しませてもらえました。
視聴率やDVD売上はかなりひどかったらしいですが、そのうちきちんと評価される日がくるといいなと思います。
そして日野氏には、また新しいガンダムをやってほしいものです。きっとすごい構想のストーリーで感動させてくれるのではないか、という期待があります。
ただしもちろんその時は、構成・脚本はその道のプロに任せてもらうとして・・・・・。



おまけ。
・好きなキャラクター(男):オブライトさん、ウルフ隊長、イゼルカント、爺フリット、アセム
・好きなキャラクター(女):シャナルアさん、ユリン、ミレースさん、ミンクさん、ジラードスプリガン
・好きなMS:ジェノアスII、ゼダス、オービタル(見た目だけね)、ガンダムAGE1、レギルス
・好きなエピソードタイトル:「赤い夕陽を見た」、「その涙、宇宙に落ちて」、「ヴェイガンの世界」、「激戦の日」、「青い星 散りゆく命」

|

« 【緊急事態】Emulator X3が起動しない | トップページ | イース セルセタの樹海(1) »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159736/55833981

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダムAGEの感想:

« 【緊急事態】Emulator X3が起動しない | トップページ | イース セルセタの樹海(1) »