2011年1月30日 (日)

UA-4FXを購入したものの

ネットブックにオーディオインタフェースが欲しくていろいろ検討した結果、Cakewalk UA-4FXを購入しました。
選んだ主な理由は、(1)SP/DIFオプティカルの入力が出来る (2)MIDIインタフェースがある・・・・のに点、あと、価格が安いこと(w

しかし録音に使ってみたところプチノイズが発生し、しかも再生では「バリバリバリ・・・・」と盛大なノイズが入り、使い物になりませんでした。バリバリノイズの方は、録音したデータを別PCに持っていって再生すると再現しないことから、データそのものに問題はないと考えられます。

UA-4FXにバンドルされている「Cakewalk Audio Creator LE」を使うのをやめたところ、ひとまずバリバリノイズはなくなりました。バンドルソフト、使えねえな(--;
Audacityはいまいち使い方がわからないので(録音しようとすると毎回かならず新規トラックが作られてしまうのがウザイ)、SoundEngine freeで録りました。

ただ再生に使うソフトがVLCだとバリバリノイズ発生。これも相性なのでしょうか。

でもまだ残っているプチノイズを何とかしなくてはと思い、ウィルス対策ソフトの停止や常駐プログラムの停止を試していますが今のところ改善せず。
うちのネットブックのUSBホストコントローラはIntelの何とかかんとか、と表示されますので、ホストコントローラとの相性というわけでもないみたいです。

あとは別のUSBポートに接続してみて改善するかどうかでしょうか。

USB接続のオーディオインタフェースって今はたくさん発売されていますが、未だにこういう問題が起こるのでは・・・・やっぱりPCIないしはPCIeカードでしっかり接続するもの以外、購入するにも不安がありますね。

※ネットブックで録音なんてすんなやハゲ、って罵られそうですが、単なるステレオ録音がやりたかっただけなんです・・・でもそれもダメとは。これでMIDIインタフェース部もダメだったらほんとお金をドブに捨てた気分。

(いちおう、単なる「エフェクトつきD/Aコンバータ」としてはちゃんと動いてます。このとき、PCは単なる電源ですね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

facebook始めました

http://www.facebook.com/profile.php?id=100001596842839

myspaceよりはマシだけど、やっぱり使い方がよくわからない・・・・・
なんだかんだ言ってもmixiはよく出来てるんだなあ。

でもE-MUやKurzweilのページは面白いから、始めてよかった。
しかし、某師とフレンド登録する前からやたらと台湾の人が「あなたの友達かも?」みたいに表示されるのはなんだったんだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月31日 (日)

MySpace

MySpaceに登録してみました。

いろいろあって楽しそうではあるんですけども、ゴチャゴチャしすぎ&一週間は書き込み不可ってなめとんのか、と思いましたorz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

うぶんつ&RoseGarden

先日正式リリースされた、Ubuntu Linuxを導入してみました。
本家バージョン(http://www.ubuntu.com/)、日本ローカライズバージョン(http://www.ubuntulinux.jp/)両方をダウンロードしてCDを焼いておきます。

それぞれインストールしてみましたが、本家バージョンはデフォルトだと日本語機能は表示のみ。入力のためには追加パッケージのインストールが必要です。(前のバージョンは本家版で最初から使えたような気がしますが、記憶違いかな?)

とりあえず日本語ローカライズ版を選べば間違いないかと思います。

ただ、いずれの場合も日本語環境としてインストールすると、パッケージ取得の際のリポジトリ(Windowsに当てはめるなら、WindowsUpdateの取得もとと言うのが近いか)が応答しないことがあり結果的にソフトウェアのインストールやアップデートが行えませんでした。設定で「メインサーバー」を選択して解決。
すると、ついでに?選択できるソフトウェアパッケージの数がものすごく増えます(^^;

そんなわけで、まずは音楽が聴けるようにしてみました。
もともとUbuntuとWindowsでデュアルブートして使うため、両方のOSが同じように扱えるメジャーなサウンドカードを、ということで、中古のSoundBlaster Live!5.1を確保していましたのでこれを使います。

Ubuntuでは、特に何も考えなくてもちゃんと音が出ますね。
ただmp3などの再生をするにはコーデックのインストールが必要です。これも、googleで検索しながらいくつかのパッケージを導入し問題なく再生出来るようになりました。
しかしどういうわけか、途中までしか再生できないファイルがあったり、FireFox上でプラグインでの再生をしようとすると音が出なかったりします。
この辺りはまだ行わないといけない設定があるのでしょう。

