2017年2月23日 (木)

ハセガワ 1/72 タイガーI型 

最近、積みプラ消化の一環でハセガワミニボックスシリーズのタイガー1型(以下ハセトラ)を作っています。

プラモデル趣味に復帰して5年ほどになりますが、その間にハセトラは4つ制作、今回で5つめになります。
今回は後期型を制作しています。

起動輪のスポーク間に穴を開けて、取り付け位置を1mmほど上にずらしました。
砲塔は底面を削って1.5mm程度低くしました。
表面は接着剤を塗ってからマイナスドライバーを押し当てて、ツィメリットコーティングをつけていきます。

T11

キットのままだと車外装備品レイアウトが初期型のままになってしまうので、基本的には削り落とし。
流用パーツや、簡単なものは自作して直していきます。

T12

ネジは本物のネジを使いました(もうちょっとだけ小さいのがあるといいんですが。。。)

T13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

エアフィックスのAFV (イギリスもの)

模型はここ4-5年ほど休みなく作っているのですが、ほとんどfacebookへの投稿でしたのでブログのネタにも使おうかなと思います。

主に作っているのはミニスケールのAFVです。今回はエアフィックスの1/76を幾つか投稿しますね。
塗装はほとんどがハンブロールエナメル塗料とファレホアクリル塗料の組み合わせです。

■マチルダ戦車

説明書どおりのマーキングです。英軍戦車の有名な迷彩のひとつらしいです。
改造やディテールアップはまったくしていません。1970年代の金型だそうです。

76_matilda4

76_matilda8

■チャーチルmkVII

砲塔の形状を少し変更したり一部をディテールアップしました。
これは1960年代前半の金型で、世界でもごく初期のミニ戦車プラモデルになると思います。
チャーチル、シャーマン、パンターの三種類がラインナップされていたそうです。

Ch8

Ch11

■スキャンメル タンクトランスポーター

エアフィックスのプラモデルの中でも特にお気に入りの一つです。
省略も多いそうなのですが、部品を整形して慎重に組み上げるだけで、なんともメカニカルないい雰囲気になりました。
上に載せているのはフジミの1/76 バレンタイン戦車になります。

Scammel3

Scammel5


Scammel10

こういうミニスケールのAFVプラモデルは、国内ですとフジミとハセガワ、それとアオシマが発売しています。
アオシマは今のところ自衛隊車両のみで、ハセガワは10年以上新製品がなく、フジミは1/76と1/72の2つのラインがありますが、72の新製品は止まり、76はコンスタントに再販されるものの新製品はやはり10年ほど発売されていないようです。
あまり売れないのかもしれませんが、1/35で40台、50台作って飾る場所はとても用意できませんので、小さい模型もどんどん発売してほしいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月18日 (金)

水性塗料「ファレホ」 (2)

久しぶりに投稿します。

以前書いたファレホについての記事が未だにたくさん読んでいただけているようでしたが、愛用しているうちにいろいろ考えなおしたりしたこともあり、改めて記事を起こすことにしました。

■基礎知識
ファレホは水性アクリル塗料ですが、日本の「水性ホビーカラー」「タミヤアクリル」等とは性質が大きく異なり、「模型用のアクリル絵の具」とでも言うべきものです。次のような特色があります。

・「乾燥」ではなく、「硬化」が必要。
水分が蒸発して表面の艶が消えたらOKと思いがちですが、この状態では塗膜が非常に弱く、こすったりするとボロボロと簡単に剥がれてしまいます。実際には、この後空気中の酸素と化学反応を起こし、塗膜が固まっていきます。完全に硬化したファレホは意外に頑丈です。
乾燥しただけの段階ではできるだけ触らず、できれば2-3日放置するとよいでしょう。
オーブントースターの余熱などで温めて硬化を促進することも出来ます。
実は、この性質はMrカラー、ガイアカラー、フィニッシャーズ、タミヤエナメルを除けば殆どの塗料に共通です。
特にハンブロールエナメル塗料は塗膜が極めて強靭で、硬化後はエナメルシンナーはおろかツールクリーナーや接着剤でも完全には溶けないほどです。

・アクリル絵の具のメディウムが使用可能
リキテックス等のアクリル絵の具向けに売られている添加剤が使用できます。
特に有用なのは次の二種類です。

(1)「ペインティングメディウム」:ファレホシンナーの強力版と考えて差し支えありません。伸びをよくし、食いつきと塗膜を強くします。乾燥時間はかなり遅れ、また若干透明度が出ます。ファレホを非常によく溶かすので、入れる量は少なめに。

(2)「スロードライブレンディングメディウム」:ペインティングメディウムよりもさらに乾燥を遅く、伸びを良くします。これを入れると、油絵の具やエナメル塗料のブレンディング感覚での塗装が出来ます。
ただし数日乾かないこともあるので要注意です。

また、他にもさまざまなテクスチャを加えるものや、ひび割れを起こすものなど、アクリル絵の具には様々な種類の添加剤がありますのでためしてみると良いでしょう。
ファレホとアクリル絵の具との混色も可能です。(余談ですがシタデルカラーとファレホの混色も可能です。)

・筆で塗る
ファレホは原液がかなりドロっとしていますが、そのままでも筆塗りが可能です。固くて塗りにくいな、というときは、ごく少量の水やファレホシンナーを加えて薄めます。
特にシンナーは塗膜を強化する働きもありますので、できれば常に少し入れて塗るとよいでしょう。
薄める(溶かす)という意味では、水が一番効いてくれます。水が多くなると塗ったときに弾かれやすくなりますので注意が必要です。

・ドライブラシ
ファレホはドライブラシにも問題なく使用できます。モデルカラーかゲームカラーを薄めずに筆に付け、しつこく拭い取ってから使いましょう。
乾いたファレホが筆にこびりついた状態になりますが、これは水で洗っても簡単には落ちません。
画材店で買える「アプト」等のクリーナーがあると便利です。
(いわゆる、模型店で買える「ブラシエイド」はアプトのOEM商品です。アプトの場合大容量のものも買えてお得です。)

・エアブラシで吹き付ける
ファレホはエアブラシでの吹付けが可能です。専用の「モデルエアー」「ゲームエアー」もありますが、モデルカラーやゲームカラーを薄めて吹き付けても特に問題はありません。
一部の色は顔料として有害なカドミウムが含まれるため、あまりエアブラシ塗装を推奨してはいないようです。
喚起を良くしたり防毒マスクを使用しましょう。

希釈率を数字で現すことは難しいです。
エアブラシでの塗装時に次のようなことに注意して下さい。
(1)水だけで薄めるのではなく、専用シンナーを併用する。
水だけで薄めると弾かれやすくなるため。少量の水と少量のシンナーで薄めて試し吹きし、調整しましょう。

(2)薄めすぎない。
ファレホは少ない水やシンナーでもかなり溶けて希釈されます。しかし、見た目には透明感がないので、相当薄くなっているのにわかりにくいことがあります。
大量の水やシンナーをいきなり入れるのではなく、少しずつ加えてよく溶かし、様子を確認して下さい。

(3)エアーで乾かしながら吹く。
ファレホは比較的乾燥が遅く、水分が抜けるのに時間がかかります。吹付けの際はエアーを吹き付けて艶がなくなるのを確認しながら進めると効率がよいです。

(4)ニードルの先をこまめに拭う。
ファレホはニードルの先にまとわりつきやすく、さらにエアーに依って硬化が始まっていきます。
詰まった感じがしたらまずキャップを外してニードルを確認し、こびりついた塗料を拭ってください。

塗膜そのものはとても薄く、綺麗に仕上がってくれますので、ぜひエアブラシ塗装に挑戦してみましょう。

・シンナーについて
以前売られていた白い専用シンナーは見かけなくなりましたが、現在の透明なシンナーも性質はあまり変わらないそうです。ただ自分は、白いシンナーをまだ使いきっていませんのでこれを使い続けています。
シンナーでの希釈は塗膜を強くもしてくれますが、ファレホは薄まりやすいので入れ過ぎないように注意しましょう。
また、シンナーが乾くとビニールの皮膜状になります(木工用ボンドみたいなものなのです)。落ちにくいので、乾く前に塗料皿や筆を綺麗にしましょう。

・エアブラシクリーナーについて
ボークスさんが取り扱いを始めた当初から、希釈用として推奨されていたものです。
実際によく効きますが、色の種類によるのか、気温や湿度によるのか、とにかく条件がよくわからないのですが、希釈に使用した際に塗料が分離・凝固して使い物にならなくなることがあります。
入れてみて様子がおかしい場合は塗料皿を洗って、新しく塗料をとってやり直して下さい。
基本的には、入れすぎなければ問題ありません。
シンナーは塗膜を強くしてくれますが、エアブラシクリーナーは潤滑剤としての働きが強く、エアブラシの詰まりを防止してくれます。筆塗りの際にも伸びを良くしてくれます。

また、完全に余談ですがこのエアブラシクリーナーは界面活性剤として強力で、平たく言うと便利な洗剤にもなります。一例として、錆びついて動かなくなったニッパーに流し込んでサビをすっかり落としてしまい、復活させることが出来ました。

シタデルやアクリジョンをエアブラシで使った場合の洗浄にも有効です。

・トップコートについて
ファレホにもいわゆるトップコートがあります。「○○バーニッシュ」と名前がついているものがそれです。
筆で塗りつけるほかに、水やシンナー、エアブラシクリーナーで希釈してエアブラシて吹き付けて使うことが出来ます。


・ウォッシングについて
(1)ファレホの上から、油絵の具やエナメル塗料でウォッシングする。
バーニッシュで表面をコーティングしてからウォッシングするようにして下さい。
また、ウォッシングに使用する絵の具や塗料の希釈にはターペンタインを使用すると無難です。
ペトロールは、コーティングに使用したバーニッシュを剥がしてしまうことがあります。(溶けるのではなく、膜が剥がれていきます。)
また、オドレスペトロールやオドレスターペンタインは油絵の具にはききますが模型用エナメル塗料には効きが悪いので使用しないようにしてください。

(2)ファレホでウォッシングする
後述するウォッシュ系ラインナップを使ったり、通常のモデルカラー等を思い切り薄めて使うことも可能です。
水だけで薄めると弾かれてしまうため、シンナーを加えます。
また、裏ワザというほどでもありませんが、マットバーニッシュ等のバーニッシュにわずかなモデルカラーを加えて色をつけ、これを塗るという方法もあります。

ファレホは乾いたあとで拭き取ることが難しいため、エナメル塗料によるウォッシングとは違う技法と考えて下さい。


■ラインナップと特色、注意点
・ファレホモデルカラー:基本。色数が多いですが、やや塗膜が弱くなります。

・ファレホパンツァーエース:AFVやその手のフィギュア向けラインナップです。性質はたぶんモデルカラーと同じ。

・ゲームカラー:メタルフィギュア等の着色を視野に入れたもので、シタデルカラーに対抗したものだと思います。モデルカラーよりもやや塗膜が強く、隠蔽力も高いものが多いです。

・モデルエアー:そのままエアブラシで使えるように調整されたものです。筆塗りでも不自由はありません。

・ゲームエアー:そのままエアブラシで使えるように調整されたゲームカラーです。使ったことがないので塗膜強度はわかりません。

・ウォッシュ:ウォッシング向けの塗料です。エナメル塗料や油絵の具を使う場合と異なり、拭き取りが難しいことに注意が必要。また流動性もそこまで高くありませんので、毛細管現象での流し込みはあまり期待できません。
スミ入れというよりは本当にウォッシングに使うものと言えます。また、乾燥時に白く濁ってしまうことが多々あります。これは撹拌不足なのか、模型表面の汚れか何かと反応してしまっているのかわかりませんが、これがやっかいであまり使わなくなってしまいました。
最近ラインナップが拡充され日本にも入ってきていますので、できれば使ってみたいのですが。


長くなりましたがいかがでしょうか。
ファレホは隠蔽力や伸びの良さといった基本性能が高いうえに応用範囲が広く、たいへん便利な塗料です。
可動部分に使うとやはり剥がれやすいのですが、それ以外にはまだ様々な可能性があると思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

【模型】エアフィックス 1/76AFV (2)

エアフィックス社の1/76戦車プラモデル、拙作をまた晒します。数はたくさんあるのですが、ココログは記事を書く画面が使いづらくて・・・内心けっこう、おっくうなのです。

今回は、M3リー中戦車とT34(85)を晒しますね。

○M3 リー
76airfix_lee7


76airfix_lee14

M3リー中戦車です。組み立てるのがとにかく楽しくて、あっという間に形になりました。なんというのでしょうか、金型が古いので部品の整形は相当必要なのですが、そんな作業の一つ一つから楽しくてしかたがないのです。
理由はわかりませんが、きっと設計が、一種の模型好きのツボをついたものになっているのでしょう。
改造はしていません。でも、すごく良い雰囲気の形状だと思います。

○T34(85)

76_airfix_t3485_8


76_airfix_t3485_16

エアフィックスのT34は砲塔が2種類入っていてコンバーチブルになっています。今回は(85)の方にしまして、車体側は色々とディテールアップをしてみました。(タンクの取り付け部分などですね。)
塗装はタミヤ エナメル塗料を女性のお化粧用のスポンジ筆で「ぽんぽん」と塗る冬季迷彩に挑戦してみました。
かなりお気に入りです。


エアフィックスの戦車プラモデルは相当古い商品も現行で売られていて、その金型の劣化による部品の変形やバリ等の多さで評判が下がっている気がします。
整形をきちんと行えば、なかなか楽しめるのになあ・・・と思います。
ただ、ディテールは相当あっさりしているので頑張って追加するか、塗装で凝ってみるか。工夫のしがいはありますね。模型の楽しみってそういうところにもあると思うのです。
ただ組み立てるだけでいい、のも良さの一つですが、苦労を楽しむのもまた一興なのかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

戦車のプラモデル(2号戦車 D型)

先日からちまちま作っていましたアランホビーの1/35 2号戦車 D型がいちおう完成しました。

アンテナや、ホーンの支柱を真鍮線にしただけでほとんどストレート組みなのですが、説明書を見ても取り付け場所がわかりにくいパーツなどは適当に付けたり、無かったことにしたりしています。
特に菱形の看板のようなパーツとかは、後で実車写真を見つけたので確認してみたら・・・ついてないw

タミヤ以外のAFVプラモデルを作るのも初めてなのに、いきなりアランホビーはハードルが高かったかもしれません。
・・・・・でもこのキットは、キャタピラがすんなり装着出来ただけ、まだマシなほうくさい。

2d3

塗装はジャーマングレーをMR.カラーそのままで吹き付けて暗部の色とし、上からミディアムブルー+ジャーマングレー+ライトグレーで調色したものを吹き付けました。
ただ全体をエナメル塗料でウォッシングしてふき取りしたところかなり暗くなってしまい、もっと明暗の差をつけておくべきだったと後悔しています。
(その代わり、あとからファレホやパステルを使って明暗をつけていきました)

2d4

キットにはフィギュアが付いていなかったので、タミヤのドイツ歩兵進撃セットのものを適当に組み合わせてみました。フィギュアの塗装は全部ファレホを使っています。ちょうど良い色がたくさんあるもので、便利です。
あとは、飾り台程度でよいのでディオラマベースを作りたいですね。

