« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月28日 (金)

ガガーブトリロジーについて考える その2

リメイク版じゃなくてオリジナル版の「朱紅い雫」が「白き魔女の続編」なのにはそれなりに理由があるんだよー!と訴えたいがための記事2回目です。

前回は、「朱紅い雫は白き魔女の対極として作られている」という持論に則り、アヴィンとジュリオという両作品の主人公がどのように対比されているか、を振り返りました。
もちろん主人公ズは好対照をなしているだけではなく、同一性も描かれています。
対比に比べれば根拠が弱くなってしまいますが、アヴィンはきっと、本当ならジュリオのように明るく朗らかな少年に育っていったのでしょう。(希望を感じさせる子供だった、というガウェインの言葉は前作を踏まえると、そのような意味に解釈できる。)

今回の前段としてアヴィンの人物像を見直してみます。

アヴィンというキャラクターはリメイク版においては単純な「熱血漢」というイメージが全面に出されていました。
これは成功していて、とても素直に感情移入の出来る優れた主人公像だったのですが、オリジナル版である98版のアヴィンはもう少し複雑です。
本質的には正義感が強くて思いやりがある熱血漢なのですが、肝となるのは前回も触れたアヴィンの生い立ち、成長過程。
幼い日にかけがえのない両親を喪失し、妹と別れるつらい決心をした彼は焦燥感、不安、孤独、そういったものを抱えて成長します。結果として、熱血漢という本質はややクール目な、斜に構えた、ひねくれた、諦観的(というかマイナス思考)な人物という印象をまとってしまっているのです。

彼がその本質を見せる相手は基本的にマイルかアイメル、だけでした。

続きを読む "ガガーブトリロジーについて考える その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

ガガーブトリロジーについて考える

久しぶりに書きます。セルセタの樹海については、記事にするタイミングを逸した感があるのでまた別の機会に・・・・
じゃあなんでいまさらガガーブなんだよ、と言いますと、今遊んでいるからです(笑)

まず、僕の好みからくる大前提として・・・・
「英雄伝説IV 朱紅い雫」は、98版(または、その移植であるプレステ版)が「ホンモノ」であり、「ガガーブ三部作の二作目としての朱紅い雫」はこっちです。
Windows版になったときに設定がかなり変更・追加され、一見するとこっちのほうが三部作のひとつとしてふさわしいように見えてしまうのですが、個人的には逆だったりします。

では、なぜ98版のほうが「三部作の二作目」としてふさわしいと感じているのか、そのあたりを書いてみたいと思います。

ただし誤解の無いようにしたいのは、僕はWindows版も大好きだ、ということです。単品どうしで比較して、Windows版が98版よりつまらないと感じる人はいないでしょう!

続きを読む "ガガーブトリロジーについて考える"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »