2006年2月10日 (金)

電気用品安全法!(2)

さて、今日はFiveGが中古買い取りの継続を表明するなど、良い方向の動きがありました。

ポイントになるのは、特定以外の電気用品の場合に行われる自主検査ですね。
販売店が製造業者として申請を行い、これをもって検査を行ってPSEマーク(丸いほう)を発行する権利が得られます。

これまで、この自主検査についてハードルの高さやコストの高さがあちこちで騒がれていたのですが、2chで出たきわめて信憑性の高い資料(経済産業省がとあるメーカーの方へ送った回答文書)によれば、自主検査項目は「外観」「通電」「絶縁耐圧試験」。

このうち一目瞭然で「絶縁耐圧試験」がくせ者だったわけですが、菊水が発売する10数万円の機械で行うことができたようです。
また、PSEマークについては製造業者自身が作って貼る、ということになっていました。
PSEマークの取得に数十万円かかるというのは特定電気用品の場合だったのでしょうか。

また、製造業者としての登録申請はたとえ個人でも行うことができ、無料であると明記されていました。

とにかく、FiveGではPSEマークの無い商品について。「買い取り上限価格が5000円以下のものは買い取りできません」としています。もちろん電源装置そのものは特定電気用品ですので自主検査すら行えませんから、買い取りはできないとしています。

しかし、買い取りを行い販売を行うと言うことは特定以外の電気用品(大抵のものはこっち)について自主検査を行っていくめどがたったと言うことでしょう。
実際のハードルの高さはうかがいしれませんが、このことによって他の店舗へも良い影響があるといいですね。
すでに買い取りの中止を発表した複数の店舗が、「FiveGがやるならウチも」と自主検査を検討してくれるとよいのですが・・・・。

ついでに

経済産業省には問い合わせが殺到しており、ようやく事態の重さを飲み込んだのか運用についての話し合いが行われるという話もあるようです。
テレビ朝日がリサイクルショップに電話アンケートを行った、とも・・・

まだまだ情報は錯綜していますし、予断を許さない状況ではありますが、今後も事態を注視していきたいと思います。

おまけ

僕も各政党へメールや文書を送っていたのですが、とりあえずメールの返信が来たのは共産党だけでした(^^;
この法律に反対票を入れたのも共産党だけなんだそうでw

政権をとっちゃうのは困りものなんですが、こういう勢力が国会内でもうちょっと議席を持ってると、いろいろな議論も深まると思うんですが・・・って昔からそう思ってるんですけどいっこうに変化しないですね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

電気用品安全法!

banner2

2006年4月1日から、中古電気製品の売買が厳しく取り締まられます!

電源を内蔵しPSEマークが無い製品、つまりのACアダプター式でない2001年以前製品は全て、新品も中古も問わず販売も買い取りもできなくなるのです。
違反の場合事業者に対しては最大で1億円もの罰金が科されます。個人に対してでさえ100万円です。

このままでは、多くのリサイクルショップや中古販売店は大打撃を受け、最悪の場合は廃業を余儀なくされます。もうすでに、PSEマークのない中古製品の買い取り終了や中古製品の取り扱い自体をやめることを決定した業者も現れています。
消費者は良質で安価な電気製品を購入する機会を不当に奪われ、自分の財産の価値さえも侵されてしまいます。この法律はエコロジーの思想に逆行し、リサイクルの流れは断ち切られてしまうのです。

より詳しい情報は下記を。

こちら

こちら

消費者にとってこれほど重大な法律にもかかわらず、5年の猶予期間が終わろうとするまさに今まで、ほとんど何の告知もなされないまま水面下での準備だけが進んできました。
消費者の安全をうたいながら消費者に告知せず、さらに売買のみを取り締まり使用や所有に踏み込まないことから、真の目的が消費者保護ではないことは明らかです。

このままでは、史上例をみない悪法によって、多くの文化が打撃を受けます。
中古のゲーム機、楽器、音響機器、オーディオ機器、アンティーク家電など、魅力的で個性的な製品が売買できなくなります!

もう時間はありません。これをごらんになった方は、一人でも多くの方にこの危険な状況を知らせてください。
今はもう、消費者としてできることをするしかありません。この悪法を改正または再検討させるため、世論を形作る努力を惜しまないわけにはいきません!

ひとりでも多くの方に、ご協力をお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)