実はデカールを切り取る前に水をこぼしてしまって、生きていたものを救出して使いましたのでマークの数等、少なくなっています。しかも段差がすごくてなかなか密着しなかったりして。マークフィットは使ったのですが使い方がまずかったようです。
余白の切り離しもうまく出来ず、最終的にデカールの上からファレホで塗ってごまかしています。

2d5

ドロ汚れについては、おがくずを練りこんだタミヤパテをフェンダー下やシャーシにしこたま塗りたくってから組み立てています。塗装のときはマホガニーを吹きつけておき、あとからエナメル塗料のフラットアース等をドライブラシしました。あとはパステルを調色したものを塗ったり乗せたりこすりつけたり。
塗装のハゲはエナメル塗料のハルレッドで書き込みをした上からファレホのメタリックグレー、最後にパステルでサビ色を乗せて、綿棒で伸ばしたりぼかしたりしています。

最後はファレホ(ゲームカラー)のマットバーニッシュを吹き付けて定着させました。

戦車を作るのは、ガンプラ等のキャラクターものとはまた全然違う楽しさがあります。
最近はいろいろな工具やマテリアルが売られていて、中学を出て以来の出戻りモデラーとしては浦島太郎になった気分です。

2号戦車は中学のころに初めて作った車種でもあり(もちろん、当時500円くらいだったタミヤのキットです)、とても好きな車種なので今後もいろいろ集めて作りたいですね。

(今のところ、同じくアランホビーの2号戦車J型を確保しています。
でも次に作るのはバイソンIかな? これもアランホビーですw)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

水性塗料「ファレホ」

最近、ボークスさんが取り扱われている「ファレホ」(vallejo)という水性塗料がお気に入りです。

イデオンの時には、目など部分的な筆塗りをする程度であまり使わなかったのですが、とても隠蔽力があり、発色もよく、つや消しの質感もしっとりしてきれいなので、もっと使ってみたいと思っていました。

で、イデオンの作業再開前にいくつかパチ組みしたガンプラのうち、ガンダムAGEに登場する量産型「ジェノアス」を、ファレホを使って塗装しています。

写真等はおいおい追加しようと思いますが、いくつか気づいた点など。

・ベタ塗りしたい際、筆塗りの希釈は塗料:専用シンナー:エアブラシクリーナーを、3:1:1程度で行うと伸びがよい。(塗料の状態によってはもう少し薄める)

・ファレホは乾燥しても、数日おかないと塗膜が出来上がらない。乾燥した後、さらに樹脂が空気と化学反応を起こし硬化するのを待たないと、こすればすぐに剥がれる。

・エアブラシで塗る際は、塗料:専用シンナー:エアブラシクリーナー:精製水を、1:1:1:3程度で希釈する。水が多いとプラに弾かれるし、(代理店のボークスが推奨するように)エアブラシクリーナーを中心にすると、少なくとも僕のところでは数十秒で塗料が分離・沈殿し使い物にならなかったため。

エアブラシでの吹付けが綺麗にできるようにするための希釈方法や割合にはかなり悩まされましたが、エアブラシクリーナーを減らして水(精製水)を入れることで解決しました。

※ファレホの本家サイトでは専用シンナーと蒸留水を推奨しており、エアブラシクリーナーは推奨されていません。

ファレホは基本的につや消しなのですが、エアブラシで吹付けて乾燥させた塗面はうっとりするほどきれいでした。しばらく触らないようにして、数日たったらホコリを吹き飛ばしてから、表面をトップコートまたはやはりファレホのバーニッシュ(コーティング用透明塗料で、アクリル絵の具等にも存在します)でコートしようと思います。