最後に、簡単なDTMが出来る環境を作ってみたくなり、Linuxの有名なDAWソフトである「RoseGarden」を導入してみました。
関連パッケージとして多くのものがありますので、apt-getで一緒にインストールしています。

Screenshot

RoseGardenは設定メニューにしっかりと「起動時にLive!カードにサウンドフォントを読み込む」という項目があり、サウンドフォントを選択しておくことも可能です。
僕はE-muの8MBGMバンクを用意してみたのですが、残念ながら音がでません。

同じサウンドフォントをTimidityでも使用するよう設定してありますが、RoseGardenでMIDI出力先をTimidityにした場合はちゃんと鳴るのです。
Live!の機能をどうやって使うのか、しばらく調べていかなくてはならないようですね。

もっとも、Timidityで鳴らしたから音質が悪い、ということは特にありませんでした。若干レイテンシーは感じるものの、リアルタイム入力するのでなければ気にはならないでしょう。(リアルタイム入力の場合にはやっぱりハードウェアの音源が欲しいです。)
サブマシンにごつい接続をするのも気が引けますのでそこでLive!(サウンドフォントを読み込むのはPCのメモリですが、音源はカード上のチップがまかなってくれる=ハードウェア音源といっしょ)を・・・と思ったんですが、なかなかうまくいかないものですね。

RoseGardenのMIDI機能をざっと確認したところ、必要十分な機能はもっているようです。
ピアノロールで自由に書き込めるコントロールチェンジの種類が1,7,10,11,93,94など限定されている点が残念ですが、GM音源を扱うには不足のないものだと思います。GS/XGを扱うには(NRPNなどを使えないようなので)残念ですね。
イベントリストからなら扱えるかもしれませんが、確認してません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月15日 (日)

ディスプレイを買い換えました

この間の日記 に書いた通り、結局ヤマダ電機で液晶ディスプレイを買いました。
(モデルはこれ。)

ワイドとはいえ最大解像度が1680*1050と、以前の1600*1200よりピクセル数ではやや狭くなっています。
が、正味の面積ではこちらの方がやや広いのか、以前より画面を奥に配置しても、文字などは見やすくなりました。

しかし一つ問題があって、買ってセッティングしたその日から、「不意のタイミングで1~2秒間映像が出なくなる」という症状が出ています。
I-Oデータには一応問い合わせをしているのですが、連休中でしたのでしばらく回答はなさそう。

数年の間いちども使っていなかったデジタル出力で接続しているので、もしかするとビデオカード側に問題がある、という可能性もあります。
そんなわけでアナログのみの接続にして様子見中です。
もしカード側のデジタル出力になんらかの問題があるとすると・・・

うーん、ビデオカード買い換え?でもAGPだし、筐体内が狭いからファンレスしか付けられないし・・・・。

うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

SELinuxでハマる

さて、今の僕は一応「エンジニア」なわけで、(ほんとに「一応」ね)会社からは技術目標設定やら資格取得予定やらいろいろなものを書くように言われています。

で、とりあえず技術的なところの目標で、「Sambaによるファイルサーバ/プリントサーバの構築」と「LinuxBoxによる簡易F/Wおよびルータの構築」「これらをマニュアル化たものをレポートとして提出」というのをやろうとしてまして、会社には「是非やってくれ」と言われたんですが・・・笑わないで下さいよ(^^;
この歳になってエンジニア、ってことでこんな初歩的と思われる事でもかなり苦戦してるのです。

それが標題の「SELinux」。
今、LpicLevel2試験に向けた勉強もちまちまと進めてるのですが、そこにはどうも出てこないっぽい。このSELinuxが、Sambaで楽しく遊んでいたところに立ちふさがっているのです。

CD-ROMドライブを共有化したいだけなのに・・・・Orz
ふつーに/home以下のディレクトリに共有を作ったときもSELinuxで一度躓いてるのですが、そのときはwebでいろいろ調べてクリア。
が、どうもCD-ROMドライブだと何か勝手が異なるのでしょうか。ls -laZしたときに表示がアヤシイので、その辺りについて調べていけば光が射してきそう。

が、webでの情報収集にも情報が少ない?のかなかなか辛いものがあって、本でも買ってこようかなあ。金ないのに・・・(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)