ただ塗っただけでは、触ると艶がでてくるんですよ。塗膜というか塗面があまり頑丈でないのでしょう。

ジェノアスの他、タミヤの1/35ミリタリーものキットでフィギュアの塗装にも挑戦しています。ファレホは色数が非常に多いですし、アクリル絵の具のような感覚で使っていけるので、パレットに色をとってどんどん混ぜながら塗るのが楽しいですね。

非常に魅力的な塗料で、Mr.カラーとうまく使い分けていければと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

1/810 イデオン とりあえず完成

しばらく前から製作を再開していましたが、とりあえず完成したと思います。

(とか言ってると、また塗り残しが見つかったりして。。。。)

Ideon_gun7_2

このイデオンは、中学校を出たあたりからぱったりと模型をやめてしまった自分が模型趣味を再開したキットでもあり、塗装して完成させた10数年ぶりのプラモデルであり、初めてエアブラシを使用したものでもあり、などなど、個人的にとても思い入れのあるものになりました。

またいろいろと作りたくなっていますので、まったり製作していこうと思います。イデオンのシリーズもかなり買い込んだのですが、次は戦車が作りたいかなぁ。。。。

もしよければ、他の写真は下記リンクからどうぞ。(microsoft SkyDriveに保存してあります)

https://skydrive.live.com/redir.aspx?cid=6cb3fae719b2081e&resid=6CB3FAE719B2081E!254&parid=root

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

1/810イデオン (途中です)

ちょくちょく載せているアオシマの300円のイデオンも、完成がみえつつあります。
この調子でいきます。

Dv_ide3

↑1/600波導ガンが意外とちょうどいい大きさなので、持ち手を新造して構えられるようにしました。(ただし、電源コード?の接続は省略・・・)

20120325ide_1

↑基本色の塗装を進めています。この写真はちょっとピンボケしてますね。 orz


20120325ide_2

↑波導ガンはだいたい完成。
配色を間違えたり、部品の向きを間違えたりしていますが、砲口を作って軽くディテールアップしました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

1/810イデオンのその後

いつぞやのイデオンです。

二年近く(以上か?)放置していましたが、なんとなくプラモ熱が上がりガンプラ×4(AGE1、ジェノアス、MGターンエー、HGUCゴッグ)でリハビリしたつもりになって作業再開。

Ide_syoumen


1枚目:正面から。プロポーションはだいぶ良くなってると思います。

Ide_kata

2枚目:肩はここに可動軸を新設し、「全方位ミサイル」をしやすくしています。

Ide_kao

3枚目:顔は裏打ちして削り込み。小顔にしつつ、眼の部分は劇場版のイメージで角張った平面の感じにしています。(プラモはみんな曲面・・・)

肩はいちおうキットが芯になってますが、プラ板で大型化しもはや別物。

形状をうろ覚えのまま作ったので設定とは違っちゃったのですが、シルエットやバランスは悪くないのでこのまま行こうと思います。このくらい大きい方がいいですよね。

手はエポパテからの削り出し。

胴体は肩・胸・腹・腰で分割、可動させるとともに胸のパーツ左右を切り詰めて肩幅を小さくしています。

足はパーツの長さ自体は弄っていませんが、関節の変更と足首の大型化で長くなっています。

その他、遅まきながら駿河屋さんから買った1/600シリーズのアディゴなんかにも手をつけつつ。
実のところ、このイデオンは表面処理をしっかり行えば後は塗装くらいなものであまり工作する箇所が残っていません。 (いや、きっとあるんだろうけど・・・・・。)

今度こそ、完成させよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

何の誰ってこともなく

060417






何の誰ってこともなくて単に練習。
mixiの日記に貼るにははばかられた(裸婦はなんとなくダメな気が)んでこっちに。
ところで、イラスト歴ウン年にして初めて気づいたことが一つあります。

・・・・・・足の指が描けない(笑)

(ところでこの程度でもエロ絵扱いなのかなあ。そんなつもりはみじんも無しに描いたんですが・・・・・)

| | コメント (4) | トラックバック (0)